クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

できるだけ大きな価値を与える

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

できるだけ大きな価値を与える

 

できるだけ大きな価値を与える

 

今日は

できるだけ大きな価値を与える

というテーマでお話します。

最近、
稼げないコーチの相談にのっていると
ほとんどのコーチが

低価格の商品だけを売っている

ことに気が付きました。

低価格の商品しか売れないということは、
いつも書いている通り、
差別化ができていないということです。

特に
引き出しの中に答えがある的な
コーチングをしていると

そんなセッションに
お金を払う人がいないので、
なかなか稼げるようにはなりません。

そんな引き出しの中に答えがあるセッションが
本当のコーチングだと思っているコーチがいたら

稼ぐのは諦めてください。

そんなコーチングに
喜んでお金を払う人を
見つけるのは
とても難しいことです。

そうではなくて、
現状と理想の未来のギャップを
できるだけ大きくして、

その差を埋めることで

お客さまに
大きな価値を与えることができれば、

お客さまの満足度と
払う金額が大きくなるわけです。

それが
高額商品となって
売れる理由にもなります。

もし、
あなたが、
安い商品しか売れないとしたら

大きな価値を与えることが
できていないことと、
差別化ができていないこと、

この両方を
改善していく必要があります。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

大きな価値を与えること

 

では、

大きな価値を与えるには

どんなことをしたらいいのでしょうか?

例えば
先程の

「引き出しの中に答えがある」

的な、なんちゃってコーチングの場合、

答えは
クライアント自身が持っていること
になります。

これは、
クライアントが気づいていないだけで

本当は解決策は
自分自身が知っていることです。

自分自身が知っていることなら
セルフイメージを高めることができれば
自己解決してしまいます。

こんな内容なら
少し稼げるようになったコーチなら
誰でもできるはずです。

そんなセッションに、
1時間何万円も
払う人はいません。

そうではなくて、

引き出しの中に答えがあることを
ティーチングで教えながら
目標達成していく必要があります。

そうすることで、
学びと行動が
両方必要になります。

さらに、
引き出しの外、
いわゆる、コンフォートゾーンの外側に
ゴール設定されることで、

より成長できるわけです。

例えば私の場合だと、

なんちゃってコーチングでは
月収100万円を安定して稼ぐことが
できませんが、

私のセッションでは、
しっかりと稼ぐことができます。

もし、
本当に安定して
月収100万円を稼ぐことができれば、

誰でもやりたいわけですよね。

しかし、
方法を知らなければ、
いくら自分の引き出しの中を
ひっくり返しても
答えが見つかるはずがありません。

特にライフコーチと言った
大きな目標を達成させたいコーチが

貧乏だったり、
時間に不自由だったりすると、

だれも
そんな人にはライフコーチを
頼まないわけです。

お金持ちになったり、
時間を自由にできるような生活を
手に入れたいとしても、

労働者の思考や、心の中を
いくら掘り起こしても
出てくるはずがないのです。

ということは、

お金持ちになったことがある人や
自由な時間を過ごしている人が

ライフコーチにならなければ、
意味がありません。

そんなことを体験したことないコーチが

「いや、できますよ」

といったところで
説得力ゼロなのです。

ということは、

コーチングでできることは、

自分が体験した以上のことは
セッションでできないことになります。

これも事実です。

正直な話、
私は月収1000万円を達成したことは
ありません。

もちろん、
目指してはいますが、
今の所達成していないので、

月収1000万円になりたい人や
年商1億円になりたい人を
クライアントにすることはありません。

私自身ができないことは
クライアントには
教えることができません。

しかし、
仮に私が
年収1億円を達成したら、
教えることができるので、

欲しい人がいれば
もっと高いセッションフィーで
教えるはずです。

年収1億円を達成するのに、
セッションフィーが
1時間1万円なんて
おかしいわけです。

このおかしいことを
稼げないコーチは
平然としているのです。

それでは
稼げるはずがありません。

この矛盾に気が付かないと
いつまで経っても
稼げるようにはならないのです。

 

安い値段のうちは差別化できていない

 

もう一つの差別化の話です。

もし、
あなたの商品が
安い値段でしか買ってもらえないとしたら、

差別化できていない証拠です。

いくら自分自身が
差別化できていると
思っているとしても、

お客さまから見れば、

「あのコーチと同じ商品だ」

と思われている時点で
安い方しか売れません。

お客さまから

「安いから買ってあげている」

と言われているようなものです。

先程の
大きな価値を与えることができれば、

差別化は自然とできるようになります。

周りのライフコーチが
大金持ちになれないとしたら、

あなたが
大金持ちになる方法がわかれば、
高くても買ってもらえるはずです。

これが
差別化です。

ビジネスというのは

お客さまのニーズに応えること。

その後で、
大きな価値を与えることができれば、
出来上がりです。

ぶっちゃけた話、
口コミでもどんどん売れていくはずです。

私の商品がなぜ売れるかというと、

稼げるようになるからです。

稼げるようになれば、

もっと稼ぎたいから
リピート契約してくれるのです。

クライアントがリピートしてくれるから
このコロナの状況でも
売上が安定しているのです。

もし、
コーチングで稼ぎたければ

お客さまのニーズに応えること、

そして、

大きな価値を与えること、

最後に
差別化できることです。

これだけできれば、
間違いなく稼ぐことができます。

この中には
集客やセールスは出てきませんよね。

つまり、
集客やセールスができれば稼げる

という考え方自体が

間違っている証拠なのです。

このことを理解した人だけが
稼げる世界です。

多くの稼げないコーチが
まだこの事実を知りません。

この事実を知って
ビジネスを作り上げれば、
コーチングだけで
生活できるのです。

しっかり理解して
コーチングで稼げるようになってくださいね。

いかがでしょうか?

できるだけ
大きな価値を与えることが
いかに重要なことか
理解できましたか?

大きな価値を与えることができれば、
コーチングでも稼ぐことができます。

まだまだ、
コーチングで稼げるコーチは、
少ないです。

しっかりとビジネスの本質を理解して、
稼げるようになってっくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP