クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ステップメールが稼げる理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ステップメールが稼げる理由

 

今日は

「ステップメールが稼げる理由」

についてお話します。

あなたは
ステップメールを運用していますか?

稼げるコーチは必ずステップメールを
使っています。

逆に言うと、
ステップメールを使っていない人は
全く稼げていません。

なぜだかわかりますか?

ステップメールは
「信頼関係を構築するツール」
だからです。

現在のネットの状況から
ネットで商品を買うには
「信頼関係」が必要です。

「信頼関係」が深ければ深いほど
商品は売れます。

コーチングビジネスのように
「形のない商品」を売るためには
「信頼関係」がないと売れません。

特に30万円以上の商品となると
全く売れないでしょう。

私のコンサルティングの商品は、
50万円以上します。

そして、
ほとんどの人が、100万円の商品を
選びます。

ネットからの集客で
これだけの商品が売れるというのは、
「ステップメール」があるからです。

ステップメールを読んで、
「この仕組みが欲しい」と思う人だけが
体験セッションに申し込むように作っています。

体験セッションではクロージングがあると
分かっていながら申し込むということは、
「商品がほしい」という感情に
なっているからです。

実際に体験セッションからの
成約率は80%を超えています。

つまり、
5人に4人が私の商品を買ってくれます。

それだけ
ステップメールが強力なツール
ということになりますね。

では、なぜ、
ステップメールがこれだけ強力なのか
お話していきます。

 

なぜ、ステップメールなのか

 

なぜ、ステップメールが
これだけ強力なのでしょうか?

それは、
「商品の内容を説明している」からです。

私のステップメールでは、
「商品内容」を
説明するステップメールになっています。

こんなことができる
こうしたら、こうなる

といった順番で説明しています。

そうすると、
読者がどうなるかというと、

方法がイメージできます。

方法がイメージできると
やりたくなるのですが、

ところどころ、
できない場所があります。

そのできない場所は
人それぞれ違いますが、

なかなかうまくいきません。

最終的に、
私のコンサルを受けてみたくなるのです。

この内容を説明することで
読者との間に「信頼関係」ができ、
体験セッションの申し込みとなります。

体験セッションでは、
私のコンサルを受けることが決めていて、
サービス内容の最終確認をする人が
ほとんどです。

その部分さえ安心できれば、
「契約します」とお願いされます。

なので、
成約率が80%以上になります。

契約しない人は
「お金の理由」がほとんどです。

私は、3ヶ月もすれば、
取り戻せるからと一旦譲歩しますが、

それでも無理な場合は、
契約をしません。

「お金の理由」がある人は、
「お金のブロック」があり、
高額商品を売ることができないからです。

高額商品を売ることができなければ、
取り戻すことは難しいでしょう。

なぜなら、
安定して100万円以上を
売上げることができないからです。

あなたがもし、
100万円の商品を買うことができないのに

100万円の商品を
売ることができるでしょうか?

たぶん、難しいです。

お金には「器」があります。

出る方も入ってくる方も同じ器なので、
大きさは同じです。

100万円を払える人は、
100万円を受け取ることができます。

100万円を払えない人は、
100万円を受け取ることができません。

先に
受け取れるようになるのは難しいので、

まずは、
払う方から慣れないといけません。

なので、私は
100万円のコンサル料が払えるのであれば
100万円稼げるよ

と説明します。

お金のハードルを置くことで
その人が本当に稼ぎたいと思っているか
どうかの器も測っているのです。

そんなことができるのも
ステップメールがあるからです。

では、
ステップメールの作り方について
説明していきます。

 

ステップメールの作り方

 

ステップメールは、
商品説明をするために使います。

商品説明とは、

現在のクライアントの悩みから
理想の未来に連れて行く
「階段」をイメージして作ります。

現在のクライアントの悩みが
スタート地点です。

そしてゴールが理想の未来になります。

私の場合は、

ビジネスを組み立てる上で

マインドセット
ポジショニング
ビジネスモデル
マーケティング
セールス

といった順番があるので、

この順番で、
ステップメールを作っています。

この順番を理解してもらうことで、
ビジネスに対する説明が
終わってしまいます。

なので、
私のステップメールを全部読んだ人は、

それなりにやりたいことが明確になり、
ゴールも想像できるようになります。

しかし、
ほとんどの人が、

「その間をどうしたらいいのか」

で立ち止まります。

それを解消するのが、
体験セッションです。

体験セッションでは、
立ち止まっている理由を聞いて
解消してもらいます。

そうすると、
私の商品を買うことで、
ゴールに辿り着くイメージが
出来上がるので、
契約してくれます。

この商品説明が
しっかりとできていないステップメールは

ただのスキルアップになっていて、
ゴールが明確ではありません。

ゴールを明確にすることで、
ステップメールが機能するのです。

ただ、それだけでは
ステップメールが最強にはなりません。

私のステップメールには
ある仕掛けがあります。

この仕掛けによって
ステップメールが爆発的な威力を
発揮します。

次はその仕掛けについて
説明していきます。

 

ある仕掛けによって、ステップメールは強力になる

 

ある仕掛けとは何だと思いますか?

ある仕掛けとは、「課題の提出」です。

私のステップメールは
「課題の提出」があります。

なぜ、課題があるのかというと、

「本気の人にしか内容を公表しない」
「課題も提出できない人は
一緒にビジネスしても成功させられない」

という理由からです。

まず1つ目は
「本気の人にしか内容を公表しない」
ということです。

登録した人が、
「本気で成功したい」としたならば、
どんな難しいことでもやるはずです。

「ビジネスで成功したら良いな」
ぐらいの人ならば
ビジネスで成功することはありません。

本気ではない人にまで
私のノウハウを教えたくはないのです。

もちろん、
教えたところで実践しないので、
成功できないのですが、

へたに、ノウハウを教えて
体験セッションを受けるところまでいっても

コンサルティングは断るので、
時間の無駄になります。

時間の無駄を避けるために、
ふるいにかけているのです。

このふるいがあるからこそ
体験セッションの成約率が
80%を超えているのです。

2つ目の
「課題も提出できない人は
一緒にビジネスしても成功させられない」

という内容ですが、

ビジネスで成功するのは、
私ではなく読者自身です。

読者が本気でビジネスに望まなければ、
成功することは無理です。

私が課題を出しているのにもかかわらず、
あんな簡単な課題さえ出せないとしたら、

これから壁になる大きな課題は
クリアできないでしょう。

なので、
そんな時間も使えないほど、
ビジネスに向き合っていないとしたら、
私以外の人に
学んで成功させてもらってください。

そんな理由があり、
課題を設定しています。

なので、
課題を提出して、最後まで来た人は、
本当にやる気があって
体験セッションに申し込みます。

最後までいっても
体験セッションに申し込まない人は、

「お金がない」か
「自信がない」か

どちらかでしょう。

体験セッションではクロージングされるのは
分かっているので、

「クロージングをされるのが嫌」なのか

それとも
「実際にやっていく自信がない」からなのか

このどちらかです。

その他の人は、
やる気満々で体験セッションに申し込み
私と一緒にビジネスをしていってます。

課題を提出しない人は、
次のステップメールには進めずに、
通常のメールマガジンに移行するように
なっています。

この通常のメールマガジンも一定数
開けてくれているので、
いろいろと学んでくれていることでしょう。

いずれ、
私と一緒にビジネスをする日が
くるかもしれませんね。

ただ、私もステップメールをテストしています。

課題がないバージョンも実は存在します。

現にこのメールマガジンを
読んでくれてる人で

「課題なんかあったかな?」と
思っている人もいるはずです。

その人は、
「同じ内容で課題なしバージョン」の
ステップメールに登録した人です。

課題はありませんでしたが、
毎回ワークがあり、
ワークをした人だけが
受け取れる特典がありました。

ただ、
そのワークの提出もなかったので、
強制的に「課題」として
提出してもらえるほうが、
本気の人だけが前に進むことになるのが
わかりました。

なので、今は、
課題のあるステップメールを使っています。

「課題」を設定したことで、
安定して、3人のクライアントを
獲得できるようになりました。

そういった理由から
私のクライアントに
作ってもらっているステップメールも
「課題あり」にすることが多いです。

課題を提出する人だけが
体験セッションにたどり着き

体験セッションに辿り着く人は、
ほとんどが本気の人だということです。

なので
体験セッションでは、
クロージングはほとんどしません。

相手から
「契約したいんですけど」
と言われます。

そして、
クライアントになった後日談で

「そんな説明いらんから、
早く契約書出してと思ってました」

と言われます。

私は念の為、
慎重に手順を踏んでやるので、

早く契約したい人は
「時間の無駄」に感じるようですね。

でも、
もしものことがあるので、
クロージングも一応やろうとしますが、

体験セッションからの
特別価格だけ説明すると

だいたい、安心して契約してくれます。

私もコンサルティングを長くやっていますが
以前のステップメールでは、
体験セッションに来られても50%ぐらいの
成約率でした。

今は80%を超えているので、
体験セッションに申し込みがあれば、
ほぼクライアントに決定しています。

なので、
今では焦りも不安もありません。

これができるようになったのも
「課題を設定したから」です。

同じ内容で
「課題あり」と「課題なし」で
テストをしたので間違いありません。

この「課題を設定すること」で
爆発的に成約率が伸びました。

 

いかに、ステップメールに登録してもらえるのか

 

ビジネスはゴールから考えるので、

「成約率80%の体験セッション」から
考えます。

次は、
ステップメールから
体験セッションに何人連れてこれるかです。

私の場合は、
概ね10人に1人は
体験セッションに来るので、

1ヶ月で30人が登録してくれれば、
3人は体験セッションに申し込んでくれます。

そのうち、
2人か3人が契約するということです。

30人の登録は、
ブログとPPC広告で行っているので、
安定してクライアントを獲得できている
ということになります。

この仕組みが出来上がれば、
「安定して自動的にクライアントが獲得できる」
仕組みになります。

しかも、
平均単価80万円以上です。

この仕組みがほしいという人が、
体験セッションに申し込みます。

そして、
3ヶ月ほどで30万円の契約を獲得し、
6ヶ月後には、月収100万円を獲得する

という流れになります。

どんなビジネスでも
ブログ
メルマガ
体験セッション

という流れを作れば、

その間に「信頼関係」が出来上がり、

契約してもらえます。

この「信頼関係」を作ることが
メルマガの役目であり、
ステップメールのキモの部分です。

ステップメールで
理想の未来を想像させることが
「信頼関係」を作ることになります。

もし、
ステップメールを運営していても
体験セッションに申し込みがないとしたら、

それは、
ステップメールの中身が
見込み客の欲しい内容ではない
ということです。

いくらステップメールを運営していても
稼げない人はいくらでもいます。

それは、
見込み客のニーズ、お客さまのニーズに
あっていないからです。

「ニーズに合っていない」と言われている
ステップメールを運用し続けても
体験セッションには誰も来ません。

その事実を受け入れて、
ステップメールを書き直すことが必要です。

あなたのステップメールからの
体験セッションへの
申し込み率はどれぐらいですか?

10人登録があって、
1人も体験セッションに来ないのであれば、
要注意です。

20人登録があって
1人も体験セッションに来ないのであれば、
全変更が必要になります。

その後、
体験セッションに10人来て、
1人も本契約にならないとしたら、

ステップメールもクロージングも
見直さなければなりません。

あなたは今、どんな状況でしょうか?

しっかりと現状を把握して、
改善を繰り返してくださいね。

ステップメールは
一度作ったら終わりではありません。

何度も何度も書き直す必要があります。

しっかりと結果が出る
ステップメールにしていってくださいね。

いかがでしたか?

ステップメールは
ビジネスの要です。

ここがうまく可動しないと、
全てが台無しです。

ぜひ、
しっかりとステップメールを作って

成約率がアップするように
改善してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP