クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

9割の人に嫌われる文章を書く

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

9割の人に嫌われる文章を書く

 

9割の人に嫌われる文章を書く

 

今日は、

9割の人に嫌われる文章を書く

というテーマでお話します。

今日も、
クライアントから報告がありました。

昨日、メルマガに書いたクライアントが
2人目の体験セッションを終了させて、
また高額商品の契約をしました。

高額商品の売り方を理解すると
このように比較的簡単に
高額商品を買ってもらうことができます。

私のところに来て3ヶ月目ですが、
3ヶ月で、月収100万円が見えてきました。

この調子で頑張ってくれると
私も嬉しいです。

では、今日の本題です。

私がよく相談される内容で

「どんな文章を書くと集客できますか?」

ということがあります。

その回答に、
私はいつも

「10人に1人に気に入られるような内容を書く」

と答えていました。

しかし、
最近では、

「9割に嫌われる文章を書く」

と言っています。

9割の人に嫌われるぐらいの文章でないと、
尖った文章がかけないからです。

ネット集客できない人の文章は、

「たくさんの人に好かれる文章」

を書こうとします。

好かれようとして文章を書くので、

有名な人の文章を真似たり、
検索上位の文章を参考にしたりします。

しかし、
それだと、

「あの人と同じだ」とか
「これは聞いたことがある」

と思われるわけです。

それでは、なかなか
あなたに頼みたいとは思わないですよね。

逆に
誰も言っていないような切り口で書くことができれば、

「あれ、この人変なことを言っている」

という印象が残ります。

さらに、
嫌われるような文章を書くと、

「この人はなんか他の人と違う」

と思われていきます。

それが差別化です。

稼げないコーチは
狙って差別化をしようとしますが、
それは、本人が本当にやりたいことではありません。

稼ぐために作られた差別化だったりします。

それだとどうでしょうか?

実際に稼ぐことができても
ずっと続けていきたいことでしょうか?

なかなか難しいですよね。

今日はそんな話をしていきます。

 

集客できないのだから嫌われているのと同じ

 

では、
まず、最初に、

「どうせ、集客できていないのだから嫌われているのと同じ」

ということです。

嫌われているのと同じなのに、
好かれて集客しようとする考えが
そもそもおかしいわけです。

たとえ好かれたところで、
有名人にクライアントを持っていかれるわけです。

それだったら、
9割に嫌われてもいいので、
1割の人に好かれるような
尖った文章を書くほうが
集客できます。

ほとんどの稼げないコーチは

「嫌われることは嫌」

なのです。

できるだけ
いいように思われたいとか、
好かれたいとか
評価されたいと思っています。

しかし、いくら他人のマネをしても
評価されることがないことに
早く気が付かなければなりません。

自分が発信したいことや
伝えたい情報があるからこそ、
人は興味を持ってくれて、
あなたの見込み客になるわけです。

見込み客になってくれれば、
信頼関係を築いていくことで
ファンになってくれます。

このファンになってくれた人にだけに
あなたの商品を提供すればいいわけです。

しかし、
稼げないコーチは誰でもいいので
人を集めようとします。

誰でもいいので
ブログにアクセスを集めようともします。

それでは、
商品は売れません。

なぜなら、
あなたの商品に興味のない人を集めても、
商品は売れないからです。

集客をするにはまず、

あなたの存在を知ってもらうこと、

その後で、
あなたに興味を持ってもらうことです。

この状態まで
ブログやソーシャルメディアで持っていくことができれば、

後はメルマガを使って
信頼関係を作り、
体験セッションでクロージングすることができるのです。

あなたの存在を知ってもらい、
興味を持ってもらうことをすっ飛ばして
商品を売ろうとしても売れません。

商品を売るためには
順序があります。

その順序を無視しても
商品は売れないのです。

 

ありきたりのことを発信しない

 

では、
9割に嫌われる文章とはどんな文章でしょうか?

まずは、
当たり前のことを発信しないということです。

私は、
商品を売るためには
集客は必要ないと言っています。

それはなぜかというと

集客以前に
売れる商品がなければ、
商品が売れないからです。

ほとんどの稼げないコーチは
売れる商品がないのに
集客してなんとかしようとします。

ゴミを集めてきて売ったところで
売れないのはあなたでもわかりますよね。

あなたの商品はゴミとは言いませんが、
売れないとしたら
「ゴミ同然」の商品です。

売れない商品を売れる商品にする努力をしないで、
集客でなんとか売りつけてやろうとするから
商品が売れないわけです。

あなたがもし、稼げんていないコーチだとしたら、

まずすることは、

「売れる商品を作ること」

です。

いつまでゴミを売り続けるつもりですか?

まずは、
稼げないということは
自分がゴミを売り続けていることに
気がつくべきです。

そこから
売れる商品ができあがるのです。

自分の商品がゴミではなく
売れる商品だと勘違いしていると

集客ができれば

と思ってしまいます。

もし、
本当にあなたの商品が売れると思うなら
PPC広告に3万円ほど投資して
売ってみてください。

ほとんどの場合、
全く売れません。

集客ができたら売れる、
ブログにアクセスが来たら売れる、
と思っているかもしれませんが、

アクセスをお金で買ってテストしてみてください。

びっくりするぐらい売れません。

そこに気が付かないと
いつまでたっても

集客のスキルが必要なのではないか

と考えてしまいます。

そうなると
集客のスキルを売っている人に
お金を払い続け、

いつまでたっても稼げないということになるわけです。

そのお金を払い続ける負のスパイラルから
抜け出すにはまずは、

売れる商品を作ることです。

売れる商品ができれば、
後は集客を頑張ればいいわけです。

半年ビジネスをしてみて
売れないとしたら、
売れない商品を販売しています。

まずは、
売れる商品を作ることから始めてください。

その後で、
嫌われる文章がかけるようになれば
ファンができて
あなたの商品が次第に売れるようになります。

この事に早く気がついて、
ビジネスを進めてくださいね。

いかがでしょうか?

あなたが集客を成功させるためにはまずは、

嫌われる文章を書くことです。

私の文章はかなりきついことを書いています。

しかし、
ビジネスを成功させるための本質を書いています。

そこに気がついた人は
ステップメールを読まずに、
体験セッションに申し込んできます。

それはなぜかというと、

「1日も早く成功したいから」

です。

ステップメールを読んでいる時間がもったいないと
感じるようです。

それぐらい、
ビジネスの本質を書くことで
ファンになってくれた人が
私のクライアントになってくれます。

あなたも
コーチングで稼ぎたいのであれば、
嫌われる文章を書いてみてください。

それが書けるようになると
反応が代わり、
集客できるようになります。

あなたが一日も早く
集客ができて稼げるようになることを
祈っています。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP