クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングで集客する前にやるべきこと

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングで集客する前にやるべきこと

 

今日は、

「コーチングで集客する前にやるべきこと」

というテーマでお話します。

コーチングで集客できない人は、
とても多いです。

コーチングで集客できな人の
ほとんどが、

集客するために
重要なことができていません。

集客する前に
できていないからこそ、
集客できないわけです。

しかしほとんどの人は、
その重要なことを
気づくことがありません。

なぜなら、

集客できないことは
「スキル不足」と
考えているからです。

「スキル不足」と考えているうちは
集客以前の話です。

例えば、あなたが
回転していないお寿司屋さんに
行くとします。

目の前で
お寿司を握ってくれますよね。

お寿司が出てきますよね。

このときに
「この板前さん、スキル不足だろうか?」
って考えてお寿司を食べますか?

たぶん、食べませんよね。

でも、
食べてみて、
「まずい」と感じることはあるかもしれません。

「イマイチ」と思うかもしれません。

お寿司屋さんに入って、
期待通りのお寿司が出てこなかった場合、
満足しませんよね。

これは
お寿司を食べた結果の話です。

ラーメン屋に入って
お寿司がまずかった、

これはよくある話です。

しかし、
お寿司屋さんに入って
寿司がまずかったとしても、

お金を払いませんか?

まずくても
お金を払うと思います。

もちろん、
次はありませんよね。

もし、
このお寿司屋さんが
味を改善しなければ潰れます。

誰も
リピートしないからです。

コーチングも同じです。

コーチングの看板を上げました。

誰かがコーチングを受けました。

しかし、
結果が出ませんでした。

リピーターはこないですよね。

なので、
セッションの内容を見直すことは、
当たり前です。

このときに重要なのが、

「お金を頂いてから見直す」

ということです。

先程のお寿司屋さんのときでも
あなたはお金を払いましたよね。

まずくても払いますよね。

コーチングも同じです。

クライアントは、
イマイチでもお金は払います。

リピートしないだけです。

そのうち、
リピートするクライアントが
現れます。

無料でセッションを続けていても、
リピートはしません。

なぜなら、
効果がないからです。

すっきりした、
元気をもらえた、
やるべきことがわかった、

このようなコメントを貰っているうちは、
なんちゃってコーチングの領域です。

本当に
相手の悩みを解決し、
理想の未来に連れて行くことができなければ、
本当のコーチングではありません。

そのためには、
しっかりと商品パッケージを作り、

まとまった期間をサポートしなければ、
セッションを受けた後、
すぐにもとに戻ってしまいます。

ということは、短時間では
結果が出ないということなのです。

無料セッションを続けていても
何も進歩はありません。

まずいお寿司屋と同じで、
味を改善しなければ
続けていくことができません。

お寿司屋も無料で
食べませんよね、

コーチングも
無料でするべきではありません。

しっかり有料でセッションしてこそ、
改善して行くことができます。

前置きが長くなりましたが、
今日はそんな話です。

 

集客の前にするべきこと

 

では、

具体的に集客の前にするべきこととは
何でしょうか?

一度考えてみてください。

あなたは
集客する前にするべきことは
何だと思いますか?

まず、
やらなければならないことは、

あなたがターゲットとしていると見込み客の

「悩み」と
「理想の未来」を把握することです。

見込み客の「悩み」と「理想の未来」を
しっかりと把握していなければ、

集客しても、
商品を買ってもらえることはありません。

私の場合だと、

「コーチングで稼ぐ方法」を教えています。

見込み客は
「コーチングで稼ぎたい人」です。

もし、間違って
「コーチングのスキルを上げたい」
「セッションのスキルを上げたい」

と、思っている人が来ても、

私の商品は買わないでしょう。

スキルを上げたい人は、
稼ぎたいという悩みとは少し違うからです。

私のところに来て商品を買ってくれる人は、

「ビジネスの仕組みが欲しい」
「安定したクライアントを獲得したい」
「コーチングで稼ぎたい」
「集客をしっかりしたい」
「セールスを楽にしたい」

といった人たちです。

つまり、
この悩みを解決し、
理想の未来に行きたい人だけが
私の商品を買います。

この悩みをしっかり理解しなければ、

コーチングのスキルを上げたい人まで
集めたところで、

私がコーチングのスキルを教えることは、
ほとんどありません。

この部分をしっかりと
把握することが
集客する前にするべきことです。

そうしなければ、
集客しても、
出てきた商品が違うと買ってくれません。

あなたは
見込み客の悩みと理想の未来を
把握していますか?

把握していなければ
まずは、見込み客の悩みと
理想の未来を聞くことから
始めなければなりません。

そうしないと
いくら集客しても、
契約してもらうことができないからです。

 

商品が「悩みを解決し、理想の未来にいけること」

あなたの商品は、

「見込み客が悩みを解決し、
理想の未来にいけること」

が大前提です。

正確には、
理想の未来にいけなくても
大丈夫です。

結果は、
最終的にわかることで、

契約の時点では、
約束できないからです。

なので、もし契約満了時に、

クライアントが納得しなければ、

「返金します」と約束するだけでいいわけです。

重要なのは、

「見込み客が
本当に理想の未来にいきたいかどうか」

なのです。

ダイエットの例がわかりやすいので、
ダイエットの話をします。

痩せたい人は、
よくダイエットしたいと言いますが、

痩せること自体が目的だと勘違いしています。

しかし、
本当にダイエットしたいのは、

例えば、

「周りの人によく見られたい」とか、
「彼氏が欲しい」とか

「痩せたい」のではなく、
別のところに目的があります。

心理学的には、
「他人の目を気にしなくなる」ことで
痩せることができますが、

普通の人には、
物理的な痩せる方法が必要です。

このように、
見込み客が
「理想の未来」と思っていることが、

実はずれていることがよくあります。

そうなると、
コーチングセッションを続けていっても、

「あれ?何か違う」

となるわけです。

それを
クライアントが納得するかどうかは
わかりません。

なので、
「理想の未来に連れていけない」と
コーチが思うのではなく、

実際は、クライアント自身が

「理想の未来にたどり着いたかどうか」

を決めます。

なので、本質は、
「あなたが理想の未来に連れていけるかどうか」

ではなく、

「クライアントが理想の未来に行きたいかどうか」

なのです。

このことを見誤ると、
いつまでたっても、
セッションができないということに
なってしまいます。

先程のお寿司屋さんの話と同じで、
いつまでたっても
コーチングの看板をあげられないわけです。

クライアントが
セッションをうまいと思うのか、

下手くそと思うのかは
やってみるまでわかりません。

それに
クライアントが
理想の未来に行けるかどうかも
蓋を開けるまでわからないのです。

いけなくて
クレームになったら
謝り、返金すればいいわけです。

それを、
「セッション回数をこないしたから
結果が出ないのはお前が悪い」
という態度になると、
また、話がこじれてしまいます。

そこは素直に結果を受け止めて

「何が悪かったのか?」

正直に理由を聞くことです。

そうすれば、
サポート延長で解決することも
多いわけです。

そうすれば、
対価はいただけるということになります。

そして、
悪いところを直せば
スキルも上がるということです。

まずい寿司屋は潰れるのと同じで、
改善しないコーチは
ビジネスを続けることはできません。

クレームを言われるということは
「悪いところはここですよ」と
クライアントが言ってくれているわけです。

そんな悪いところを教えてくれるのは
神様ですよ。

そこを直せば、スキルが上がるのですから、
素直に神様が言っていることを
「ありがとう」と受け入れてください。

間違っても
「クレーマーだ、最悪」
とか言う態度になると

いつまでたっても
間違いを受け入れることができません。

それが感謝が足らない理由になります。

感謝が足らないと成功できません。

それは、
間違いを認めないからです。

せっかく間違いを教えてくれているのに、
相手のせいにして、直さない、

これでは
成功するものも成功できません。

ほとんどの人が成功できないのは、

「相手が間違っている」と

思ってしまうからです。

この点には、
気をつけてくださいね。

 

確信に変わるかどうかが成功への鍵

 

最後に、
ビジネスがうまくいくかどうかは

「確信に変わるかどうか」です。

私はよく宝くじの話をしますね。

もし、あなたが10億円の当たりくじを
手に入れたとしたら

どんなことをしても
換金に行くと思います。

どんなに離れていても、
どんなに予定が詰まっていても、
どんなに時間がなくても

換金に行くと思います。

その理由は
何だと思いますか?

宝くじを換金すれば、
10億円が手に入るという
確信があるからです。

では、
私が教えることで、
あなたが月収100万円を稼げるとしても、

なぜ、やらないかわかりますか?

それは、
確信が持てないからです。

私のクライアントは、
私に教わることで、
月収100万円を稼げることが
確信に変わっています。

ほとんどの人が、
「なぜ、クライアントにならないのかわからない」
とまで言います。

それは、
理由が2つあります。

一つは、
私が本当に月収100万円を
稼がせることができるのかどうか
確信がないということ。

もう一つは、
自分自身が月収100万円を稼げるという
確信がないということ。

この2つの確信が持てないのです。

この確信が2つ同時に持てないと、
私のクライアントになろうとは思いません。

私のことを信用しても、

「厳しいことを言われたらできそうにない」

と、思ってしまえば、

クライアントにはなりませんよね。

逆に、

「話がうますぎて、うさんくさい」

と思ってしまっても

クライアントにはならないと思います。

つまり、

私のことを信用し、
自分も稼げるという確信に変わると、

「申し込まないとおかしい」
ということになります。

私の体験セッションに来る人は、
この2つの確信を持って
体験セッションを受けています。

あなたがもし、
高額商品を売ることができないとしたら、

見込み客がこの2つの確信のどちらかが
欠けている状態なのかもしれません。

この2つの確信がかけてしまうと
なかなか契約にはならないでしょう。

そのためには、
あなた自身が自信を持って
クロージングすること、

そして、
見込み客自身が
しっかりと理想の未来を手に入れることが
できると確信してもらうことです。

そうしなければ、
契約まではたどり着きません。

最初から
まずい寿司じゃだめだろう
とは思わずに、

まずは契約してみることが
とても重要です。

契約してもらえなければ、

寿司がうまいのか、
それとも
まずいのかは
わからないのです。

あなたがもし、
コーチングがうまくない
と思い込んでいても、

「すごいです」

と言ってもらえることもあるわけです。

私自身いつも言っているのですが、

「コーチングは下手くそ」だと

正直思っています。

それをいうと

クライアントは

「いやいや、すごいですよ」

と言ってくれるわけです。

なので、
私はセッションを楽しむことにしています。

セッションを楽しむことができれば、
相手は受け取ってくれるわけです。

そして、
私のように
セッションが下手くそだと思っていても
結果が出ればそれでいいのです。

セッションの方法や進め方は
結果にはあまり影響しないわけです。

重要なのは、

クライアントが理想の未来に行けるという
確信をもってもらえるかどうか、

だけです。

クライアントになれば
クライアントももちろん、
理想の未来に行こうと努力します。

お互いが全力で努力すれば、
確実に理想の未来に行けるわけです。

あなただけが頑張っても
理想の未来にたどり着きません。

スキルを上げ続けても
有料で実践しなければ、

うまいかまずいかは
わからないのです。

それなら、
さっさとお金を受け取って
「まずい」と言われる方が
早くうまくなります。

早くうまくならないと、
ビジネス自体を続けていくことすら
難しくなるわけです。

まずい寿司屋は続けることができませんよね。

あなたも
まずいコーチではだめなわけです。

そのためには、
まずいと言われたところを直すことで

だんだん
「うまい」と言われるようになります。

それが、
あなたの役目です。

あなたの役目をさっさと見つけて、
有料でセッションしてください。

間違いなら間違いと
早く見つければ見つけるほど、
やり直すことができます。

やり直す時間がかかりすぎると、
どんどんお金の不安がやってきて
ビジネスを続けていくことができません。

それが
ビジネスで成功できない理由です。

出来るだけ早く失敗して
改善点を見るけることが
ビジネスのセオリーです。

ぜひ、
あなたもお金をもらって
セッションをしてください。

そして、
まずいといわれてください。

本当の勝負は
「まずい」といわれてからですよ。

いかがでしょうか?

コーチングで稼げないほとんどの人は
「まずい」といわれることが怖いわけです。

お金をもらっているとしたら
なおさら怖いわけです。

しかし、
確実にまずいといわれるかどうかは
やってみないとわからないわけです。

お寿司屋さんは、

食べた人が、うまいか、まずいかを決めます。

コーチングも
クライアントが、うまいか、まずいかを決めます。

自分でまずいと思っても
私のように「すごい」と言われるかもしれません。

だったら、
すごいことを楽しんだほうがいいですよね。

私は、
NLPを学んでいないし、

コーチングもマーケティングよりなので、
セッションは下手くそです。

しかし、
クライアントは結果が出ています。

それでいいんです。

結果が出れば、
ぶっちゃけ、なんでもいいんです。

それが
クライアントを助けることであり、
対価をもらえることになるのです。

ぜひ、
あなたも、
うまいか、まずいか、

さっさと試してみてください。

そうすれば、
きっと成功へと大きく近づきますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP