クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ビジネスのやりたいことやりたくないことを理解する

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ビジネスのやりたいことやりたくないことを理解する

 

ビジネスのやりたいことやりたくないことを理解する

 

今日は
ビジネスのやりたいことやりたくないことを理解する
というテーマでお話します。

私のところに相談に来る人の中には、

「ビジネスで稼ぎたいんです」

という内容も多いです。

ほとんどの場合は、
稼げない理由を説明します。

しかし、
本当の理由は、
もっと別のところにあります。

別の理由を気づかない限り、
ビジネスで稼げるようにはなりません。

なぜなら、
それが本当の理由だとしたら、
それを直せば、稼げるようになるからです。

しかし、
自分が理由だと思っていることは、

やりたくないことだったり、
できないことだったりします。

その場合は、
自分でなんとかするか、
お金で解決するかしかありません。

それなのに、

自分ではやりたくない、
お金も払いたくない。

でも成功したい。

となると、
成功できるはずがありません。

他に方法がないからです。

やりたくないことを
無料で他人にやってもらうとしても
その程度のものしか出来上がりません。

お金を出さないのであれば、
価値も手に入りません。

それが、
ビジネスを成功できない理由です。

ビジネスを成功させるためには、
投資が必要です。

スキルを上げることも投資だし、
ホームページや広告を出すのも投資です。

この投資できる力がないと、
なかなかうまくビジネスが回らないわけです。

稼げない人は、
投資する方法もわからないし、
お金も使いません。

それが
稼げない理由です。

今日はそんな話をしていきます。

 

ビジネスのやりたいことやりたくないことを理解する

 

まず、
ビジネスが上手く行かない理由の中に、

「やりたくないことが含まれている」

ということに気づくことです。

例えば、

コーチングで稼ぎたいと思っていながら、

「お金を請求できない」

という人がいます。

コーチングを受ける人にとって

「お金を請求されない」としたら、

あなたのコーチングの価値がわかりません。

値段がわからないことには
検討する余地もないわけです。

これは、
あなたのコーチングを受ける以前の話です。

ほとんどの人は、

まずは、

「値段で価値を判断する」

からです。

自分がこれぐらいの価値が欲しいと
思っている値段があります。

お寿司を食べるとしたら、

味はともかくまずは、

値段を検討するはずです。

回転寿司にするのか、
ちゃんと握ってくれるところにするのか、

お店に入る前に検討しますよね。

そして、
実際にお店に入って、

うまかった、
まずかった、

となり、

まずい場合は2度行かないわけです。

コーチングも同じでまずは、

「値段を提示する」

ことがとても大事です。

高いか、安いかは、
お客さまが決めます。

100万円のセッションでも
妥当の価値だと思う人がいるから
私の商品を買ってくれる人がいるわけです。

私の商品が売れていないとしたら、
会社を運営することができないので、
それなりに売れています。

ということは、
100万円の価値を
妥当だと思うのか、
それとも
価格が安いと思ってくれているわけです。

そのためには、
まずは、

こんな商品で
この価格です。

とお客さまに伝えなければなりません。

お客さまに商品の価格を請求できないとしたら、
頼みたくても頼めないということになります。

これが
ビジネスで稼ぎたいと思っても、
お金を伝えることができない

状態です。

あなたが価格がわからない状態で、

「売ってください」

というでしょうか?

それこそ、
ステップメールでしっかりと
商品を説明し、
信頼関係ができていれば、

「もうこの人の商品しかない」

と思ってもらえるでしょう。

私の場合も

たいていの場合は、

「安達先生のセッションを受ける」

ということを決めて
体験セッションを受けてくれる方が
非常に多いわけです。

100万円以上の価値がある

と思ってくれているからこそ、
体験セッションでは、
それほど、無理なクロージングが必要ないわけです。

しかし、
稼げないコーチは、

信頼関係を作ることもせず、
商品もわからない状態で、
商品を買ってもらおうとすることが多いです。

しかも、
値段の提示無しでです。

それでは、
検討の余地がないということです。

つまり、
稼げない理由は、

スキル不足でもなく、
経験不足でもなく、
差別化ができていないわけでもなく、
集客ができていないわけでもないわけです。

ただ、

「値段を請求していないだけ」

なのです。

それを
稼げない理由が

「集客ができないんです」とか
「差別化ができていないんです」

と自分が考えている理由を言ったところで、

解決策にはなりません。

私が

「お金を受け取れますか?」

と聞くと、

「難しいです」とか
「無理です」

というわけです。

5000円や1万円の単価で
セッションを続けても
稼げないことはこのメルマガで
散々言ってますよね。

それは、

「お金を受け取れる許可を出していないだけ」

です。

自分自身が
やりたくないこと、

今回は
「お金を受け取りたくないこと」

を直さなければ

稼げるようにはなりません。

お客さまが、

あなたに

「お金を払いたいんです」

と言ってくれるわけではないんです。

あなたが
しっかりと価値を提供し、

「値段はこれだけです」

と言わなければ、

お客さまが買いたくても、
買えないわけです。

その結果、
あなたが稼げていない状態を
作り出していることになるのです。

 

やりたくないことを手放す

 

ビジネスで稼ぐために基本は、

「やりたくないことを手放すこと」

です。

先ほどの例で行くと、

「お金を請求できない」
「お金を受け取りたくない」

ということを手放すということです。

ほとんどの稼げないコーチは、

お金を受け取りたくないけれど
稼ぎたい

と思っています。

どうやったら
お金をスムーズに払ってくれるように
ならないか

と考えているわけです。

お金を請求するのは、

はしたない、
嫌われる、
嫌がられる、
拝金主義

と思われるのが嫌なので、

相手が

「払ってもいいな」
「失敗してもいいな」
「ダメ元で」

と思ってくれるような値段にすればいいと
考えて、

値段を安くするわけです。

しかし、
ビジネスは売上を作ってなんぼです。

個人事業主の場合は、

生活費から逆算して
売上をつくなければ
プロコーチとしては失格です。

生活費が30万円必要ならば
まずは30万円の売上を作るために、
商品を作る必要があります。

30万円の商品を1人に売るのか、
15万円の商品を2人に売るのか、
10万円の商品を3人に売るのか、

考えなければなりません、

3人以上の集客が必要な単価設定をするのは
間違いです。

なぜなら、
稼げていないのに、
毎月3人以上の

あなたの興味がある人を集めること

はとても難しいからです。

なので、
集客人数は3人以下の単価設定をしなければ
稼ぐことはできません。

この単価設定をした場合の商品の価格を
受け取れない場合は、

稼ぐことができないのです。

お金を受け取れない、
集客もできない

となれば、
稼げなくても当然です。

お金を受け取れるようになれば、
30万円で1人でもいいし、
逆に60万円にして
2ヶ月に1人でもいいわけです。

人数が少ないほうが、
集客が楽なわけです。

そのことを
理解しないと、
ビジネスはうまくいきません。

そのためには
やりたくないことを手放すことも必要です。

 

お金を受け取りたくないを手放す方法

 

では、今回は

「お金を受け取りたくない」

を手放す方法をお伝えします。

お金を受け取りたくないを手放すには、

まず、

「お金を受け取りたくない」と

思っていることを認めるということです。

お金を受け取りたくないことを
認めることで、

「こんなブレーキがある」

と理解できます。

まずは、
お金のブレーキがあることを
知ることから始めます。

お金を受け取りたくないを
認めた後で、

「お金を受け取ってもいい」

と自分自身に許可を出します。

完全に許可できれば

何十万円でも
何百万円でも
受け取れるはずです。

このときに

「でも」
「だって」
「どうせ」

という言葉が思い浮かぶときは
まだ許可が出ていないということです。

でも、スキルが足らないからとか

だってスキルが足らないからとか

どうせ、私のスキルが足らないから

といった言い訳が出てくる場合は、
まだ許可が出ていないので、

しっかりと許可をさせるまで
毎日許可を出し続けてください。

そうすれば、
お金を受け取れるようになり、
ビジネスで稼げるようになります。

私のクライアントも、
最初はこのワークをします。

お金が受け取れなければ、
いくら売れる商品を作っても
売れる仕組みを作っても、
稼ぐことができないからです。

せっかく簡単に100万円を稼げるのに、
お金を受け取れないので、

「1万円しか稼げません。」

という人が
たくさんいます。

そんな人は、
お金を受け取る許可を出すだけです。

なのに、
本人は
スキル不足だ、
経験不足だ、
差別化ができていないだ、

というわけです。

そんなところに解決策はありません。

あなたもしっかりと
やりたくないことを手放して、
ビジネスを起動に乗せてくださいね。

いかがでしょうか?

ビジネスでやりたいことばかり
追い求めていませんか?

ビジネスが成功するためには
やりたくないことを先に手放さなければなりません。

それができないから、
いつまでたっても
稼げるようにはならないのです。

そのことをしっかり理解しないと、
なかなかうまくいきません。

ぜひ、
この内容を理解していただいて、
ビジネスにつなげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP