クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

今のままでよいのか確認する

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

今のままでよいのか確認する

 

今のままでよいのか確認する

 

今日は

今のままでよいのか確認する

というテーマでお話します。

これは、
コーチにも
クライアントにも言えることですが、

「今のままでよいのか」

確認する必要があるということです。

例えば、

「お金持ちになりたい」

と思ったとします。

そのときに、

お金持ちにはなりたいけれど、
今のままでもいいのか、

それとも
本当に今と変わりたいのか、

というのは

とても重要なことです。

今のままで良いなら、

いつもいうように、

やりたくないことや
できないことは
やりません。

そこまでして、
お金持ちにはなりたいとは
思っていないからです。

しかし、
本当に変わりたいのであれば、
なんとかして
変わろうという努力をします。

この、

「今のままでも良いのか」

という確認をしなければ、

今のままでいいのに、
コーチングをいくら頑張っても
結果が出ません。

このことを理解していなければ、
商品も売れないのです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

本当に変わりたいのかどうか

 

まず、
コーチングの契約を取りたいのなら、

「本当に変わりたい人」

をクロージングすることです。

先程書いたように、

今のままでもいい

と思っている人が、

「お金持ちになりたい」

といったことを
真に受けてクロージングしても、

お金がない、
時間がない、
自信がない

といって断られます。

私はいつも、
覚悟がないと成功しない
と言っていますが、

本当に変わりたいかどうかは
とても重要なのです。

何一つ不自由せず、
普通に生活できている人が、

嫌なことやできないことをしてまで、
ひとつ上のステージには
行こうとはしません。

今の状態が
居心地がいいのに、
いくら変わりたいといっても、
コンフォートゾーンを出るはずがないのです。

そんな人に向かって、
コーチングをすすめても
契約にはならないでしょう。

体験セッションをしたところで

「スッキリしました」

といわれるのは当たり前なのです。

そうではなくて
クロージングをする前に、

本当に変わりたいかどうかを
確認することです。

この作業が抜けていると、

「こうなりたいんだけど」

とは言われるけれど、

契約してもらえない、

ということになります。

コーチングがうまいけれど、
契約が取れない人は、

ほぼ、この状態を
続けています。

なので、

本当に変わりたいかどうかを
確認することで

契約が取れるようになったりします。

 

本当に痛みを感じているかどうか

 

次に重要なのは、

抱えている悩みが

「本当の痛みを感じているかどうか」

です。

例えば、

「旦那が稼がない」

という悩みを抱えている女性がいるとします。

このときに、

愚痴を聞いてあげて

「スッキリした」

と言われたら

その程度の悩みだということです。

「愚痴を言ってスッキリした」

と言われるぐらいなら、

「お金を払ってまで解消したい悩みではない」

ということになります。

そうなると

わざわざ30万円を払ってまで
コーチングは受けないでしょう。

お客さまにアンケートをとり、

「スッキリした」

と書かれているうちは
稼げません。

旦那が稼げないという悩みであっても、

離婚してでも解決したいとか

弁護士を雇ってでも解決したい

となってくると、

コーチングにお金を払って解決したい

ということになるでしょう。

コーチングは、

女性の井戸端会議ではありません。

「スッキリした」

という感想をもらっているうちは、

本当のコーチングではないのです。

そんなコーチングをしているうちは、
残念ながら稼げるようにはなりません。

なぜなら、
お金を払ってまで
解決したいとは
思っていないからです。

お金を払ってまで
解決したいほどの痛みを
抱えていなければ、

お金を払ってもらえないのは
当たり前の話です。

お客さまが本当に
お金を払ってでも
解決したいかどうか

しっかりとした
確認が必要になります。

 

体験セッションでやるべきこと

 

では、
契約が決まる体験セッションとは
どんな体験セッションでしょうか?

私の場合は、
メルマガですでに信頼関係ができているので、

不安を取り除き、
悩みを聞き出して、
解決したいかどうか聞くだけです。

一般的な体験セッションで
契約が決まらないのは、

信頼関係が
短時間に築けないからです。

短時間で信頼関係を築くためには、

かなりの傾聴のスキルが必要です。

今回は、
傾聴のスキルがある前提で話をします。

傾聴のスキルがあると

悩みを聞き出して、

どう解決したいのかを
聞き出すことができるはずです。

どうなったら理想なのか、

ということがわかれば、

あとは、

本気で理想の状態になりたいかどうか

だけの話です。

本気で理想の状態になりたいのがわかったら
最後は、

「お金を払ってでもなりたいのか」

確認して

なりたければ、契約ということになります。

体験セッションで契約が取れない人は、

悩みを聞き出したあと、

「どうやって解決するのか」

を説明してしまうので、
契約に至りません。

コーチがどうやって解決するかではなく、

お客さまがどうなりたいのか、

が重要なのです。

多くの稼げないコーチは
自分がどうやって
セッションをするのかを
詳しく話します。

しかし、
お客さまは
そんなことには興味がありません。

お客さまは
理想の状態になりたいだけなのです。

ここを勘違いしているから、
契約が取れないのです。

お客さまに寄り添うということは、

お客さまの理想の状態に
お客さまが望んだ方法で
連れて行くことです。

このことに
気が付かないと、
コーチばかりしゃべって
説得していることになります。

それでは、
高額商品は売れません。

このことをしっかり理解して、
体験セッションを進めていてくださいね。

いかがでしょうか?

お客さまが
本気で変わりたいのなら
契約に至ります。

そのためは、
今のままでよいかどうかを
確認する必要があります。

今のままでも良い場合は、
お金を出してまで
変わりたくありません。

本気で変わりたい人だけが
コーチングの契約をします。

このことをしっかり理解して、
お客さまを助けてあげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP