クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お客さまのために何ができるのか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お客さまのために何ができるのか?

 

お客さまのために何ができるのか?

 

今日は

お客さまのために何ができるのか?

というテーマでお話します。

ビジネスというのは、

「お客さまに何ができるのか?」

ということです。

お客さまが望んでいることを
代行してあげることで、
対価としてお金をいただきます。

この対価としてのお金が
利益が出るように設定した金額が
商品の価格ということです。

商品の価格を設定して
お金を受け取ることができれば、
利益が出て、
ビジネスを続けていくことができます。

ビジネスを続けていくことができれば、
多くの人を助けることができる

ということです。

しかし、
多くの稼げないコーチが、
目先の売上のために、

集客やセールスを
学ぼうとします。

それだと、
お客さまのためではなく、
自分のために
ビジネスをしているわけです。

自分が稼ぎたいために、
集客やセールスを勉強して、
ビジネスをしようとします。

そうではなくて、
あくまで、

「お客さまが何をしてほしいのか」

ということを考えて、

「お客さまのため」

が本質になければなりません。

ここに気が付かないと
ビジネスで稼ぐことができないわけです。

今日はそんな話をしていきます。

 

お金を受け取ることは悪いこと

 

まず、最初に、

稼げない人の特徴として、

「お金を受け取ることは悪いことだ」

と思っているということです。

お金を受け取ることが悪いことなので、

自分が悪いことをしてまで
稼ぎたくない

と思っています。

自分が悪いことをしたくないので

お客さまが払ってくれる値段にすると

お客さまがお金を払うことが
悪いことではないと思えるので、
初めてお金を受け取れるというわけです。

そうなると
コーチングビジネスの場合のセッション単価が
5000円から1万円ということになります。

しかし、
ビジネスの観点から見ると、
セッション単価5000円から1万円では、
生活することができません。

最低20万円ぐらい稼げなければ、
会社員のほうが幸せです。

時間を差し出すだけで、
決まった給料をもらえるのですから、

コーチングビジネスのように
契約が取れないとか、
お金を受け取れないとか
考える必要がありません。

なので、
お金を受け取れないのなら
ビジネスを始めるのは
時間の無駄です。

なので、

まずは、
自分自身が

商品の値段を決め、
罪悪感をなくして、
お金を受け取れるようにすることが

ビジネスにとってはとても大事なことです。

お寿司屋さんに行くと
いろんなお寿司があります。

卵を食べる人もいれば
トロを食べる人もいますよね。

食べたいものを
お客さまが選ぶわけです。

しかし、
コーチングビジネスになると
稼げないコーチは、

「お客さまが買ってくれる値段」

に単価を設定してしまいます。

商品を選んでもらうのではなく、
「値段」で選ばれると
勘違いしています。

だから
稼ぐことができません。

重要なのは、あくまで
お客さまは、

「商品を選んでいること」

ということです。

あなたのコーチングの商品が
30万円だったとして、

クロージングをして断られたとしましょう。

そのときに、

あなたは、

「値段が高いから断られた」

と思うかもしれません。

しかし、
お客さまがあなたの商品を

「必要としなかった」

というだけの話です。

私はお寿司屋さんにも行きますが、
トロは好きですが、

貝類は食べません。

食べたくないものを
売り込まれても

「いらない」

わけです。

それと同じで、
相手が断った理由は、

「値段が高い」
というだけではないのです。

このことを
理解しなければ
ビジネスはうまくいきません。

あなたが
まずは、
お金を受け取れるようになり、

あなたの言い値で
商品を売れるようにすること、

そして、
断られたら、

その人には
あなたの商品が必要なかった

と思うことです。

それで、
あなたの商品の値段が高いのではなく、

あなたの商品を必要としていて、
あなたの価値を受け取ってもらえる人を
探すことが
マーケティングです。

あなたの商品に興味がある人を見つけ、
あなたの価値と
相手が払えるお金の価値が
同じもしくはそれ以上になれば
商品が売れます。

稼げないコーチは、
マーケティングの時点で、
あなたの商品に興味がある人を
集められていないだけです。

私はお寿司屋さんに行きますが、
もし、貝類しか提供していないお寿司屋さんが
あったら、

行くことはないでしょう。

もし間違って入ってしまったら
さっさと出てしまうと思います。

それと同じで、
いくら集客しても

あなたの商品が必要ない人ばかり
集まっているとしたら、
商品が売れるはずがありません。

そのときに
商品が売れない理由は

「値段が高い」

ということではなく、

興味がないから

「いらない」

だけの話です。

このことを
理解しなければ、
いつまでたっても
高額商品は売れないのです。

 

なぜ、「いらないのか」を聞くこと

 

次に、
稼げないコーチは、

「なぜ、いらないのか」

を聞かないということです。

クロージングをしたときに
断れたとしましょう。

そのときに

「なぜ、買ってくれないのですか?」

と聞いていますか?

稼げないコーチは
なぜ断られたのか

理由を聞きません。

だから、
買ってくれるような商品に
改善することができないのです。

もし、
「なぜ、買ってくれないのですか?」

と聞いて、
その場で改善できる理由なら

改善すれば契約できるということです。

例えば、

「値段が高いです」

と言われたとしましょう。

そのときに

「では、いくらだったら買ってくれますか?」

と聞くことです。

お客さまが

「30万円は高いので10万円だったら出せます」

と言ってくれたら

「では、10万円でいいので契約してください」

と言って契約すれば10万円を稼ぐことができます。

「値引きする代わりに
お客様の声を書いてくださいね」

とお願いすれば、

書いてくれると思うので、
実績が1つできますよね。

この実績が
次への契約につながっていくわけです。

また、
次のような答えが来ることもあります。

「セッション回数が少ないから」

という答えが来たとしたら、

「ではセッション回数を倍にするのでどうですか?」

といってあげると
契約が取れるでしょう。

その他
セッション時間に不満がある場合もあるので、

その時は
「では、セッション時間無制限にします」

というと契約してくれます。

つまり、
クロージングしても
売れない理由が、

あなたが想像している理由と
あっているかどうかを
確かめなければなりません。

そのためには、

「お客さまに聞く」

ことが一番の近道です。

お客さまに聞くことで
お客さまが
商品に不満を持っていることを
改善できれば、
契約できることも多いです。

稼げないコーチは
ほとんどが

「値段が高い」

と思ってしまいます。

しかし、
値段は納得しているけども
他に不満があることも
多いのです。

この部分を解消しなければ
売れる商品にはなりません。

 

お客さまをスタートラインに立たせること

 

最も重要なのは、

お客さまをスタートラインに立たせることです。

契約してもらえなければ
お客さまを助けることができません。

だから、
本当は体験セッションに来てくれた人全てと
契約することが重要です。

「お金がない」

というのは
稼げない人の断り文句の代表です。

しかし、
断り文句を認めてばかりだと
いつまでたっても、

お客さまを変えることができないし、
あなた自身も成長しません。

どうやったら

「お金がない」

というお客さまを助けることができるのか

考えることです。

こう書くと
稼げないコーチは

「値段を下げる」

と簡単に考えますがそうではありません。

私は

「いくらなら出せますか?」

と聞きます。

全く出せないなら
時期尚早でリリースしますが、

例えば、
「半分の60万円なら出せます」

というなら、

一旦契約して、
スタートラインに立たせて、

私がセッションすることで
稼げるようになれば
残りの半分は回収できます。

そうすると
私のセッションを受けた人も
幸せになるわけです。

100万円を超えるお金を
ぽんと出せるなら
それなりに成功しているはずです。

しかし、
成功していないから
私のところに来ることも知っているので、

支払い方法に関しては
歩み寄ってあげます。

そうすることで、
目の前のお客さまが
稼げるようになれば、

お客さまを助けることができるからです。

もし、
私が契約してあげなければ、
結局誰かの商品を買うことを
知っています。

誰か別の人の商品を買って
不幸になるよりは、

私が面倒を見て、
結果が出るほうが、
お客さまも幸せになります。

そのことを知っているので、
できるだけ、
契約をしてあげるわけです。

もちろん、
何度も書いている通り、
本気かどうかはとても重要なので、
それは譲りません。

しかし、
私も昔、
成功していない時がありました。

お金がないときもあったわけです。

すべての人が
投資できる環境にないことも
理解しています。

だから、
体験セッションをして
相談を聞いてから、
判断させてもらってます。

私のように
コーチングで稼げるようになるスキルを
マンツーマンで教えている人はいません。

ほとんどの人が
ビジネススキルの切り売りです。

集客やマーケティングを教える人、
セールスを教える人
ビジネスモデルを組み立てる人、

これらのスキルを学んでも、
土台だけあっても
家が建たないように、

ビジネスは完成しません。

稼げないコーチは
ビジネスの完成予想図を知らないから

部分だけのスキルを学ぶわけです。

もちろん、
それで稼げると思っているからですが、

せっかく私のメルマガを読んでいるのに
あえて、スキルを学びに行きなさい

というのは、あまりにも
投げやりです。

私のメルマガを読んでいる人を
全員成功させたいのです。

しかし、
成功させるためには、
一度私の体験セッションを受けてもらわないと

どこができていないのか、
どこがわからないのか

わかりません。

だから
体験セッションを受けてもらって、
しっかりとできていないところを
確認してもらいたいのです。

それが
私がお客さまのために
できることです。

もし、
あなたが、
コーチングビジネスで成功したいのなら
一度、体験セッションを受けてみてください。

そうすれば、
なぜ、稼げないのか、
理解できると思います。

あなたからの
相談をお待ちしております。

いかがでしょうか?

お客さまのために何ができるのか
理解できましたか?

商品が売れない理由は、
必ずしも、
値段だけではありません。

あなたがするべきことは

お客さまをスタートラインに立たせること
です。

それが
できなければ、
お客さまを助けることができません。

ビジネスというのは、

お客さまを助けて
対価をいただくことです。

お客さまをスタートラインに立たせることができないので、
稼げていないだけなのです。

ぜひ、
このことを理解して、
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP