クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングで起業する

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングで起業する

 

今日は、

「コーチングで起業する」

というテーマでお話します。

コーチングで起業するというのは、
どういうイメージですか?

「セッションで稼ぐ」

というのは、当たり前ですが、

その他にも、

グループセッションをしたり、

セミナー講師もできますし、

コーチング塾もできます。

協会を作ったり、
コミュニティーや会員制ビジネスもできます。

このように幅広い意味で、
コーチングで起業することができますが、

コーチングを学んでいる人のほとんどは、

「対面セッション」

あるいは、
「マンツーマンセッション」

で起業するイメージしかありません。

それだと、
1日に、5セッション詰め込めたとしても、
1ヶ月で150セッションしかできず、

セッション単価2万円だとしても、
月商は300万円より増えることはありません。

これだけのセッションをこなしながら、
月商300万円しかないのは、
正直、つらいですよね。

今日は、

コーチングで起業するためには、
どんな方法があるのか、

お話していきます。

 

そもそもコーチングビジネスとは、

 

そもそもコーチングビジネスとは、
どのようなものでしょうか?

先程書いたように、
コーチングビジネスは、

「対面セッション」あるいは、
「マンツーマンセッション」が基本です。

今では、
ズーム(ZOOM)を使った
オンラインの対面セッションもできるので、
距離の壁はなくなりました。

もちろん、リアルに会う対面セッションのほうが、
エネルギーが伝わりやすいので、
効果は高いですが、

お互いの移動時間や交通費等を考えると、
ズームでするセッションのメリットはあります。

先程書いたように、
マンツーマンセッションでは、
セッション数イコール月商になります。

人気の講師になれば、
空き時間はなくなるかもしれませんが、
すべての枠を埋めるのは難しいと思います。

なので、
稼いでるコーチは、
「複数の収入源を持っている」
ことが実情です。

ビジネスモデル的な説明になりますが、

3つ以上の収入源を持つことが、
ビジネスを安定させるコツでもあります。

そういった理由から、
私のクライアントにも、
ビジネスモデルを複数提案し、

より収入が安定するように、
サポートしています。

そうすることで、
一つがうまくいかなくても、
収入が入り続けるからです。

あなたも、
複数の収入源が欲しくありませんか?

さらに、
もし、コーチのあなたが
3週間、海外に旅行に行くとして、

コーチングのセッションができなくても、
収入が入り続ける仕組みが欲しくないですか?

うまくいけば、1ヶ月でも、3ヶ月でも
あなたがいなくても、
収入が入り続ける仕組みは
欲しくないですか?

そんな夢のような、
うそみたいなビジネスモデルも
仕組みさえ知っていれば、
簡単に作ることができます。

次は、
その嘘みたいなビジネスモデルを
説明していきます。

 

月に数日働くだけで、100万円を稼ぐ仕組み

 

では、
コーチがもし、世界旅行をしたくなり、
3週間セッションができないとしたら、
コーチングビジネスはどうなりますか?

今は、ズームで旅行先からセッションという
選択肢はありますが、

セッションをしないとすると、
ほとんどの人は、
「収入源がなくなる」と思います。

しかし、
稼いでいるコーチが
必ず持っている仕組みがあります。

この仕組みを
マンツーマンセッションと2つ用意することで、
売上はかなり安定します。

確実に毎月一定の収入が得られるからです。

そんな仕組みは欲しくないですか?

では、
その仕組みを説明していきます。

その仕組みは、
「会員制ビジネス」という仕組みです。

例えばフィットネスクラブは会員制ビジネスですね。

月会費、何万円と払って、
フィットネスクラブに通います。

会員がジムを使おうが、使わまいが、
会費は引き落とされますよね。

1万円の会費が100人集まれば、
毎月100万円の売上があるということです。

この仕組みをコーチングビジネスに応用します。

例えば、

コーチングのスキルが学べるコミュニティーを作り、
スキルやノウハウを動画で配信したとします。

会員は月会費を払って見ることができます。

月に1回のセミナーにも参加できます。

また、グループセッションや対面セッションも
受けられます。

スキルやノウハウのコンテンツを学ぶだけなら、
月会費1万円

プラスして、グループセッションも受けたいなら、
3万円

対面セッションも受けたいなら5万円

という会費を設定します。

月会費1万年の会員を100人集めるだけで、
毎月100万円の売上が発生します。

フィットネスクラブと同じで、
やめなければ、ずっと会費が発生します。

スキルやノウハウのコンテンツは
どんどん増えていくので、

満足度が上がり、会員はどんどん増える
ということになります。

もちろん、
グループセッションや
対面セッションの会員もいるので、
もっと売上が増えるでしょう。

先程、海外旅行を3週間といったのは、
1週間ぐらい
コンテンツを作る時間が必要だからです。

もちろん、
旅行中にホテルで1時間ほどこもって、
コンテンツを配信しても面白いですよね。

旅行ブロガーがよくやっている、

「どこどこの5つ星ホテルから
配信しています」

っていうのもありだですよね。

いきなり、
会員制ビジネスを作ろうとしても、
誰も会員になりませんが、

そこそこクライアントがいると、
セッション単価が高くなるので、

とりあえず学びたい人に、
会員制ビジネスを利用してもらいます。

稼げるコーチやコンサルが
会員制ビジネスを運営しているのは、
安定した収入が確保できるからです。

クライアントが満席で、
常に収入があるのであればいいのですが、

それ以外の収入源としては、
特に安定する会員制ビジネスを作るのが、
一般的です。

このあとに、
塾や協会を作り、
より多くの人を一度に助けるビジネスに
進んでいきます。

成功者の多くは、
会員制ビジネスとグループセッションを組み合わせて、
ビジネスを作っています。

そうすることで、
自分の時間を確保し、
「豊かさ」を手に入れているのです。

マンツーマンセッションは
どうしても、時間を使います。

クライアントを成功させるためには、
必要なビジネスモデルですが、
労働収入でもあるので、

「自分がいなくても収入が発生する」

ということが、最終のゴールです。

そういう意味では、
プロ野球選手でも、サッカー選手でも、
中小企業の社長さんでも、
お金はたくさん稼いでいるかもしれませんが、

「自分がいなくなると収入が入ってこない」

のであれば、労働収入です。

時間をお金に変換しています。

しかし、
会員制ビジネスのは、
将来的に、スタッフを育て、
コンテンツを作ってくれれば、
あなたがいなくても収入は発生します。

あなたがいなくなっても
収入が発生する方法は
2つしかありません。

オーナーになるか、

それとも、
お金でお金を増やすか

この2つです。

会員制ビジネスは、そのうちの
「オーナーになる」ことができます。

あなたが完全にいなくなっても、
コンテンツさえ作ってもらえれば、
会費が入ってきます。

コンテンツを作ってくれる人に、
多めの給料を渡せば、
喜んで働くでしょう。

そしてあなたは、
オーナーで自由なことができるのです。

そんな仕組みは欲しくないですか?

 

塾や協会を作る

 

コーチングで起業する最後の方法としては、
塾を運営したり、協会を作ったりします。

私も塾はどうかわかりませんが、
協会は作る方向で進めています。

協会を作り、資格を発行します。

資格継続の年会費をいただきながら、
講習会をして、協会の質を維持します。

協会では、

一般的なコーチングの資格、
協会のコーチを育てることができるインストラクター

そして、
インストラクターを育てる、上級インストラクター

を育てます。

上級インストラクターを
各地域において、その地域のコーチを育ててもらいます。

コーチングで稼げない人が多いので、
「稼げるコーチ」をどんどん育成できるように、
インストラクターがコーチを育てていくのです。

もちろん、
インストラクターには、
協会から報酬が出ますし、

自分自身も稼げるコーチとして、
コーチングでクライアントを取ることもできます。

この仕組みが出来上がれば、
地域の活性化にも繋がりますし、
社会貢献もできます。

そして、
素晴らしいコーチングのスキルを使って、
ビジネスをどんどん大きく出来るのです。

協会の会員が、
100人、1000人、1万人と
どんどん増えていきます。

そうなると、
全国に資格を持ったコーチがいて、
コーチング業界も変わるでしょう。

そんなことを考えてビジネスを進めています。

もちろん、
今の私のクライアントから、
協会を手伝って貰う人になってもらうので、

クライアントは、
「稼げるコーチ」になるとともに、

一緒に協会ビジネスをしていくことができます。

私は、協会を一緒にできるというのも
大きなメリットだと思ってます。

なので、
出来るだけ早く稼げるコーチになり、

協会を一緒に手伝って欲しいと
思っているのです。

 

1人ではなかなかできない

 

しかし、
これだけのビジネスモデルをここに書いたところで、
そのままできる人はまずいません。

順番がわからないからです。

私も多くの起業家のサポートをしてきたから、
ビジネスのからくりを知っています。

なので、
クライアントの話を聞くと、

「こんなビジネスモデルがあるよ」
「これもできるよね」

という流れでビジネスモデルを提案していきます。

ビジネスモデルができると
今度は、答え合わせが必要です。

本当にビジネスモデルとして、
うまく動くのか、
ビジネスとして成り立つのかを
検証し、改善する必要があります。

私がいつも言っている、

ブログに30PV集めて、
メルマガに30リストを取って、
6人が体験セッションに来て、
3人が契約する

このビジネスモデルを形にすることが、
必要なのです。

もちろん、
人それぞれで細かい数字は変わります。

ブログに100PV集めないと、
30リスト取れない場合もありますし、

30リストとっても、
6人が体験セッションに来ないこともあります。

しかし、
それでも3人の契約が取れれば、
商品が30万円だとしたら、
90万円の売上です。

そして、
毎月、30リストが積み上がっていきます。

1年間で360リストがたまります。

そうすると、
セミナーをしたら、10人や20人は集まりますよ。

そこで、
新しい会員制ビジネスの説明会をしたら、
10人、入会するとすれば、

それを10回続ければいいのです。

1万円の会費で、100人集めれば、
毎月100万円の売上です。

しかし、
私も最初はできなかったように、

言葉で言うのは簡単ですが、
実際に実現しようとすると、
1人では難しいです。

なので、
私のようなサポートが必要なのです。

もし、あなたがこのような仕組みが欲しいなら、

一度、問い合わせフォームから
相談してみてください。

相談は無料です。

コーチングで起業するのは、
対面セッションだけが
ビジネスモデルではありません。

ビジネスは、
毎月安定した売上を発生させて、
毎月一定の利益を出すことです。

そのために必要なのは、
「ビジネスモデル」です。

そして、
安定した利益を出すために、
複数のビジネスモデルを作り、

もし、一つがだめになっても、
利益が激減しないようにしているのです。

稼げないときは、
一つでも難しいですが、

一つ出来上がったら終わりではなく、
安定した利益を出すには
その先もあるということを
覚えておいてくださいね。

いかがでしょうか?

コーチングで起業するには、
ビジネスモデルが必要です。

そして、
ビジネスを安定させるということは、
複数のビジネスモデルを考えて、
作り上げるということです。

稼げないときは、
「一つの契約をどうやって取るのか?」
ばかり考えてしまいますが、
それではなかなかビジネスはうまくいきません。

セッションを取り続けるビジネスモデルが
いかに難しいのかを理解し、

複数のビジネスモデルを作ることが
必要だということも理解してください。

そうすれば、
稼ぎ出すと、次のステージが見えてきます。

ぜひ、
あなたも複数の収入源を持てるように、
してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP