クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

高額商品にする理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

高額商品にする理由

 

今日は、

「高額商品にする理由」

というテーマでお話します。

高額商品にするのは、

「集客を楽にする」

「クライアントに成果が出る」

といったメリットがあります。

しかし、
お金のブロックがある場合、

30万円以上の商品を売ることに
抵抗がある場合が多いです。

そうなると、
ビジネスがなかなかうまく行きません。

今日は、
高額商品にする理由を
具体的に説明して見ようと思います。

 

なぜ、高額商品にするのか

 

まずは、

「なぜ、高額商品にする」のでしょうか?

高額商品にすると

・参加者の質が上がる
・クライアントがやる気になる
・経費や自己投資に資金を回せる
・広告費に使える
・儲かる

といったメリットがあります。

お金のブロックがある場合、
クライアントがやる気になるとか、
参加者の質が上がるというところは、
気が付かないとおもいます。

特に
参加者の質が上がるというのは、
コーチングビジネスでは重要です。

参加者の質が高ければ、
自分で気づきを得るために
本人が努力します。

参加者の質が高ければ、
ヒントを与えるだけで
自己解決することがほとんどです。

もちろん、
自分の引き出しの中にない答えは
教えてあげる必要があります。

しかし、
多くの場合、

自分の引き出しの中にない答えは
「問題ではない」ことが
ほとんどです。

「問題ではない」ということに
気づかせて、

さらに
「本当の問題に気づかせること」が
本当のコーチングです。

参加者の質が高ければ、
「本当の問題に気づくこと」が
とても早いわけです。

そうなると、
「結果が出る」ということに繋がります。

お金のブロックのせいで、
「安い金額しか売れない」
というのは、ただの勘違いです。

あなたの商品を必要としていない人に
あなたの商品を売ろうとしているから
売れないだけです。

あなたの商品を必要としている人を見つけ、
あなたの商品を差し出せば、
商品は売れます。

その仕組みを作れていないから
「商品が売れない」だけなのです。

「商品が売れない」のは

集客が原因だとか
金額が高いからとか
セールスが苦手だとか

そんなところに答えはありません。

ただ単に
「あなたの商品が必要な人が誰なのか」
がわかっていないだけなのです。

誰に売ればいいのかわからないのに、
適当にネットで宣伝したり、
交流会で、名刺を配ったりしても
商品は売れません。

例え安い商品でも
必要のない人は商品を買わないのです。

まずは、
それを理解してください。

 

高額商品にすると参加者の質が上がる

 

高額商品にすると、
参加者の質が上がります。

参加者の質が上がることで、
結果が出やすくなります。

無料や3000円、5000円といった
セッションばかり受けている人と

30万円、50万円といった
高額セッションを受けている人、

どっちが成功させやすいのかというと

圧倒的に
高額セッションを受けている人のほうが
成功させやすいです。

なぜなら、
自己投資することの意味を理解していたり、
それまでの学びがあったりするからです。

たくさん学びがあり、
まだ成功していないとしたら、

間違ったところを少し直すだけで
成功する人はたくさんいます。

しかし、
無料や、3000円、5000円といった
価格帯の学びしかしていない人は、

そもそもビジネスのベースから
変えていく必要があります。

ということは、
できるだけ高い金額で
クライアントを取るほうが、
結果が出やすいということになります。

お金を受け取れない人の多くは、
「できるだけ安くする」
という考えを持っていますが、

それでは、なかなかクライアントを
成功させることができません。

高い金額を自己投資することで、
自分を高めようとするから
成功するわけです。

もちろん、
高い金額を出すことができる
ということは、

それなりに、お金の受け取り方もわかっていて、
お金の使い方もわかっているということです。

高い商品を選ぶということは、
自己責任で選んでいることにもなるので、

例え、結果が出ない商品を買ってしまっても
「間違った商品を選んだのは自分自身」
という考えを持っています。

つまり、
高額商品のほうが
クレームにもなりにくい
ということです。

私の経験から言うと
3000円、5000円のセッションのほうが、
クレームになる可能性が高いです。

安いセッション単価で
ものすごい情報を手に入れようとしているから
です。

このことが
参加者の質にも関係してきます。

高いお金を出して
高い価値の情報を
手に入れようとしている人を集めるほうが、

参加者の質が上がるというのは
当然なのです。

 

クライアントがやる気になる

 

高額商品にすると
クライアントがやる気になります。

「高いお金を払ったのだから取り返す」
という感情になるからです。

講師側からも
「高い値段を払ってくれた人だから
覚悟を決める」
という考え方になります。

結果が出なければ、
クレームや返金になるわけですから、

高いお金を払ってもらったら、
高い価値を受け取ってもらうのは、
当たり前のことです。

そのためには、
少しでもクライアントがやる気になる方が、
高い価値を受け取ってもらいやすいわけです。

クライアントが覚悟を決めて
やる気を出せば結果が必ず出ます。

その覚悟の価格が
「高額商品の価格」となります。

もちろん、
先程も書いたように、
お金を受け取るからには、
講師側も覚悟を決めなければなりません。

お金を受け取って
「ハイ終わり」というわけには
いかないからです。

ビジネスをずっと続けていくからには、
「結果」を出し続けなければなりません。

「結果」が出なければ
いずれビジネスを続けていけなくなります。

こんな話をすると

「スキルが足らないから実績が出ない」

という人が必ずいます。

私も
もちろん、初心者の時がありました。

初心者のときはどうしたかというと
「一生懸命やった」だけです。

「一生懸命やったけど結果が出なかった」
時期はありました。

しかし、
「どうやったら結果が出るのか」
を常に考えていました。

ビジネスは誰でも、最初は初心者です。

いくらスキルを学んでも
ビジネスでは初心者です。

学びと実践は違います。

つまり、
いくらスキルを上げたからといって
ビジネスがうまくいくかというと
うまくいきません。

ビジネスを成功させるためには、
ビジネスをはじめてみるしか無いのです。

ビジネスをはじめてみない限り、
実績も作れません。

なので、
最初は小さな実績でいいので、
作るわけです。

その小さな実績を利用して、
雪だるまのように
実績を大きくしていくしか無いのです。

そのためには、
できるだけ、
やる気のあるクライアントを獲得すること、

そして、
参加者の質が良いこと、

それが実績を作るためには
必要です。

なので、私は、
はじめから30万円以上の
商品パッケージを作ってもらい
はじめてもらうようにしています。

もちろん、お金のブロックがある人は、
「お金を受け取ること」から
はじめないといけないので、

最初は
10万円ぐらいの商品から
はじめてもらうようにしています。

そうすることで、
お金を受け取って
実績を作ることができるからです。

 

経費や自己投資に使える

 

そして、
ここからはビジネスを続ける上でのことですが、

「経費や自己投資に使える」

ということです。

最初は、
お金の流れが少ないので、

ホームページやブログが無料のものだったり、

ランディングページがペライチだったりします。

そうなると
見込み客には

「この人、儲かってなさそう」

と思われるわけです。

学ぶ側にしたら
「儲かっている人」イコール
「ちゃんと教えてくれる人」
という考えもあるので、

見込み客が目にするところには
ある程度のお金をかける必要があります。

名刺一つとっても
手作り感満載だったり、

テンプレートに字を入れただけの名刺だと

一瞬で「この人はないわ」と
思われてしまうのです。

誰でも学ぶなら
「一流から学びたい」と思っています。

もちろん、
見込み客も自分の懐具合があるので、
一流ばかりからは学ぶことが難しいのも
理解しています。

なので、
自分のお金の出せる範囲で
一番良い選択をしようとするわけです。

そうなってくると、
最初に稼いだお金は、
生活費や趣味に使わずに、

ホームページやブログ、名刺などの
経費に使わないといけません。

1件取れたから大丈夫と思っていると
2件目、3件目が難しいという起業家を
多く見てきています。

安定してクライアントを獲得するには、
経費が必要です。

まずは、
経費については理解してください。

そしてもう一つ、
自己投資です。

クライアントが取れるようになると、
クライアントを成長させる必要があります。

自分自身の成長が止まると、
いずれ、クライアントは、
他のコーチ、コンサルに行ってしまいます。

せっかく信頼関係が出来上がり、
ずっと関係を続けていくには、
自分自身の成長が必要です。

そのためには、
自己投資でより価値の高いものを
仕入れて、
自らも成長する必要があります。

高額商品を作り、
稼ぐことができれば、
自己投資も必要になります。

あなた自身が絶えず成長することも
重要なのです。

 

広告費に使える

 

高額商品を作ると、利益が出ます。

利益が出ると、

先程の経費や自己投資と同じく、

広告費を使うことができます。

広告費を使えるようになると、

今までの集客以上に
「あなたの商品を必要な人」を
集めることができます。

例えば、
10万円の広告費を使って
30万円の商品が確実に売れるのであれば、

広告費を増やすだけで
どんどん利益が増えることになります。

この利益が増える仕組みが
「安定してクライアントを獲得できる仕組み」
ということになります。

月収100万円を安定して確保したいのであれば、
50万円の広告費を使って
150万円の商品を売ることができるので、
利益として100万円が残る計算です。

この仕組みを作ることができれば、
あなたは安定した収入を
確保できるというわけです。

そのためには、
まずは、一つの商品を売り、

その利益を経費に回し、

広告費に10万円使ってみて
1件契約が取れるのかどうか、

テストしてみることです。

もちろん、
いきなり10万円使うのではなく、

1万円程度からテストするということは
いうまでもありません。

徐々に広告費を増やしていくことも
とても重要です。

 

儲けること

 

そして、
高額商品にする理由の最後はもちろん、

「儲けること」

です。

先程も書いたように

儲かっている人ほど、
見込み客は頼みやすくなります。

できれば
一流から学びたいからです。

もし、
儲かっているとしたならば、
ビジネスがうまくいっているということなので、
選ばれる可能性が高くなります。

そのためには、
高額商品を作り、
安定してクライアントを獲得し、
儲ける必要があります。

儲けることは、決して悪いことではありません。

まずは、あなた自身が儲けることで

「満たされること」です。

あなた自身が満たされていないければ、
周りを満たすことができないからです。

「私なんて、後回しでいい」

という人ほど、
綺麗事を言っています。

そんな人が周りを幸せにはできないのです。

「お金なんていらない」

と言っている人は、

「稼げない」と言っているようなものです。

いつもいっているように

本当にお金がいらないのなら

1億円稼いで、9500万円寄付しなさい

と言います。

そうすると

何も言わなくなります。

つまり、
稼げないのに
綺麗事を言っているだけなのです。

そんな人は実際に稼ぐことも
世の中の役に立つことも
できません。

ボランティアをしたいという人も
稼いだお金を寄付するほうが

一人で1日作業をしたところで
助けられることはしれています。

それなら、
月収1000万稼いで、
500万円ぐらい寄付するほうが
社会貢献になります。

なので、まずは

「自分を満たすこと」

が、とても重要なのです。

ビジネスをする限り、

まずは

「自分を満たすこと」からはじめてください。

「自分を満たすこと」ができれば、
周りを満たすことができるようになります。

そうすると、はじめて
周りの周りまでも
満たすことができるようになるのです。

この作業をコツコツやるしかありません。

そのためにビジネスを大きくしていくわけです。

いかがでしょうか?

高額商品を売ることが
とても悪いことだと考えている人もいます。

しかし、
本当は、高額商品を売ることは
悪いことではありません。

高い金額を出してまででも
成功したい人を集めることが
重要だからです。

高い金額を出すことで、

人生が変われば、どうでしょうか?

きっと喜んでくれるはずです。

そのためには、
まずは、あなた自身が勇気を出して
高額商品を販売することです。

高額商品が売れれば、
経費に回し、
あなたをもっと多くの人に知ってもらうことで、
もっと多くの人を助けることができます。

それが
社会貢献です。

実績を作ることも
高い商品を売ることも
大変です。

しかし、
本当にあなたがたくさんの人を助けたいなら
高額商品を売る必要があります。

安い商品をちまちま売ったところで、
経費に回すことはできません。

ということは、
たくさんの人を助けることができない
ということです。

それこそ、私利私欲です。

自分が気にならない程度の
価格をつけて、
ビジネスをしていると勘違いしている、

そんなことでは、
なかなか社会貢献はできません。

もし、
安く商品を提供することが正しい
と思っているなら、

今すぐ、その考えを改めてくださいね。

コーチングは、
誰かの人生を変えることで、
その人を助けることができます。

そのスキルを持っているのに
たくさんの人を助けないことこそが
悪です。

そのことを早く理解してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP