クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

行動し続ける簡単な方法

ban1

クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ動画講座に登録
https://mindcoach.jp/coachingh/


 

行動し続ける簡単な方法

 

今日は

「行動し続ける簡単な方法」

というテーマでお話します。

私はメールマガジンで、

「行動すれば成功できる」

とお話しています。

行動することで、
結果がでて、

結果を検証することで
改善点が見つかり、

最終的に目標を達成できます。

しかし、
ほとんどの人が、

「行動する」のに、
躊躇したり、

「行動しても」
途中でやめてしまったりします。

お金持ちになりたい
仲間を作りたい
社会貢献したい
社長になりたい

さまざまな目標があると思います。

そして、
本当に手に入れたいと思っているでしょう。

しかし、
なぜか、行動を辞めてしまう、

結論としては
「確信がない」
からです。

以前も宝くじの話をしましたが、
「確信がある」と
あきらめません。

しかし、
行動を続けても

「ほんとうに成功するのかな?」
「大丈夫なんだろうか」
「もっと他にいい方法がないだろうか?」

と感じ始めると、

「辞める理由」を探しはじめ、
最終的に、行動をやめます。

ただ、
経験したことがない場合、

「確信を持て」といっても
なかなか難しいものです。

今日は、もう少し、
「行動しやすくなる方法」について

お話していきます。

 

そもそも自分に許可を出していない

 

行動するためには
「行動する理由」が必要です。

私のクライアントには、
「行動する理由」を理解していない人がいました。

「行動する理由」の以前に
「自分に許可を出していない」
人がいます。

例えば、

「高額商品を売る価値がない」とか

「商品を値上げできない」といった

自分の価値を低く見ている人です。

自分の価値を低く見ていると

「私は30万円の商品を売る価値がない」

と思っていたりします。

これは、
自分自身に

「30万円の商品を売る許可をしていない」

ことになります。

そうなると、
売る行動自体が「意味がない」状態になり、

行動自体ができません。

そもそも
自分自身の価値を低く見ていると、

「私の価値なんて提供してもしれている」

と思ってしまいます。

人間の価値は、
とても高いです。

あなたもそう思っているかもしれませんが、

あなたが普通にできることでも、
クライアントにとっては

「すごいこと」をしている場合が多いのです。

セルフイメージを上げることも必要ですが、

まずは、
「自分のすごいところ」を誰かに見つけてもらうことから
はじめてみてください。

あなたの価値は決して低くありません。

あなたの価値を提供することで、

「悩んでいる人を助けること」ができるのです。

悩んでいる人にとって、

「とても苦しい」
「ともてしんどい」
「とてもつらい」

悩みなのです。

お金に変えても解決したい悩みならば、
あなたの価値を生かすことができます。

「価値と価値」の交換が、
ビジネスになるわけです。

あなたが受け取る価値が
たまたま「お金」だということを
理解してください。

そもそも自分の価値を低く見ている人は、
自分の商品を買ってくれる人なんかいないとか、
行動しない理由を頭の中で想像して、
行動さえできません。

なので、まずは、
自分の価値を認めて、

自分でも助けることができる人がいるということを
理解することで、
行動できるようになります。

自分の商品を売ってもいいという許可を出すことで
行動する理由ができます。

 

行動は目標を達成するためにある

 

行動する理由が理解できたとして、

つぎは「なぜ、行動するのか?」

ということです。

「目標が明確」になっている場合、
行動する理由があります。

しかし、
「行動を辞める場合」

「目標をとりあえず、なかったコトにする」
ことが多いです。

そうではなくて

今まで
「なぜ、この行動をしてきたのか?」

ということを
あなた自身に問いかけてみてください。

「結果を得られなかった」
「失敗した」
「思ったとおりにならなかった」

それらはすべて
「辞める理由」です。

では、今までの行動は
あなたにとってなんだったのでしょうか?

辞めるために行動してきたのでしょうか?

行動してきたのは
「目標を達成するため」

であって、

辞める理由を導き出すものではありません。

「行動する理由」は

「辞める理由」をさがすためではなく

「目標を達成するため」です。

日本人はどうしても
子供の頃の教育のせいで、

「失敗」は「ダメ人間がすること」

と思ってしまいます。

しかし、
「失敗」というのは
「成功するため」に経験しなければならないことです。

「失敗」は
挑戦しつづけることを辞めた時に
「失敗」となります。

挑戦し続けている限り、
「失敗」というのは「失敗」ではなく

「うまくいかなかった結果」に過ぎません。

「うまくいかなかった結果」に基づいて、

「改善」し、再び挑戦することが

「成功する唯一の手段」です。

行動する理由は

「目標達成するため」です。

「辞める理由」を導き出すものではないのです。

 

自問自答してみる

 

では、
そもそも行動するために、
どうしたらいいのかというと

「自問自答してみる」ことです。

この場合の自問自答とは

「これをすることで目標を達成できるのか?」

と自問自答してみてください。

うまくいかない行動をやめる理由は

「だれかが教えてくれた」とか

「ネットに情報があった」といった

ほとんどが、他人軸での行動です。

そうすると、

うまくいかなかった時に、

「だって」
「どうせ」
「やっぱり」

といった言い訳ができます。

しかし、
「これをすることで目標を達成できるのか?」

ということを自分で確認した時に

「目標達成できる」

と自分が決めた行動に限定すると

すべての結果は、
「自己責任」です。

人間はプライドが高いのですぐに

「他人のせい」にしたがります。

しかし、
しっかりと自問自答することで

「自己責任で行動した」ということが
明確になります。

そうすると

「本当にこれで目標達成できるのか?」

という曖昧な気持ちでは
行動できなくなります。

自分がしっかりと

「覚悟を持って行動すること」

がとても重要です。

そこまで理解できると
「ノウハウ」や「スキル」を学んでも
意味がないということが分かってくると思います。

「ノウハウ」や「スキル」を学ぶことは

ただ単に、
「行動から逃げているだけ」なのです。

学んでいるときは
「行動」しません。

行動したところで

「学んでいる最中なので、結果が出なくても当たり前」

と思ってしまいます。

よくブログのプロフィールで

「スキルを習得している最中です」

といった言葉を書いている人がいます。

あたかも、
「スキルアップしている途中ですよ」

と言いたげですが、

それは
「結果が出なくても仕方がない」

と自分で言っているようなものです。

クライアントからしてみれば、
そんな人に「悩みを解決してもらいたくない」
ですよね。

なので、
ただできなくても当たり前の理由を
プロフィールに書いているだけなのです。

そうなると、
クライアントには、なってもらえないので、
ゆっくり学ぶことができるわけです。

逆に、
それではビジネスは成り立ちません。

あなたが
「本当に目標達成できることだけをする」
ことがとても重要です。

そのためには、
あなた自身が
「これをすることで目標達成できる」と
本気で思うことが必要です。

そこを決めないと
うまくいかなった時に
すぐに辞めてしまう理由を作ります。

どちらも自分の意志ですが、
「本当に目標達成したいのかどうか」

しっかりと自分で決める必要があります。

自分で行動する理由をしっかりと決めることで、
覚悟ができます。

自分の覚悟ができていますか?

今一度確認してみてください。

 

行動し続ける簡単な方法

 

覚悟が決まると、
目標達成できます。

辞める理由がなくなって、
逃げられなくなるからです。

では、
覚悟が決まった後ですることは

「行動し続ける方法」です。

いつもよく言っているのは
「習慣化してしまう」ということです。

子供の頃、きらいだった
「歯磨き」が当たり前のようになっているように、

行動できなかったことも

「習慣化」することで

行動できるようになります。

ブログやメルマガを毎日更新するスキルも
「習慣化」にあります。

「習慣化」はまた別の機会にお話するとして、

今日はまた別の
「行動し続ける簡単な方法」
について説明します。

行動し続ける簡単な方法は、

「行動を細分化」するということです。

行動を続けられない人は、

行動を細分化していないからです。

大きい壁を乗り越えようとするのではなく、
行動を細分化して、
小さい階段を少しづつ上がるイメージです。

例えば、
「ステップメールを1ヶ月で完成させる」

という目標を設定したとしましょう。

すると、

1ヶ月かけて
「ステップメールを完成させよう」とします。

しかし、
実際は、
「何からはじめたら良いのかわからない」

という「行動を抑制する理由」が働いて
作り始めることすらできません。

いくら
目標達成したいと思っても
「行動できない」のは、

この「行動を抑制する理由」
があるからです。

この抑制する理由を排除する方法を知らなければ、
行動すら始めることができません。

では、どうするかという
先程書いたように、
「行動を細分化する」ということになります。

 

行動を細分化する

 

私がメールマガジンを作る場合は、

1)売る商品を決める
2)ペルソナを決め、セールスレターを書く
3)ステップメールの題名を決める
4)メールの中身を書く

この順番で作ります。

なぜかというと、
先にメールの中身を書いても、
売る商品が決まっていないと
セールスレターがブレるからです。

セールスレターと
来たメールの内容がずれていると、
違和感があり、
読者が最後まで読んでくれることはありません。

なので、
売る商品を決めた後、

セールスレターを書いて
最後にメールの記事を書きます。

では、たとえば
あなたがメールマガジンを作る場合

「行動を細分化する」のは、

どのようにしていくのがいいでしょうか。

答えは、
メールマガジンを作るための

「1ヶ月のスケジュールを決めてしまう」

ということです。

1日、1日の行動を決めてしまえば、
確実に30日後には完成できます。

そのためには
まずは4つのパートにわけてみることから
はじめましょう。

1ヶ月が約4週間あるからです。

メールマガジンの場合は、

1週目、どういう内容にするのか考える
2週目、ランディンページやセールスレターを用意する
3週目、7つの題名を考える
4週目、7つのステップメールを順番に描く

とこのように分解します。

今回の例えは、
その順番に沿って、
4週間に分解しました。

この後、
1週間のうち、
1日目、何をするのか
2日目、何をするのか、

といったように
順番に1日、1日行動を決めていきます。

どのような内容にするのか考えることを
7日にわけて分解していきます。

例えば、1週目の場合

1日目 ライバルのリサーチ
2日目、どんな商品にするのか
3日目、ペルソナを作る
4日目、悩みを書き出してみる
5日目、解決方法を考える
6日目、悩みをリサーチしてみる
7日目、最終的な内容をまとめる

といった内容に分解してみました。

このように、
1ヶ月という期間が決まっているので、

その中で、どんなことをしていくのか、
先に決めてしまいます。

もちろん、
最初からスイスイ行きませんが、
それも経験しなければわかりません。

それでも、
少しずつ物事は進んでいきます。

まずは、自分が動きやすい行動を
決めてみてください。

 

それでも動けない場合

 

ここまで決めれば、
確実に行動できます。

しかし、

「ここまで決めたら、逆に動けない」

という人がいます。

昔の私がそうでした。

「行動計画」というのは一番キライです。

「約束させられるのが嫌」だからです。

しかし、
「行動計画」を決めなければ、

目標達成できないことが分かりました。

「覚悟を決めていないから」です。

「行動計画を立てられない」

というのは

「目標達成する気がない」

と自分でいっているようなものです。

逃げ道をたくさん作っているだけなのです。

なので、
昔は、なかなか目標達成できませんでした。

稼げる時もあれば、
全く収入がない時もありました。

いくらマインドができていても
お金が入ってこないのは

「お金が入ってくる仕組みを持っていないから」

だったのです。

今のメンターに出会って

「すごい成功マインドを持っているけれど、
なぜかお金が入ってこないんです」

と質問したことがありました。

メンターからは

「ただ単に、安定して稼げる仕組みがないだけ」

と指摘されました。

確かに、
安定してクライアントを獲得する仕組みを
持っていませんでした。

しっかりと
「月収100万円を稼ぐ仕組みを作る」

という目標を決めずに、

「集客ばかり」していました。

そうすると、

「クライアントの獲得」に
波があり、

稼げるときは、
何百万も稼げても、数ヶ月クライアントがいない
といった極端な稼ぎ方になっていました。

それでもいいと思っていましたが、

「お金が入ってこない」という
問題を抱えていたということは、

心の何処かで
「お金の心配」があったということです。

「お金の心配」を払拭できたのは、

「安定したクライアントを
獲得する仕組みを手に入れた」から

つまり、

自分で「安定した仕組みを作ろう」という
覚悟がなかっただけなのです。

今のメンターに言われて、

「安定した仕組みを作る」

と決めたら、

あっさりと
安定してクライアントを獲得する仕組みが
手に入りました。

 

覚悟をきめること

 

自分が覚悟を決め、
「行動する」ことができれば、
目標達成できます。

まずは

「これをすることで目標達成できるのかどうか」

自問自答してみてください。

目標達成できないという答えなら

「今、それをするべきことではない」

ということです。

「目標達成できる」としたら

「覚悟を決めてやり続けること」です。

目標達成できると決めたのなら、
最後までやり続けること。

途中で、脱げだすようでは

覚悟が足りません。

逃げ出すのであれば、

他人のせいではなく

「自分で決めたことを辞めてしまった」
だけです。

これがビジネスにおける
「すべてが自己責任」という理由です。

もし、
「覚悟が決まらない」としたら、

それは
「今やるべきことではない」
ということです。

なので、
将来やるべきことだったとしても、

「今は捨てる」

という選択になります。

重要なのは
「やる」か「やらないか」
です。

「今やるのか」

「今やらないのか}

は、自分が
「目標達成するための覚悟があるのか」

ということになります。

もしかして
「覚悟を持てない」としたら

「目標自体が違う」
可能性もあります。

本当に、その目標を達成したいのか。

そこから積み上げてこなければ
目標達成できません。

私がいつも言っている

「本気の人だけ」ということが
ここにあります。

「本当は何をしたいのか?」

がとても重要です。

よく「ビジネスをやりたい」
と思っていても

ただ「人生を変えたいだけだった」
という人がいます。

それは、

「目標達成」の延長上に

「本当に自分がしたいこと」
があるかどうかです。

ここをしっかりと
見据えていないと、
なかなかうまくいきません。

敷かれたレールがあるのに、
横道をそれても
しっくりこないのは
当たり前です。

あなたが
本当にしたいことはなんなのか?

しっかりと考えてみてくださいね。

そこが曖昧だと

「覚悟」がきまりません。

なので、
行動できないのは当たり前です。

自分は本当に何をしたいのですか?

「行動できない人」は

いちどそこをしっかりと考えてみてくださいね。

いかがでしょうか?

よく、高額商品を買ったけれど、

「結果が出なかった」

「騙された」

といったたぐいの書き込みを見ます。

これは単なる、

「目標達成できるかどうか?」

を自問自答せずに
商品を購入しただけなのです。

もし、
自問自答した後で
商品を購入したのであれば、

結果が出なかったのは
「自己責任」であり、

騙されたという感情はでてきません。

高額商品を買ったら
「他人が成功させてくれる」
わけではないのです。

ビジネスはすべて自己責任です。

しかし、
ビジネスで成功するという目標が
本当にあなたの目標でしょうか?

そもそもの目標がずれていると、
行動し続けることができません。

あなたの本当の目標を
見つけるいい機会です。

しっかりと、
自分の目標を見つけてみてくださいね。


ban1

クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ

完全無料・期間限定動画講座
セールス不要。相手から「お願いします」と言われるクロージング
コーチングで稼ぐための「稼げるコーチ育成動画講座」
今すぐ動画講座に登録
https://mindcoach.jp/coachingh/

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP