クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

他人にどう見られているか気になる人へ

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

他人にどう見られているか気になる人へ

 

今日は、

「他人にどう見られているか気になる人へ」

というテーマでお話します。

あなたは、
「他人にどう見られているか」
気になりますか?

他人にどう見られているのか気になる人は、

「自分の商品がどう見られるのだろうか」

とか、

「評価が低く見られるのではないだろうか?」

ということが、常に気になります。

そうなると、

「商品が買ってもらえないんじゃないか?」

だったり、

「先生として見られないんじゃないか?」

といった、

ビジネスではブレーキになる想像を
してしまいます。

そうすると、
なかなか
ビジネスが上手く回りません。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

なぜ、他人から評価を気にするのか?

 

では、まず、
なぜ、他人の評価を気にするのでしょうか?

それは、
あなた自身が、

「他人を評価しているから」

です。

どんなことでもそうですが、
あなたが気になることは、
他人に対しても気にしていることです。

よく、
「鏡の法則」と言われますよね。

相手が言うことは、
自分のことでもあります。

つまり、
相手が
自分の潜在意識の代わりに、
言ってくれているわけです。

これと同じように、
「他人の評価が気になる」
ということは、

自分自身が
「常に他人を評価している」
ことになります。

あなたは、
他人の性格や容姿、
人柄などを、いろいろと考えませんか?

あの人のここがよかったらなぁ~
この人は、ココを直せば好きになるのになぁ~

みたいな感じです。

自分が他人のことを評価しているので、
あなたも他人からどう見られているか、
評価がとても気になります。

私は、

「同じような波動の人が集まる」

とよく言いますよね。

これも同じで、

他人の評価をする人ばかりが集まります。

そして、
同じような評価をする人ばかりが集まるので、
居心地がいいわけです。

なので、
良い波動の人は、良い波動の人達と、
悪い波動の人は悪い波動の人たちと
引き寄せあって、グループになっていきます。

居心地が悪くなると、
グループから外れ、また違うグループと出会う

という繰り返しをしています。

そういう理由から、
成功者のグループに入ることが、
成功する近道だということです。

成功者のグループに入るには、
まずは、成功者と仲良くならなければなりません。

その後に、
成功者からの紹介でグループに入っていく
ということになります。

このときに、
紹介されたグループが心地が悪ければ、
長くいることができなくなるので、

できるだけ早く居心地が良くなるように、
成長することが必要になります。

成功者のグループに入れば、
確実に成功できますが、

そのためには、
まずは、成功者と仲良くなることです。

 

他人の評価を気にしないようにするためには

 

では、
他人の評価を気にしないようにするためには、
どうしたらいいのでしょうか?

他人の評価を気にしないようにするためには、

「相手を価値観を認めること」です。

あなたが他人を評価するのは、

他人が自分よりも劣っているところを

探そうとするからです。

人間は誰でも、
「認められたい欲」があります。

他人に認められたいので、
他人が劣っているところを見つけ、

自分のほうが優位に立つことで、
「認められたい欲」を満たそうとするわけです。

しかし、
「認められたい欲」を満たすには、

「わたしのほうが偉い」と
思えなければなりません。

それが、
相手と自分を比較することになり、

結果的に、

「自分の価値はどう思われているのか?」

という部分に行き着きます。

では、

相手の価値を認めると

どうなるのでしょうか?

負けを認めるではないですが、

相手は相手と
割り切ることができます。

それを続けていくと、
「相手を評価すること」が

無意味なことだということに
気が付きます。

「相手を評価しても物事は進まないから」
です。

コーチングビジネスで稼ぎたい、
成功したいというときに、

相手を評価しても、
何も進みません。

そして、
見込み客があなたのことを
どう思っていても、
あまり関係ありません。

関係するのは、
見込み客が
「欲しい」と思っているものを
差し出せるかどうかです。

コーチングでは、
見込み客の
「悩みを解決し、理想の未来に連れて行くこと」
が必要です。

見込み客の悩みを解決し、
理想の未来に連れて行くことができれば、

見込み客は、
「売ってください」
というわけです。

この流れに、
あなたのことをどう思っているのか、
どう評価しているのかは、
関係ありません。

もちろん、
信頼関係ができていることが
大前提です。

そういう意味では、
見込み客があなたのことを
「信頼している」という必要はあります。

しかし、
信頼しているからこそ、
高額商品を売ってください。
というわけですから、

あなたがそれ以外のところで
「どう思われているか?」
を気にすることもないですし、

あなたが相手を
「どんな人だろうか」
と評価する必要もないのです。

相手がどう思っているかという部分は、

あなたがコントロールできない部分です。

あなたの感情は、

あなた自身でコントロールできます。

つまり、あなたが、

「相手の価値観を認めること」で

あなたは、

相手を評価しなくなります。

そうすれば、
相手の評価も気にならなくなるのです。

 

商品づくりに影響する

 

相手の評価を気にしだすと、
商品づくりに影響します。

30万円のこの商品だったら
見込み客はどう思うのだろうか?

と考えます。

しかし、本来は、

「どうしたら見込み客の悩みを解決し、
理想の未来に連れて行くか?」

を考えなければなりません。

それが
見込み客の悩みであり、
願望が手に入る商品だからです。

見込み客の望みを叶える商品でなければ、

見込み客が
「必要な商品」とは思いません。

よく売れないコーチやコンサルがやっているような、

「スキルだけ教えて、後はやっといて」

というような商品だと、

見込み客の望みを叶える商品にはなりません。

そんなコーチやコンサルなら、
数年で廃業になるでしょう。

私が全力でサポートしているのは、

クライアントが
理想の未来を叶えてほしいからです。

メルマガの設定は難しいので、
ズームで共有しながら教えていきます。

できないところは、
私が設定します。

ワードプレスも、
使い方を教えた後に、
アクセスが集まる方法を教えていきます。

そうしないと、
クライアントの理想の未来が手に入らないから
です。

私のところに来るクライアントは、

「安定して月収100万円を稼ぎたい」

という理想の未来を持っています。

ここまで連れて行くことで、
まずは、ビジネスが回りだします。

ビジネスを回すには、

まず、生活できなければなりません。

ステップ1は毎月安定して30万円稼ぐことです。

ステップ2は、毎月安定して100万円稼ぐことです。

そうすれば、
生活はできますし、
ビジネスや自己投資もできます。

重要なのは、

1回だけ100万円稼いでも意味がない

ということです。

一発屋で100万円稼げたとしても、
生活していくことができません。

なので、
できれば、
安定して30万円を稼ぎ続ける仕組みを作るほうが
先にあります。

生活に不安がなくなれば、
ビジネスに集中できるので、
ビジネスを大きくすることが考えるわけです。

そのためには、
ステップ1の
「安定して30万円稼ぐこと」が
とても大事になります。

私のところに来るクライアントは、
全員安定して30万円稼ぐようになります。

もちろん、
その後で月収100万円を稼ぐようになるので、

そのときに、もっと稼ぎたいのか、
それともそのまま安定して活動していくのか、

を決めてもらっているのです。

稼げないコーチやコンサルは、
「スキルを教える価格」が
コンサルフィーだと思っています。

昔私もそう思っていました。

私も、稼げないときは、
同じように、
スキルだけ教えて、
「後は、自己責任で成功して」
という感じでした。

しかし、
それでは、
見込み客が欲しいものを
提供できていませんでした。

まずい寿司屋なら、
もう二度と行きませんよね。

そんなコンサルをしていても、
継続契約はないのです。

そうではなくて、
目の前にいるクライアントが
「手にしたい理想の未来」に
連れて行くことで初めて
コンサルフィーをいただけるわけです。

目の前にいるクライアントの手にしたい
理想の未来はそれぞれ違いますよ。

月収30万円でいい人もいれば、
100万円の人も
300万円の人もいます。

月収1000万円の人は、
私が教えることができませんので、

他の人に行くでしょう。

私は、
体験セッションで概ね、手にしたい未来を
聞いています。

理想の未来がそれぞれ違うからです。

そして、
目の前のクライアントが欲しい
理想の未来を聞いて、
そこまでは連れて行くようにしています。

そうすることで、
はじめて、見込み客がクライアントになり、

クライアントが理想の未来を手にして、
喜んでもらえます。

そして、
ありがとうといいながら、
成功していくわけです。

あなたは、
クライアントの欲しい未来を
しっかり理解していますか?

そこはとても大事なところです。

 

スキル不足ではない

 

このようなことを書くと、

「私のスキルでは理想の未来に連れていけない」

というひとが必ずいます。

しかし、
ビジネスの世界ではその考えは間違っています。

あなたが連れていける
クライアントの理想の未来に
連れて行くだけです。

別に、あなたが思っている理想の未来に
クライアントを連れて行くわけではありません。

私は今、月商1000万円を目指しています。

しかし、
私のところに来るクライアントは、
30万円から300万円の間です。

月商1000万円に達成してないから
私がスキル不足だとは
これっぽっちも思っていません。

なぜなら、
クライアントが思っている理想の未来には、
連れていけるからです。

「スキル不足」と感じる人は、

「自分が描いている理想の未来」に
連れて行こうとします。

しかし、
それでは見込み客は

「私の理想の未来とは違う」

と思ってしまいます。

私の場合だと、

月商1000万円に行きたいと思っている人は、
私のところには来ません。

すべてが月収300万円以下の人です。

私のスキルで結果が出すことができる人だけが
集まります。

少し言い方を変えると、

マーケティングで、

「あなたが結果を出せる人だけを集める」

のです。

ほとんどの稼げない人は、
集まった人に対して、

「商品を売ろう」とします。

それだと、
あなたの商品が必要でない人も混ざるので、
難しいです。

集客では、

「あなたの商品を必要な人を集める」
とともに、

「あなたが結果を出せる人」
を集めるわけです。

それなら
商品も買ってもらえるし、
結果も出ます。

その部分に手を抜き、
適当に集客するから

「稼げない」ということになります。

これも実は、
「相手の価値観を認めること」
ができないとうまくいきません。

他人の評価を気にする以前に、
「相手の価値観を認めること」を
していくことこそ、
ビジネスが上手く回ることです。

他人の評価が気になる人は、

まずは、
「他人の価値観を認めてみること」
からはじめてみてくださいね。

いかがでしょうか?

他人にどう見られているのか気になる人は、
自分自身が他人を評価しています。

他人を評価している限り、
物事はうまくいきません。

常に上に立とうとするからです。

常に上に立とうとするから、

「しっかりした商品を作らないといけない」

「この値段以上の価値を提供しないといけない」

と感じるわけです。

しかし、
その先にビジネスの答えはありません。

ビジネスでうまくいくためには、

「見込み客が欲しいものを提供すること」です。

それを続けていけば、
見込み客が必要としている商品を差し出すだけで
商品が売れ、ビジネスが回り始めます。

そのことに気がついた人だけが、
ビジネスで成功できるのです。

しっかり理解してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP