クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングにおけるセールスの重要性

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングにおけるセールスの重要性

 

今日は、

「コーチングにおけるセールスの重要性」

というテーマでお話します。

セールスは
コーチングビジネスでは絶対に必要です。

セールスなしでは、
契約を取ることはできません。

しかし、
セールスが苦手な人が
コーチング業界にはたくさんいます。

それはなぜでしょうか?

セールスすると

相手から
スキル不足と思われたり、

お金をもらうと悪いと思ってしまい、

嫌われるのではないかと、
とても気になるからです。

しかし、
現実はどうかというと、

セールスすることで
社会に貢献できるのです。

セールスすることは、
あなたが思っているように
相手に嫌われることはありません。

なぜなら、
セールスは、
相手の悩みを解決したり
理想の未来に連れて行くために
必要なことだからです。

相手の悩みを解決したり、
理想の未来に連れて行くことが
嫌われることでしょうか?

それだけでは嫌われることではありません。

嫌われると思ってしまうのは、
「お金」というものがあるからです。

「お金」は特別なものではありませんが、
「お金の価値観」によっては、
引け目を感じたり、
悪いなと思ったりするかもしれません。

セールスは
説得したり、
売り込んだりするものではありません。

あなたが過去に経験したセールスで
とても嫌な思いをしたとしたら
余計そういう感情になるでしょう。

しかし、
私が言っているセールスとは、

説得したり、
売り込んだりはしません。

相手に
「お願いします」と言われてから
商品説明をします。

そうすれば、
相手も納得している状態で、
話を聞いてくれるのです。

「結構です」と言われたら
「ありがとうございます」と言って
終了すればいいだけです。

相手に確認してセールスを進めるので
売り込んだり、
説得したりする必要がないのです。

それが本当のセールスです。

今日はそんな話をしてきます。

 

セールスの本質

 

では、
セールスの本質はどういったものでしょうか?

セールスの本質は、
見込み客に商品を買ってもらうことです。

ここまでは、
たぶん、稼げないコーチでも
同じだと思います。

しかし、

セールスは確認作業なので、
売り込んだり、
説得したりしてまで
商品を買って貰う必要はありません。

むしろ、
そんな状態で商品を買ってもらっても、
結果が出るはずがありません。

セッションをしていくうちに、
説得や売り込みをされたなら、
後悔や辞める理由を探し始めるからです。

最悪、クレームになります。

そうではなくて
セールスの時点で

見込み客が

「商品を欲しくてたまらない状態」

にしておけば、

「お願いします」となるわけです。

もし、あなたがセールスをして
断られ続けているとしたら

間違いなく
「あなたの商品を必要ではない人」に対して
セールスしています。

あなたの商品が必要ではない人に
いくらセールスしても
「いりません」と言われますよね。

商品を説明しても
いらない人は
いらないですよね。

それが
セールスで断られる理由です。

なにも
あなたが悪いわけではないのです。

もし、
あなたがセールスで断られ続けているなら
マーケティングを見直す必要があります。

 

マーケティングとは

 

マーケティングとは、
どんなことでしょうか?

マーケティングとは集客のことですが、
「見込み客を集めること」です。

見込み客は
「あなたの商品を必要としている人」なので、
マーケティングとは

「あなたの商品を必要としている人を集めること」
となります。

セールスで断られ続ける場合、
マーケティングで失敗しています。

集客の段階で
「あなたの商品を必要ではない人」まで
集めてしまっています。

そうすると
「いらない」と言われる可能性が高くなります。

最悪の場合
セミナーに10人集めたけど
全員に断られたということは
普通にあるのです。

なので、
マーケティングを見直してみてください。

きっと
「あなたの商品を必要としていない人」を
集めています。

 

セールスのときに何をするか

 

では、
セールスのときに何をすれば
成約率が上がるのでしょうか?

マーケティングが
しっかりできている状態だとすると

体験セッションでは
「確認作業」で終わります。

なぜなら、
目の前にいる人は、
「あなたの商品を必要としている人」
だからです。

もし、
断られる可能性があるとしたら
「そのうち客」の場合だけです。

今すぐ、あなたの商品を必要としているなら、
間違いなくセールスで
「お願いします」と言われます。

お金がない、
時間がないといった
どうしても今買えない理由がある場合は、
「そのうち客」なので
断られても仕方がありません。

その場合は、
理由を聞いてもいいと思います。

それ以外は、
商品説明をしっかりすることで、
あなたの商品を買ってくれるでしょう。

例えば、

あなた
「私のサポートが必要ですか?」

見込み客
「必要です」

あなた
「商品説明をしてもいいですか?」

見込み客
「お願いします」

あなた
「こんな内容ですがどうしますか?」

見込み客
「ではプラチナコースでお願いします」

という流れになります。

この中には、
説得や
売り込みは一切ありません。

なぜそうなるかというと
「あなたの商品を必要としている人」だけを
集めているからです。

例えば
私は稼げるコーチをために
商品を提供しています。

もし、
「コーチングのスキルを上げたい」と
思っている人が来たら

途中で
「ちょっと違う」と思うでしょう。

つまり、
私の商品が必要な人では
ありません。

メルマガを使って
私の商品を必要ではない人を
排除しているのです。

最後にメルマガリストに残っている人は
私の商品が必要な人だけです。

もちろん、
「今すぐ客」と
「そのうち客」がいます。

その中から体験セッションに来てくれた人の
わからないところや不安なところを取り去って、
納得の行く形で商品を説明して
契約してもらっています。

なので、
体験セッションでの成約率が高いのです。

当然ですが、
ここまで来るまでに
メルマガを何度も書き直し、

体験セッションの内容も
見直しています。

成約率をとことん高める改善を行ったから
成約率が高いのです。

魔法のクロージングシートがあるから

 

後、他の人と違うのは

「魔法のクロージングシート」があるからです。

私は、
クロージングトークシナリオと呼んでいますが、

クライアントからは
「魔法のクロージングシートですね」
と言われています。

このクロージングシートは
読むだけで契約が決まります。

相手がしてほしいことや
望んでいることが
相手の言葉で聞き取れるので、
本当に望んでいることがわかります。

そうするとどうなるかというと
「相手がほしい内容をサポートする」だけで
契約が決まるのですから、

サポート内容をそのまま口にするだけ
相手は契約してくれるのです。

このクロージングシートも
私が何度も何度も断られ続けた結果、
開発したシートです。

なので、
もしこれからコーチングで
稼いでいくとしたら

断られ続ける時間を大幅に
ショートカットできるシートです。

このシートを読んで
シートに書き込んでいくだけで
ほぼ契約が決まります。

私の場合は成約率が80%です。

残りの20%は
そのうち客なので仕方ありません。

このシートを
クライアントに配っていて、
これを見ながら
体験セッションをしてもらっています。

なので、
私と同じ体験セッションができる
ということです。

この再現性がある体験セッションだけでも
かなりの価値がありますね。

 

セールスは悪いことではないと理解すること

 

最後に
セールスは悪いことではない
ということを理解することです。

あなたの商品が
売れることで社会貢献になるからです。

あなたの商品は、
悩みを解決し理想の未来に連れて行く商品です。

そんな商品を販売することで、
社会の役に立っています。

このことをまず理解してください。

その上で、
あなたが社会貢献し続けるためには、
まず、生活できなければなりません。

そして
ビジネスとして大きくするためには
利益を上げなければなりません。

百均のダイソーも
100円とはいえ、利益を上げているから
成り立っているわけです。

別に
大幅値下げをしているわけではありません。

薄利多売でビジネスをしています。

私達は個人でビジネスをしているので
薄利多売には参入できません。

なので、
計算して利益が上がるように
ビジネスモデルを作るだけです。

あなたの商品で社会貢献できます。

あなたがビジネスを続けていけないと
多くの人が困るとしたら
どうでしょうか?

あなたが助けなければならない人が
たくさんいるのに、

コーチングで稼げないがばかりに
ビジネスとしてやっていけないとしたら

どんなに社会的な損失になるのでしょうか?

あなたがセールスすることは
悪いことではありません。

あなたがしっかりと
「あなたの商品を必要としている人」にだけ
セールスすることを心がければ、
全く問題ありません。

むしろ、
あなたの商品が必要な人に対して
あなたが商品を売らないほうが
残酷です。

あなたの商品を必要としている人に対してだけ
商品を販売し、

あなたは全力でサポートするだけです。

それでビジネスを続けていくことができます。

ビジネスを続けていくということは
社会貢献できるということです。

稼いだらしっかり税金を払えばいいのです。

それが社会貢献です。

ちまちま節税を考えても
ビジネスは大きくなりません。

稼いだら、
しっかり税金を払えばいいだけです。

それも社会貢献です。

あなたはセールスが怖いと
思っているかもしれませんが、

セールスするまでに
しなければならないことをしていないので
セールスが怖いと思っているだけです。

しっかりと仕組みを作れば
あなたの前に来る人は

あなたの商品が必要な人
あなたの商品が欲しい人

なのです。

ぜひ、セールスの重要性を理解して
社会貢献してください。

いかがでしょうか?

セールス自体は悪いことではないのですが、

断られる経験があると
どうしても恐怖を感じます。

また
売り込みや説得のセールスを
受けたことがあれば、

そんなことはしたくないと
思っているかもしれません。

しかし、
あなた自身が
売り込みや説得をしなければいいわけです。

そうすれば、
見込み客も安心して
体験セッションを受けられます。

「いらない」と言われれば、
それ以上セールスを続けないということも
大事です。

そのことをしっかり理解してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP