クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングを売っても売れない理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングを売っても売れない理由

 

今日は

コーチングを売っても売れない理由

というテーマでお話します。

稼げないコーチは、
コーチングを売ろうとしますが、
なかなか売れません。

コーチングという言葉を
ほとんどの人が知らないからです。

「コーチングをしますよ」

と言ったたところで、
興味を持ってくれる人は
いるかも知れません。

しかし、
お金を払ってまで
コーチングを受けたいかというと
そこまでは思わないわけです。

むしろ、
なんちゃってコーチングを
受けてしまったばっかりに、

「コーチングって効果ないね」とか
「コーチングを受けても仕方ない」とか

ひどい人になると
「コーチングって詐欺じゃない?」
という人までいます。

そんな人に
コーチングという言葉を出すだけで
拒否反応を示します。

だから
コーチングを売ってはいけないわけです。

今日は
そんな話をしていきます。

 

商品には興味がない

 

まず、人間は、

「商品には興味がない」

ということです。

前回お話した
マズローの欲求5段階説でも考えると、

人間は、
欲求を満たすために、行動します。

つまり、
欲求が手に入るなら、
お金を払ってでも
行動するわけです。

理想の未来を手に入れたいと思うから
コーチングを受けようとします。

別に商品がコーチングでも
コンサルティングでも、
カウンセリングでも
構わないわけです。

本人が、
理想の未来を手に入れたいと思うから
商品を買うわけです。

商品をいくら説明しても
買ってもらえないのは、
商品には興味がないからです。

商品説明を
細かくする人もいますが、
逆効果です。

その前に、
理想の未来を想像させて、
手に入ることがイメージできなければ、

商品を買ってまで
理想の未来を手に入れようとは思わないわけです。

それが
コーチングを売っても
買ってくれない理由です。

 

理想の未来を想像させる

 

では、
どうやったらコーチングが売れるのでしょうか?

コーチングを売るためには、
見込み客に

「理想の未来を想像させること」

です。

では、どうやったら

「理想の未来を想像してもらえるのでしょうか?」

それは、見込み客が

「どんな理想の未来を描いているのかを確認すること」

です。

見込み客がどんな理想の未来を描いているのかが
わからなければ、

コーチ自身も理想の未来には
連れていけません。

お金持ちになりたいのか、
ビジネスで成功したいのか、
結婚したいのか、
豊かさを手に入れたいのか、
人を助けたいのか、

見込み客によって
理想の未来が違います。

まずは、
理想の未来を明確にするために、
見込み客から聞き出すことです。

ここが曖昧だから、
クロージングがうまく行かないわけです。

コーチの仕事は、

見込み客から理想の未来を
明確に聞き出して、
ゴール設定をしてあげることが
一番最初に見込み客にしてあげることです。

実は
コーチの仕事は、
契約を貰う前から
始まっています。

体験セッションで
ゴール設定ができないと、
契約してまでゴールに行きたいとは思いません。

私の場合は、
ゴール設定をメルマガでするので、
体験セッションの前から
ゴール設定を行っています。

メルマガでゴール設定をして、
ゴールの行き方を教えることで、
理想の未来に行けることを
見込み客に明確にしているのです。

そうすると
理想の未来を手に入れたい人が
体験セッションに来ます。

ゴール設定をして
行くたくなるまでをメルマガでできれば、
コーチングを売ることは
それほど難しくありません。

メルマガの位置づけというのは
それぐらい重要なのです。

 

メルマガで理想の未来を想像させる

 

コーチングをスムーズに売るには

メルマガで理想の未来を想像させることが
一番簡単で早いです。

メルマガに登録してもらう時点で
すでに、理想の未来を振り分けています。

私の場合の理想の未来は、

「コーチングで稼ぎたいと思っている」

理想の未来です。

コーチングで稼ぐことではなく、
コーチングのスキルを上げたいと思った人は、
登録しませんし、

登録してしまっても
途中でメールを開けなくなるでしょう。

見込み客の理想の未来が違う場合は、
ゴールをイメージさせることができないので、

途中で、メールを解除してもらったり、
メールを開けないようにしてもらうことが
必要です。

そうしないと、
理想の未来を想像させることができません。

コーチングで稼ぎたくない人を
コーチングで稼がせようとするのは
難しいことです。

稼ぎたくないという
心のブレーキを踏んでいるのに、

「稼げるよ」

といったところで

心のブレーキを外してまで、
稼ごうと思う人はあまりいません。

ましてや、
高額なお金を支払うわけですから、

高額なお金を払ってまで、
稼ぎたいとは思わず、

「コーチングで効果ない」とか
「コーチングは詐欺」

と思うことで
辞める理由を正当化し、
やらないわけです。

そうではなくて、

「コーチングで稼ぎたい人」

だけを集めることで、

コーチングで稼ぎたいという
ゴール設定をしている人の中から

商品に興味がある人だけが
体験セッションに来る仕組みを作るわけです。

そうすることで
理想の未来が明確になり、

ゴールへの行き方も
メルマガでわかるので、

「理想の未来が手に入るかも」と思った人や

「理想の未来が手に入ってしまう」

と思ってしまう人までいるようになるわけです。

「理想の未来が手に入ってしまう」ところまで
想像できれば、

商品を買わない人のほうが
おかしいわけです。

その仕組みを
メルマガで作っているだけのことなのです。

この仕組みを自動化することで、
体験セッションで断られる確率は
格段に少なくなります。

私でも
体験セッションで断られるのは、
苦痛です。

しかし、
メルマガがあるおかげで、

「断る人はおかしいんじゃない」

ぐらいに思えているので、

断られても
受け入れられるわけです。

もちろん、
私もこれだけのメルマガになるまでは
何度も書き直しましたよ。

何度も書き直すことで
そんな売れるメルマガが出来上がるわけです。

出来上がると信じて書き直し続けたから
今のメルマガの仕組みがあります。

いきなり、そんな理想的な
メルマガの仕組みはできませんが、
続けていればいずれ出来上がります。

ビジネスは、
続けた人だけが、成功します。

あなたも
メルマガを続けることで
売れる仕組みを手に入れることができます。

ぜひ、
コーチングを売らないで、
理想の未来を売ってくださいね。

いかがでしょうか?

稼げないコーチは
コーチングという商品を売ろうとします。

そうではなくて
見込み客が思っている
理想の未来を売ることで
初めてコーチングが売れます。

このことをしっかり理解して
見込み客に

「理想の未来」を売ってください。

そうすると
結果的に
コーチングが売れるようになりますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP