クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お客さまに価値を提供することだけ考える

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お客さまに価値を提供することだけ考える

 

お客さまに価値を提供することだけ考える

 

今日は

お客さまに価値を提供することだけ考える

というテーマでお話します。

私のところに相談に来る人の中で

「商品が売れないんです」

というコーチがたくさんいます。

稼げないコーチの悩みの中で

集客やセールスは
大きな悩みかもしれません。

しかし、
集客やセールスで悩むのは、

お客さまのことを考えていないからです。

もし、
あなたが、
誰かのセッションを受けるとしたら、

自分の持っている悩みを
解決してくれるのか

を考えると思います。

集客の方法がうまかったり、
セールスのトークが上手い人と
契約をするでしょうか?

そんな人よりも、
あなたのことを考えてくれる人と
契約すると思います。

このことを理解していなければ、
いつまで経っても、
稼げるようにはなりません。

それが
あなたの商品が売れない理由です。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

自分のことしか考えてない

 

まず、
商品が売れないと考える人は、

自分のことしか考えていません。

目先の売上のことしか考えていない場合は、

集客できれば売れるとか、
セールスできれば契約が取れる

といったことばかり考えています。

そうなると
お客さまの気持ちは
どうでも良くなっている状態です。

そうではなくて、

お客さまが何をしてほしいのか

を真剣に考えることです。

お客さまがしてほしいことを
真剣に考えれば、
商品は売れます。

お客さまがしてほしいことを

情報発信すれば、
簡単に集客できるのです。

稼げていないコーチは、
自分の商品を売ることばかり考えるので、

自分の都合のいい発信しか
していません。

だから、
集客もできないし、
セールスもうまくいかないのです。

稼げるコーチは、
お客さまのために、
何ができるのか

を発信しています。

これができれば、
お客さまが
商品に興味を持ってもらえるわけです。

このことに気が付かなければ、
商品が売れることはありません。

まずは、
このことを理解することです。

 

差別化はあとから考える

 

次に重要なのは、

差別化はあとから考えるということです。

ライバルの商品と同じでも
売れている商品なら

問題ない範囲で真似をしてみることです。

売れない商品を売ろうとするよりも
売れている商品を真似して売るほうが
結果が早く出ます。

このときに重要なのは、

差別化はあとから考えるということです。

よく
差別化しなければ売れない

とか
USPが重要だ

といわれますが、

差別化やUSPは売れるようになれば

勝手に出来上がるのです。

このことを知らない稼げないコーチは、

差別化が大事とか
USPが重要だ

と言われると

そうかもしれないと思い

差別化のスキルを売っている人の商品を
買ってしまうわけです。

差別化のスキルを売っている人は、

商品説明で

「差別化は必要ありません」

とは言いません。

差別化は重要だという
説明をするわけです。

しかし、
差別化をしたからと言って
商品が売れる時代は終わっています。

あなたが最近買った商品で、
しっかりと差別化ができている商品が
どれだけあるでしょうか?

服にしても
食べ物にしても、
適当に目について
気に入ったものを買っていると思います。

つまり、
差別化はあまり関係ない
ということになります。

このことを理解しないと
余分なお金を投資することになります。

差別化を気にするのは、
浅いマーケティング手法です。

そんな事を気にするよりも
売れている商品を気にしてください。

 

お客さまのことを考える

 

最終的に
商品を買ってくれるのは、

お客さまだということです。

お客さまが価値を感じなければ、
商品は売れません。

ということは、

お客さまに
どのような商品を提供したら
お客さまが価値を感じてくれるのか

だけを考えていればいいのです。

商品が売れないのは、
お客さまにしっかりと
価値を提供できていないからです。

集客ができても
お客さまが価値を感じなければ
買ってくれません。

セールスも
いくらクロージングがうまくなっても、

価値を感じなければ

「いらない」

といわれるのです。

このことに気が付かなければ、
いつまでたっても、
商品が売れることはないのです。

売れない商品を
テクニックだけで
なんとかしようとするのは、

「自分のことしか考えていないから」

です。

そんな商品を買ったお客さまは
不幸になるだけなのです。

私はクライアントに

「お客さまが不幸になる商品は売るな」

と教えています。

いくら
ビジネスは、利益が最大化するもの

であっても、

お客さまが不幸になる商品は
売ってはいけません。

そんなことをして、
一時的に利益を伸ばしても、

いずれ、
ビジネスが成り立たなくなるからです。

そんなビジネスをするよりも

お客さまを幸せにして、
お客さまに応援されるようなビジネスを
していかなければなりません。

お客さまに応援されるのに
ビジネスを続けていけないのは
意味がないので、

ビジネスを続けていけるように、
利益を出すわけです。

そのためは、
お客さまが満足できるような

価値の提供をしていなかければなりません。

ビジネスは、
価値と価値の交換です。

あなたの提供する価値と
お客さまが払うお金の交換です。

いくら高い値段を払っても
お客さまが満足する価値提供ができれば
高い商品でも売れます。

あなたが
高い商品が売れないと思っているのは、

あなたの商品が
高い価値を提供できていないだけ
の話なのです。

このことを理解できれば、
商品を売るのは
それほど難しいことではありません。

良い商品を持ちながら、
安い値段で販売しても
売れないのです。

エルメスのバーキンが、
新品で1万円で売っていても
誰も怪しく思って買いません。

これと同じで
商品の値段は、

高すぎても買いませんが、
安すぎても買わないのです。

このことに気が付かなければ、

安ければ安いほどいい

と思ってしまうのです。

価値のある商品を
安く売るのは、

ある意味
悪いことをしているわけです。

せっかく
適正価格で売れば売れるのに、

安くしたがために
売れない商品もあります。

お客さまに
しっかりとした価値を提供し、
しっかりとお金を受け取ること、

これがビジネスです。

このことを理解して、
しっかりお客さまに価値を提供し、
お客さまを助けてあげてくださいね。

いかがでしょうか?

商品が売れないのは、

お客さまに価値を提供できていないからです。

お客さまが興味があることを
商品にすれば、
価値を感じてもらえます。

しかし、
自分のことしか考えず、
商品を売ることばかり考えても、
商品は売れません。

このことを理解しなければ、
集客やセールスに悩んでしまいます。

そんなことでは
いつまでたっても
商品が売れないのです。

しっかり理解して、
コーチングビジネスで成功してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP