クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

低価格セッションでビジネスをはじめてはいけない理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

低価格セッションでビジネスをはじめてはいけない理由

 

今日は

低価格セッションで
ビジネスをはじめてはいけない理由

というテーマでお話します。

私のところに相談に来るコーチは
「低価格でのセッションをしています」
という人がよくいます。

低価格セッションをしてしまうと、
単価もあげられないし、
クライアントが成果を出すことができません。

そしてもちろん、
稼ぐこともできません。

稼ぐことができないということは、
ビジネスを続けていくことができず、
副業の域を出ることはないでしょう。

なので、
商品パッケージの考え方を教えて、

30万円以上の売上になるように
ビジネスモデルを作り変えます。

そうすることで、
毎月1件の契約で
30万円の売上になり、

生活ができ、
ビジネスが続けていくことができるのです。

しかし、
稼げないコーチは商品が売れないので、

1万円以下のセッションを商品として作り、
薄利多売でなんとかしようとします。

セッション単価1万円で、
30万円の売上を作ろうとしたら
30人と契約しなければなりません。

それが毎月だとすると、
とても集客できるとは思えません。

それが、
低価格セッションで
ビジネスをはじめてはいけない理由です。

今日はそんな話をしていきます。

 

どうにかして売ろうとしてしまう

 

稼げないコーチは、
「どうにかして売ろう」としてしまいます。

いくら私が
30万円の商品パッケージを作ったところで、
セールスしても売れないでしょう。

なぜなら、
売れる仕組みを持っていないからです。

ビジネスでは
売れる仕組みが重要です。

売れる仕組みがなければ、
安定して売上を作ることができません。

しかし、稼げないコーチは
なんとかセッションを売ろうとします。

セッション単価1万円で売れなければ、
「単価が高いのか」と考えて

8000円、5000円と
どんどん価格を下げていきます。

それが売れない理由です。

コーチングのセッションとは
安い商品では効果がありません。

売上を作ろうとしている時点で
クライアントのことはどうでもよくなっていて、

自分だけの私利私欲で
価格を決めています。

そうなると
どうなるかというと、
見込み客からは見向きもされません。

どんどん
自分の首を絞めているということになります。

なので、
セッション単価を下げるということは
絶対にやるべきではないのです。

 

30万円の商品を売る方法

 

では、
初心者の頃、
どうやったら売上を作ることができると思いますか?

30万円の商品パッケージを作った場合、
どうしたら売れると思いますか?

一度考えてみてください。

考えましたか?

初心者が30万円の商品を売る方法ですが、
まずは、クロージングすることです。

たぶん、初心者の時は、
30万円の商品は
「売れない」と決めつけていると思います。

しかし、
買うか買わないかは
「あなたが決めること」ではなく
見込み客が決めることです。

クロージングしてみなければわかりません。

断られることが嫌な場合は、
クロージングしないですよね。

でも、
断られたからと言って
あなたが嫌なわけではなく

何らかの理由で
「商品が必要ない」という判断をしただけです。

決して
あなたを否定したわけではないことに
気がついてくださいね。

そしてクロージングで契約してもらえれば
いいのですが、

もし断られたときに、次にすることは

「どうしたら契約してもらえますか?」

と聞くことです。

商品の内容に不満がある場合は
見込み客の意見を取り入れます。

例えば、
セッション回数が少ないと言われたら

「では、何回なら契約してくれますか?」

と聞いてください。

「6回じゃ少ないので12回なら契約する」

というのなら12回で契約してください。

それで30万円は受け取ることができます。

セッション時間の場合もありますね。

「セッション時間が短い」と言われたら

「では、無制限にしますが、どうでしょうか?」

といえば、契約が決まります。

まずは、30万円受け取ってみてください。

しかし、
セッション回数や時間ではないこともあります。

お金の問題の場合です。

「価格が高い」という意見が出たときに

「では、いくらなら契約してくれますか?」

と聞いてみます。

例えば
「半額ぐらいなら契約してもいいけど」
と言われたら
初めてそこで価格を下げるのです。

稼げないコーチは
売れない理由も聞かず、
断られたらそれで終わりにしてしまいます。

そして
売れない理由を価格と決めつけて
価格をどんどん下げていくわけです。

しかし、相手が
「なぜ、契約しなかったのか」
聞くことで、
解消できる場合もあります。

すべての人が
買わないと決めたわけではなく、
条件が整えば、買ってくれる人もいます。

クロージングをしなければ、
条件が整えば買ってくれる人でさえ、
助けることができないのです。

なので、
まずクロージングをしてみることは、
とても重要です。

セッション単価を下げる場合、
相手の希望に合わせて下げると
ほとんどの場合、契約が決まります。

そのうち
30万円で買ってくれる人が
必ず現れます。

そうすると、
クロージングの部分は完成します。

初心者の頃は、
ここまでやらないと、
クロージング部分は完成しません。

 

セッション単価を下げる理由

 

そしてもう一つ、売る方法があります。

それはセッション単価を下げる方法です。

先程、セッション単価を下げるなと言いますが、
実は下げてもいい方法があります。

それは、
定価は30万円のままで、
「セッション単価を下げる理由」を
明確にすれば、
下げてもかまいません。

例えば
商品は30万円だけれど、

限定5名だけ10万円

とします。

すると、
20万円引きでセッションが受けられるので、
売れる可能性が高くなりますよね。

そのときに
「下げる理由」も明確にします。

「セッション終了後に、アンケートに
実名で答えてください」

という条件をつけたりします。

この方法でお客様の声を集めて、
売上につなげることができたら、
20万円値引きしても
すぐに取り返すことができます。

しかも、
売上も作ることができますよね。

セッション単価1万円でやっていたとしたら
10人分の売上になります。

そして、
いつでも定価の30万円に
戻すことができるのです。

定価を下げてしまうと
なかなかもとに戻せませんが、

定価はそのままで
「今だけ価格」なので、
いつでも戻せるわけです。

今回はあくまで
アンケートをもらう目的を例にしましたが、
単価を下げる理由さえ明確ならば、
下げても構いません。

私がダメと言っている理由は、
「売れないから単価を下げる」からです。

売れない理由を明確にしなければ、
価格を下げたところで
同じだからです。

売れない理由を明確にし、
改善していかなければ
いずれ、ビジネスが上手く回らなくなります。

売れないから価格を下げるのと
目的が明確で価格を下げるのとでは、
意味合いが全然違うのです。

 

最低限、1ヶ月の生活費ぐらいの売上は必要

 

ビジネスを続けていくには
最低限として、
毎月の生活費ぐらいの売上が必要です。

ということは、
セッション単価は、逆算して
生活費分を稼げるぐらいの単価に
設定しなければなりません。

もし、
毎月の生活費が30万円だとして、
セッション単価1万円だとしたら、
30人と契約する必要があります。

月に2回の契約でも15人と
契約する必要があるわけです。

いま、セッション単価1万円で
例えば、5人集客できているのであれば、
15人いけるかもしれません。

しかし、
次の月もまた15人となると
どうでしょうか。

15人から
どれだけ継続契約が取れるでしょうか?

たぶん、
単発契約のイメージなら
継続契約はかなり難しいはずです。

商品パッケージをおすすめする理由は、
クライアントを確実に
理想の未来に連れていきたいからです。

1回のセッションでは
必ずもとに戻ってしまいます。

なので、6回かけて
もとに戻らないようにしながら
理想の未来に連れて行く必要があるのです。

そのためには
商品パッケージにして複数回のセッションを
契約してもらったほうが、
クライアントのためでもあるのです。

別にお金をもらうのが悪いことではなく、

クライアントが理想の未来に行けることのほうが
とても重要なことです。

1回セッション受けても、
もとに戻るのが明確なのに、
1回ずつの契約にするほうが悪意があります。

それだったら
1回の有料セッションもしないほうが
クライアントも幸せでしょう。

なので、
商品単価30万円の商品を作り、
毎月1人必ず契約できる仕組みを作ることが、
ビジネスと続けていく秘訣です。

そのうち、ビジネスを続けていれば、
毎月2人取れる時が来ます。

それが3人、5人と増えていくわけです。

そうすると自然に月収が増えていきます。

そして、
リピーターも必ず増えていきます。

そうなると
新規顧客さえ要らなくなるわけです。

あなたが真剣にクライアントと向き合い、
2人で問題解決をしながら
理想の未来に連れて行くことができれば、
また新たな目標ができます。

その新たな目標に向かって、また
3ヶ月一緒にセッションをする、

これがコーチングの理想的な
契約の仕組みです。

継続率が高くなれば、
その分、新規顧客の枠がなくなります。

毎月3名の契約が取れるようになれば、
売上は90万円です。

3ヶ月の商品ならば
最大9人のクライアントがいます。

4ヶ月目、3人が継続すれば、
新規の顧客は必要なく
90万円の売上があります。

もし、
1人しか継続しなければ、
新規を2名取ることができるようになります。

クライアントを9名確保し続ければ、
毎月90万円が安定して
売り上げることができるわけです。

そうなると、
たぶん、30万円の単価を上げることで
月収100万円を超えてくることに
なりますね。

それが月収100万円の
安定したビジネスモデルです。

そのためには、まず
30万円の商品を1人でいいので
契約をとってみることです。

ここからはじまるのです。

低価格セッションで
ビジネスをはじめてしまうと

いつまでたっても
高額商品を売ることができません。

低価格セッションはあくまで
低価格セッション用の商品だからです。

ぜひ、あなたもその点を理解して、
30万円の商品がなぜ売れないのか
検証してみてください。

お客さまに聞くことで、
必ず商品は良くなっていきます。

商品が良くなると、
かならず買う人がいます。

ぜひ、そこまで商品を改善してください。

そうすれば、
ビジネスを続けていくことができます。

ビジネスを続けていくことさえできれば、
やがて月収100万円になるのです。

ぜひ、
あなたも
月収100万円を達成するまで
ビジネスを続けてくださいね。

いかがでしょうか?

低価格セッションを続けても
ビジネスを続けていくことができません。

生活できないからです。

なので、まずは
高額商品を売れるようになることです。

高額商品が安定して売れるようになれば、
ようやく専業でコーチングで生活できます。

生活できれれば
ビジネスを続けることができるので、
いずれ月収は増えていきます。

この仕組をしっかりと理解して、
ビジネスを続けられるようにしてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP