クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

体験セッションの申し込み率を上げる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

体験セッションの申し込み率を上げる

 

今日は、

「体験セッションの申し込み率を上げる」

というテーマでお話します。

稼げないコーチは、
どうしても集客にフォーカスします。

集客できれば、
クライアントが取れそうなイメージがあるからです。

しかし、
集客ができても、
クライアントは増えません。

集客の定義が間違っているからです。

集客とは、
人を集めるのではなく、
「あなたの商品を必要としている人を集めること」
です。

あなたの商品を必要としている人だけを
集めることができれば、

商品を差し出すだけで
売れるのは当たり前の話です。

しかし、
商品が売れないのは、
「集客が原因だ」というところに
いってしまうと、

大量に集める方法に興味を持ち、

ズームで集客できるならズームを学ぶ、
Facebookで集客できるならFacebookを学ぶ、
LINE@で集客できるならLINE@を学ぶ、

といった、

本来、学ぶべきものとは違うものを学び、
時間とお金を無駄に使っていきます。

そうではなくて、
1ヶ月に5人集客し、
3人がクライアントになれば
いいだけの話です。

今日はそんな話をしていきます。

 

まずは、メルマガに登録してもらう

 

では、
どうしたら
あなたの商品が必要な人を集められるでしょうか?

まずは、
「メルマガに登録してもらうこと」です。

LINE@でもいいのですが、
いずれ、使えなくなることは目に見えています。

なぜなら、
LINE@は他人がコントロールしているからです。

他人がコントロールしている商品を使うと、
いずれ使えなくなります。

アメブロしかり、
Facebookしかり、

無料メルマガもそうです。

他人がルールを決めている限り、
ルール変更で使えなくなる可能性が高いです。

アメブロでも集客ができていた頃がありました。

しかし、
集客できるようになると
どんどん削除されることが続きました。

私も昔、アメブロで集客できていましたが、
読者が1000人超えたあたりから
記事が徐々に削除され、
最終的にはアカウントが削除されました。

もちろん
並行してワードプレスを運用していたので、
影響はありませんでしたが、

もし、
アメブロ一本で集客していたら、
たぶん、廃業していたでしょう。

それぐらい、
大打撃を受けます。

Facebookも
「いいね」を1000集めたら集客できる
というのも流行りました。

しかし、
FacebookもURLリンクを記載すると
表示される回数が少なくなるので、
アクセスを集めることができなくなりました。

LINE@も今は使えていますが、
いずれ、使えなくなるでしょう。

だめになってから
メディアを変えるのはとても大変なので、

ビジネスをずっと続けるなら、
最初から
メルマガ + ワードプレスのほうが
ベストです。

話を戻すと、
あなたの商品を必要としている人を集めるには、
メルマガを使います。

メルマガに登録してもらって、
あなたの商品を説明するのです。

商品を説明するのは
メルマガの機能である、
「ステップメール」を使います。

ステップメールは
登録したときに
必ず1話目から届く仕組みのことです。

通常のメルマガは、
登録した日よりも
新しいものしか読めません。

なので、
いくら商品を説明しようとしても、

今日登録した人向けに
商品説明を開始しても、
明日登録した人は
2通目から読むことになります。

それだと
なかなか商品の良さを知ってもらうことが
できません。

そういった理由から
ステップメールという仕組みを使います。

ステップメールは、
登録した日から
必ず1通目から順番に届きます。

なので、
明日登録した人も
1週間後に登録した人も
必ず1通目から読み始めます。

すると
興味のない人は途中でやめますが、
興味がある人は、
読み続けてもらえるわけです。

私のステップメールの仕組みは
それだけではなく、

途中で課題を設定し、
課題を提出しない人は、
先に進めない仕組みになってます。

5分程度あれば、課題の提出ができますが、
この5分も自分に向き合わない人は、
「成功できない」と思っているからです。

なので、
この課題を提出した人だけが、
私の体験セッションを受けられる
ということになります。

この課題を設けるということが
「体験セッションの申し込み率を上げる」
仕組みです。

私の場合は、
2回の課題を提出してもらった人に
本編が始まり、

本編の最後で体験セッションの申込みフォームが
現れます。

つまり、
課題を2回出していない人は、
体験セッションの申し込みさえ
できないわけです。

しかし、
これは私のビジネスの仕組みには
とても重要です。

本編まで来た人の約半分が
体験セッションに申し込みます。

私はメルマガで
「私の商品を必要としている人だけ」を
振り分けています。

この仕組みが
平均単価80万円以上でありながら
成約率80%をキープしている理由です。

私のメルマガの登録は
どこから来るかわかりません。

集客の概念で行くと
「私の商品が必要ではない人」も
混ざっているわけです。

メルマガが進んでいくうちに
「私の商品が必要ではない人」は
課題を提出しません。

「何かが違う」と思ったり、
「課題をめんどくさい」と思ったりするからです。

そうすることで、
「私の商品が必要ではない人」は、
メルマガを最後まで読むことができず、
体験セッションに来ることもありません。

私はいつも
「本気でコーチングで稼ぎたい人」
だけを助けたいと思っています。

たった5分の作業ができない人が
本気だとは思えません。

「本人が本気だ」といっても
信じることができません。

口だけではなんとでも言えるからです。

チャンスの神様は
「後ろ髪がない」と言われています。

前から見ているうちは
チャンスとは気が付かず、

通り過ぎた瞬間に
「あっチャンスだった」と思ってつかもうとしても
後ろ髪がないなのでつかめない

というわけです。

これと同じで、
このメールを読んでいる人には、
この種明かしをしたところで、
「本気です」といっても、
「課題を出さなかったでしょ」
と私は思うわけです。

再三、
「課題を出してください」と言うメールを受け取りながら
時間がなかったのか、
めんどくさかったのか、

わかりませんが、
課題を出さなかった。

出さなかった事実は残ります。

私のセッションではさまざまな課題も出ますが、
やらない可能性もありますよね。

チャンスはそんなに無いですよ。

そのことは理解してくださいね。

私がクライアントを取れる理由は、
メルマガに登録してもらって、
途中で「私の商品を必要だと思う人」だけが
体験セッションに来れるという
仕組みがあるからです。

 

メルマガ登録率を上げる

 

では、
入り口のメルマガ登録率を上げるには
どうしたらいいのでしょうか?

メルマガ登録率を上げるには、
ランディングページに
アクセスしてもらうことが必要です。

ランディングページとは、
字のごとく
「着地するページ」という意味です。

今回の場合は、
メルマガ登録ページのことを指します。

メルマガに登録してもらうために、

「悩みを解決する方法」だったり、
「なぜ、メルマガをしているのか」だったり、
「お客さまの声」だったりが
載っているページですね。

メルマガに登録しないと
損しますよというぐらいに
ランディングページを作ることで
徐々に登録率が上がります。

そして、
ランディングページに集めることも
重要です。

ランディングページに集める方法としては、

SNSをつかったり、
PPC広告を使ったり、
ブログ集客をつかったり、
します。

私がおすすめしているのは、
ブログ集客から
ランディングページに誘導する方法です。

ブログで見込み客が抱えている悩みを
記事にして、
どんどん投稿してもらいます。

SEO対策しながらになりますが、
キーワードを測定して、
見込み客が集まっているかどうか
確認しながら投稿を続けます。

ブログに集まった人が
メルマガに興味を持ち、
メルマガに登録する流れを作っていくのです。

クライアントが取れて
ビジネスにお金が回るようになれば、
徐々にPPC広告にシフトしていきます。

PPC広告で10万円使っても
30万円の商品が売れるようになれば
いいわけです。

今度は30万円投資して、
90万円分の商品が売れるかどうか
テストしていきます。

このテストがうまくいけば、
自動で安定してクライアントを獲得できる仕組みが
手にはいります。

私のクライアントには
ここまで目指してもらっています。

また、
PPC広告で運用するには、
ランディングページの登録率がとても重要です。

PPC広告を使って
ランディングページに
直接アクセスを集めるわけですから、

ランディングページの精度が低いと
PPC広告を広告を使っても全く登録されない
ということになってしまいます。

なので、まずは
ブログ集客からメルマガ登録される流れを
しっかりと作り込むことがとても重要になります。

今までは
Facebook広告も安くリストが取れていましたが、
だんだん単価が上がるようになってきました。

いずれ
Facebook広告もPPC広告と同じように
単価が高くなり、
なかなかリストが取れなくなるでしょう。

そうなると
ブログ集客を持っている方が
有利になるわけです。

私は最初からしっかりとした仕組みを作ることを
教えています。

その後、私はコミュニティを作り、
お互いが紹介し合う仕組みも作りますが、

どちらにしても
ブログ集客は必要です。

なので、
ブログ集客をしっかりやってもらって
メルマガに登録してもらうように
してもらっています。

 

体験セッションの申し込み率を上げる方法

 

では、最後の本題です。

体験セッションの申し込み率を上げる方法です。

これは、
ステップメールの精度を上げることです。

では、
ステップメールの精度を上げるには
どうしたらいいでしょうか?

ステップメールの精度を上げるには、
体験セッションに来てもらった人に、

「どこがわからなかったですか?」
「どこがむずかしかったですか?」
「どこができないですか?」

といったヒアリングをしていくということです。

せっかく体験セッションに来てもらったのに、
ステップメールの感想を聞かないのは、
もったいないです。

良かったところは、置いておいて、
最初の頃は、
「悪いところ」を教えてもらうことです。

体験セッションまで来るということは
かなりの確率で

「あなたの商品が必要な人」

ということです。

その商品が必要な人に
「悪いところ」を教えてもらえることで、
改善するところが早く見つかります。

私のステップメールも
何度も何度も書き直して、
今のステップメールの形になっています。

今は、
ステップメールの疑問点は
体験セッションで直接解決することにしているので、

体験セッションを受けただけで、
稼げるようになる人もいます。

それぐらい、
精度の高いステップメールに
なっているということです。

精度が高いかどうかは、

「体験セッションに申し込むかどうか」
「高額商品が成約するかどうか」

で判断します。

私の場合は、
課題を出してくれた人の約半数が
体験セッションに申し込んでくれて、
約8割がクライアントになってくれます。

成約率が80%ということです。

私のクライアントには、
成約率50%を目指してもらってます。

成約率が50%あると、
体験セッションにきた人の半分が
契約するということになります。

その後で、
成約率をもっと高めることができれば、
安定してクライアントを獲得できる仕組みなっている
わけです。

ステップメールは
書き終えただけでは
完成とは言えません。

ステップメールを書いた後、
はじめて体験セッションに申し込みがあり、
はじめて契約が取れるまで、
完成ではないのです。

しかも、
契約が取れても

体験セッションの申し込み率を上げることと
成約率を上げること

この2つの作業が必要です。

ここまでしっかり仕上げないと、
なかなか安定してクライアントは取れません。

しかし、
ほとんどの人が
ここまでしっかり仕上げることができないので、

ここまでやることが
安定してビジネスを続けられるポイントでもあります。

「メルマガは重要だ」

という人はたくさんいます。

しかし、
「なぜ、メルマガで稼げるのか」
と説明できる人はあまりいません。

作ったあとに
体験セッションの申し込み率を上げることと
成約率を上げるといった
重要な作業をできない人が
ほとんどだからです。

そのためには、
メルマガの書き方も重要なことがあります。

ランディングページにも重要なことがあります。

これらの重要なことを
すべてクリアしなければ、
成約率を上げることができないんです。

私のメルマガ読者には、
色々と重要なことを伝えています。

しっかりと理解して、
メルマガで契約が取れるまで
作り込んでくださいね。

できない人は、
気軽に下の相談フォームから
連絡してください。

いかがでしょうか?

体験セッションの申し込み率を上げる方法は、
理解できましたか?

体験セッションの申し込み率を上げることで
「あなたの商品を必要としている人だけ」を
集めることできます。

そうすれば、
成約率も自然に上がります。

正しい集客を知っていれば、

100人集客して
1人も契約してくれなかった

そんなことになるはずがないのです。

たった5人で3人の契約を取ることも
可能です。

しっかりと理解して、
簡単に集客して、
たくさんの人を助けてあげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP