クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ビジネスモデルの重要性

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ビジネスモデルの重要性

 

今日は

「ビジネスモデルの重要性」

というテーマでお話します。

昨日のセッションでは、偶然
「ビジネスモデル」がテーマでした。

今まで経験してきたスキルを
どのようにお金に変えていくのか。

これがイメージできないと
ビジネスはうまく回りません。

昨日のクライアントには、
その人の過去の経験を生かした
ビジネスモデルを提案しました。

2ヶ月ほど、
テストをして、
ビジネスモデルが本稼働する予定です。

ビジネスをする上で
ビジネスモデルは

「お金がどのように流れてくるのか」

を決める部分になるので、
とても重要です。

稼げないコーチは

「対面セッションフィーがいくら」
と決めがちですが、

それだと、
マンツーマンセッションになるので、
時間労働と同じです。

より多く稼ごうとすると
リバレッジをきかさないと、
なかなか大きく稼ぐことは難しいです。

今日はそんな話をしていきます。

 

ビジネスモデルにはどんな形があるのか

 

では、

今日は

「ビジネスモデルにはどんな形があるのか」

お話していきます。

コーチングにおけるビジネスモデルは
そんなに多くありません。

セッション型
グループセッション型
セミナー型
協会型
コミュニティ型

これらのビジネスモデルを使っている人が
多いですね。

順番に説明していきます。

セッション型というのは、

あなたもご存知の
「対面セッション」や
「ズームでセッション」のように、
1対1で行うセッションです。

セッション単価を決めて
契約し、コーチングを行う形ですね。

セッション単価は安い人で
1000円ぐらいから
高い人だと、100万円単位になります。

稼ぎたい月収から逆算して
セッション単価を決めて、
クライアントの獲得人数を決めます。

月収100万円なら
単価1万円だと、100セッション

5万円だと20セッション、
10万円だと10セッションです。

月に2回セッションするとすれば、
セッション数の半分が獲得すべき
クライアントの人数になります。

単価1万円だと50人、
5万円だと10人
10万円だと5人
となるわけです。

次にグループセッション型を説明していきます。

 

グループセッション型のビジネスモデル

 

グループセッション型は、

文字通り
「グループでセッションする」

ということです。

6人ぐらいまでのグループを作り、
順番にセッションしていきます。

コーチであるあなたが、
グループの1人に対して、
セッションを行います。

その間、セッションを見ることができ、
他の人がどのような悩みを持っていて、
コーチがどのように解決するのかを
体験することでいろいろな学びがあります。

そして、
他の人が相談する悩みは
将来直面する悩みだったり、
過去に経験した悩みであることが多いです。

このグループセッションも
引き寄せの法則が起こるので、
あまり関連性のない人が集まりません。

セッションの時間は
半日から1日とします。

半日の場合、
セッション時間が3時間ぐらいですね。

6人とセッションするわけですから
だいたい1人30分程度となります。

1回の単価は
安い人で5000円から
私の場合は3万円以上いただきます。

3万円としたら
3万円×6人で18万円の収入になります。

半日で18万円としたら
なかなかいいビジネスモデルですよね。

午前、午後と2回セッションすれば、
36万円。

毎週土曜日にやるとすると
36万円×4週で144万円になります。

グループセッションをするだけで、
100万円以上のビジネスモデルを
作ることは可能です。

成功している人の多くは
対面セッションだと
セッションフィーが高くなりすぎるので、
グループセッションで行っていることが多いです。

 

セミナー型のビジネスモデル

 

セミナー型のビジネスモデルは、

一度の数十人から数百人を相手に
セミナーをすることで、
スキルを提供するビジネスモデルです。

◯◯塾といわれて
提供している方もいます。

一度に数百人規模で
教えることができるので、
全体的な底上げをすることができます。

初心者から中級者までを
ターゲットした商品が多いですね。

セミナー型とグループセッション型を
組み合わせることもできます。

月に1回、
講習があり、
フォローアップ的に
グループセッションが組まれている、

そんなビジネスモデルもあります。

セミナー型は、
多くの人が集まるので、

単価10万円でも、
100人集めることができれば、
これだけで1000万円売り上げることができます。

ある程度、
リストが集まり、見込み客が一定数いる場合は、
セミナー型は有効です。

 

協会型のビジネスモデル

 

協会型のビジネスモデルは、

お花やお茶に代表される
「家元制度」を現代版にアレンジした
「新家元制度」と呼ばれるビジネスモデルです。

一般社団法人を作り、
協会を作ります。

協会では資格を発行し、
資格を1年更新で、お金をいただきます。

協会では、

資格保有者、
インストラクター
上級インスタクター
理事長

という階層があり、

まずは、資格を取ってもらいます。

その資格を教えたい人は、
インストラクターの資格を取ります。

インストラクターを教えるインストラクター
つまり上級インスタクターも
必要になるでしょう。

理事長のポジションは、
上級インスタクターの品質が下がらないように
セッションをします。

このような仕組みを作ることで、
資格発行の維持費として
毎年一定金額を協会に払ってもらいます。

協会は、
認定資格として、
生徒を集めたり、普及活動をしていきます。

そうすることで、
協会全体がうまく回っていきます。

協会に参加するメリットは、

できている協会に参加するのではなく、
協会を作る側に回らないと、
いつまでも協会にお金を支払わなければなりません。

なので、
私も近い将来協会ビジネスを始めますが、
現在のクライアントにはそれなりの
ポジションに収まってもらうつもりです。

協会型は、
安定収入を得られるので、
仕組みが出来上がれば、かなりメリットがあります。

ぜひ、あなたのビジネスモデルでも、
協会をつくるところまで行ってくださいね。

 

コミュニティ型のビジネスモデル

 

最後に紹介するのは、
コミュニティ型のビジネスモデルです。

最近、ネット業界では
流行りのビジネスモデルです。

「◯◯サロン」という
言い方をしている人もいます。

月額課金のビジネスモデルです。

一定額のお金を払うと、
サイトに参加でき、
スキルを学ぶことができます。

コミュニティ内では、
情報交換もでき、
セミナー動画から学んだりもできます。

グループセッションや対面セッションの
オプションが付いている場合もあります。

月額1万円ぐらいから運営すると
100人集まれば、
毎月100万円の収入が確保できます。

安定して収入があると、
ビジネスが安定するので、
ぜひ、やってほしいビジネスモデルです。

コミュニティ型をフロントエンド商品
対面セッションをバックエンド商品としても
扱うこともできますね。

クレジット連動型にすれば、
毎月入金確認も
システムがやってくれて、

払っていない人には
コミュニティに入れない仕組みも作れるので、
いちいち入金確認も必要ありません。

ひとりでも会員がいれば、
コンテンツを提供しないといけませんが、

逆に100人であろうが、1000人であろうが
コンテンツを作る作業は同じ労力なので、
多くなればなるほどメリットがあります。

 

複数のビジネスモデルを組み合わせる

 

今回紹介したのは、
ビジネスモデルの一部です。

これらのビジネスモデルを
うまく組み合わせて、
ビジネスを回していきます。

3つぐらいのビジネスモデルを
組み合わせて作ると、
ひとつのビジネスモデルが衰退したときにも
安心ですね。

3つのビジネスモデルを
それぞれ100万円稼げるビジネスモデルに
するだけで
300万円の月収が確保できます。

そう考えていくと
ビジネスを作るのは
それほど難しいものではありません。

まずは、
対面セッションでしっかりと
稼げるようになったら

次は、グループセッション

その次は、コミュニティと

順番に作っていけばいいだけです。

その頃になると
お金が回ってきているので、

お金を使って
構築も可能です。

いつも言ってますが、
ゼロからイチが一番難しいです。

少しでも稼げるようになったら、
後はそれをどんどん回していくだけなのです。

それがわかると
ビジネスも簡単になってきます。

ぜひ、
あなたのビジネスにお役立てくださいね。

いかがでしょうか?

昨日のセッション終了後、

妻が別の打ち合わせに参加していて、
以前、お世話になった
自己啓発系のグループの人達と
一緒にしゃべっていました。

そこに合流したのですが、

ネットワークビジネスに
誘われていたようです。

トップ1%の富裕層に会えるんだけど、
会ってみない?

と言われました。

私は、今はトップ1%には全く興味が無いので、

「時間がもったいない無いので興味がない」

と言いました。

妻も興味がないからと言って
断っていたようですが、
しつこくねばられていたようです。

なので私は、

ネットワークビジネスもいいけど、
所詮他人の商品を売るだけやろ。

自分の商品を作ったり、
売ったりできないだけ。

他人の商品を売っている限り、
他人のルールに基づいて
ビジネスしているからいずれ
できなくなる。

自分の商品を作って
自分で売ると、
商品に自信もあるし、
自分がルールを作れる、

そして、利益も最大になる。

そういうと、
3人いたのですが、
黙り込んでしまいました。

そんなちっぽけな商品を扱うなら
自分のビジネスで勝負したら良い
と思うのですけど、
わからないんですよね。

今日の朝も
LINEが来てましたが、
興味ありませんから。

今は、
私のクライアントを全力で
成功させるだけです。

そうすることで、

自分も幸せになり、
クライアントも幸せになり、
クライアントの周りの人も
幸せになります。

そんなビジネスをしていきますので、
今後もよろしくお願いします。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP