クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お客さまのニーズに応えると商品が売れる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お客さまのニーズに応えると商品が売れる

 

お客さまのニーズに応えると商品が売れる

 

今日は、

お客さまのニーズに応えると商品が売れる

というテーマでお話します。

稼げないコーチは、
お客さまのニーズに応えた商品を
作ることができていません。

お客さまのニースに応えることが
できないから、
商品が売れないわけです。

稼げないコーチは、

自分ができることや
やりたいことを
商品にしています。

それだと、
お客さまのニーズとは違う商品なので、

お客さまからしてみれば、

「必要ない商品」

とみられます。

だから
商品が売れないのです。

商品が売れないのは、

商品が悪いから売れないわけではなく、

お客さまのニーズに合っていないだけ
なのです。

このことに
気が付かなければ、
いつまでたっても
商品が売れることは
ありません。

今日は、
そんな話をしてきます。

お客さまのニーズを理解していますか?

 

まずは、
お客さまのニーズを理解しているか

ということです。

商品が売れない場合は、
間違いなく、
お客さまのニーズを理解していないはずです。

なので、
お客さまのニーズを
理解することから
始めなければなりません。

ここがずれていると、
全く売れない商品に
なってしまいます。

ぶっちゃけた話、
お客さまがして欲しいことをすると
ビジネスになります。

例えば、
ホームページを作りたい人に
ホームページを作ってあげると、
お金をもらうことができます。

では、
コーチングでは
どんなことをすれば、
お金をもらうことができると
思っていますか?

コーチングでは、
お客さまを
理想の未来に連れて行くことができれば、
お金をもらうことができます。

例えば
お客さまが
お金持ちになりたいと思っていたら、
お客さまをお金持ちにしてあげると
喜んでお金を払うと思います。

しかし、
稼げないコーチは、
お金持ちになる方法を
教えようとしますが、

スキルを知っていても
お金持ちにはなれないので、
お金を払う人が
いないわけです。

稼げないコーチは
お金の稼ぎ方を知らないので、
お客さまをお金持ちに
することはできません。

ということは、
コーチングで言う、

お客様の引き出しの中に答えがある

という考え方が
そもそも間違っている

ということになります。

お客様の引き出しの中に答えがある

という考えをしている限り、

お客さまのニーズに
応えることができていないわけです。

これが
自分ができるコーチングだけをしていても
稼げない理由です。

自分ができるコーチングをしても

お客さまのニーズには
大抵の場合、
応えることができていません。

だから、
稼ぐことができないのです。

 

お客さまを理想の未来に連れて行く

 

お客さまを理想の未来に
連れて行くことができれば、
お客さまは商品を買ってくれます。

しかし、
お客さまの引き出しの中に
答えがなければ、

コーチングだけでは
お客さまの理想の未来に
連れて行くことができません。

理想の未来につれていくことができないから
商品が売れないわけです。

では、
お客さまを理想の未来に
連れていくためには
どうしたらいいのかというと、

お客さまを理想の未来に
連れて行けるようになる

という覚悟を決めるということです。

そして、
お客さまを理想の未来に
連れて行けるようになるために、
一番重要なことは、

自分自身が

「お客さまの理想の未来に立つ」

ということです。

例えば、
ライフコーチと名乗る人がいますが、
ライフコーチは、

人生を自由にできる人が、
なるべきコーチです。

ライフコーチになりたいからと言って
稼げていないコーチが
ライフコーチを名乗っても、

誰もセッションを申し込みません。

お金も時間も
自由にできているところにいる人が
コーチングをしないと
お客さまを理想の未来に
連れて行くことができません。

連れて行くことができないコーチに
頼む人はいないのです。

つまり、
お客さまの理想の未来が

そのまま、
自分がいる位置のポジションであることが
理想です。

稼げないコーチは、
稼げないまま
コーチをしています。

これは
プロコーチとして
自覚が足らないわけです。

プロとして
お金をいただく限りには、
お客さまが
対価を受け取ることが必要です。

稼げないコーチは

「安ければいいだろう」

という甘い考えを持っています。

しかし、
この考えは間違いです。

1円であっても
お金をもらうなら、

しっかりとお客さまが
価値を受け取れるように
しなければなりません。

この部分を
間違えると、
自分が都合のいいような
お金の受け取り方を
しているだけなのです。

自分の都合のいい受け取り方をするのであれば、
お客さまのニーズに
応えていることにはなりません。

本当に
お客さまのニーズに応えて、
お客さまの理想の未来に
連れていけるのか

ということは
とても重要です。

お客さまの引き出しの中に
答えを見つけることは、
本当のコーチングではありません。

お客さまの引き出しの中にある答えでは、
理想の未来につれていくことが
できないのです。

お金がない人にとって、

お金持ちになる方法が
引き出しの中にあるはずがありません。

そんな答えのない、
引き出しの中を探し回っても
お客さまは満足しません。

そんなセッションをこなしても、
お客さまは
お金を払うことがないのです。

だから
稼げるはずがないのです。

「お客様の引き出しの中に答えがある」

ということは、
コーチング業界では、
当たり前かもしれませんが、

コーチングビジネスとして、
稼ぐためには、
その方法では稼げません。

このことに早く気がついた人だけが
稼げるようになるのです。

コーチングで稼げないのは、
9割以上の人が、
引き出しの中に答えを求めるセッションを
しています。

それでは、
お客さまのニーズに応えることが
できていません。

お客さまのニーズに応えることが
できていない限り、
稼ぐことができないのは
当たり前なのです。

お客さまのニーズに応えていない商品を
いくら集客やセールスで、
売ろうとしても
売れるはずがないのです。

このことを理解するまでは、
ビジネスとしては
成り立ちません。

まずは、
ビジネスの本質を理解することです。

ビジネスの本質を理解したら、
売れる商品を作ることができます。

売れる商品ができれば、
売れる仕組みを手に入れることで、
商品が安定して売れるようになります。

商品自体が、
お客さまのニーズに応えていない商品、

つまり、
引き出しの中の答えを探すだけの
なんちゃってコーチングでは、
商品が売れるはずがないわけです。

引き出しの中の答えを
見つけることがコーチングだ
と思っているとしたら

プロのコーチとしては
失格です。

一生稼げるようにはならないでしょう。

それが
稼げない理由です。

もし、
あなたが、
なんちゃってコーチングをしているとしたら、

まずは、
自分がお客さまの理想の未来に
行くことです。

お客さまの理想の未来にいくことができたら、

引き出しの外側を
教えることができます。

その時、
はじめて、
プロとしてコーチとして、
稼ぐことができます。

自分が稼げないのに、
お客さまを理想の未来に
連れて行くことはできません。

このことを理解して、
あなたも
お客さまのニーズに応えられるように、

そして、
あなた自身が
お客様の理想の未来に立って、

お客さまを連れていけるように
なってくださいね。

いかがでしょうか?

お客さまのニーズに応えていなければ
商品は売れません。

お客さまのニーズに応えるためには、

まずは、
自分がお客さまの理想の未来に
行くことが大前提です。

自分自身が
お客さまの理想の未来に
いけていないのに、

コーチングでポジションをとるということは
できないわけです。

お金持ちではないのに、
お金持ちになりたいという人を
連れて行くことはできません。

これが
あなたのコーチングの商品が売れない理由です。

このことが理解できれば、
商品が売れるようになります。

あなたが本当に稼ぎたければ、
お客さまのニーズに合わせることです。

お客さまの理想の未来を叶えることが
できれば、
あなたの商品は売れます。

ぜひ、
このことを理解して、
あなたも
お客さまの理想の未来を
叶えてあげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP