クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

価格で決める人を相手にしない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

価格で決める人を相手にしない

 

今日は、

「価格で決める人を相手にしない」

というテーマでお話します。

私はいつも、

「商品を買うのか買わないのかは
相手が決める」

と言っています。

あなたが、
いくらいい商品を作ったとしても
相手がいいと思うかどうかは
わかりません。

価格が高いから辞める人もいますし、
内容が気に入らない人もいるでしょう。

その中で重要なのは、

商品の善し悪しを

「価格で決める人」

は相手にしないことです。

価格で決める人は、
ほとんどが、
お金に執着しているので、
成功することはありません。

お金が「特別なもの」と思っている限り
成功することはないからです。

今日はそんな話をしてきます。

 

価格の高い低いで決めること

 

まずは、
価格の高い低いで決めることから
お話していきます。

あなたがもし、
何かものを買うときに、
「値段を見て決める」としたら

物の価値ではなく、
お金の価値で判断しています。

お金の価値で判断する場合、

この商品の価値なら
「ここからここまでの値段なら買う」
という基準が存在します。

例えば、
東京の一等地にある
タワーマンションの最上階があるとします。

とても高そうですよね。

この最上階を買うとしたら、
どれぐらいなら買ってもいい
という値段の範囲が人それぞれにあります。

例えば2億円で売られているとしたら、

1億円なら買ってもいいかな

と思うかもしれません。

重要なのは、
金額の上限と下限があるということです。

例えば、
メルセデス・ベンツという車があります。

大体500万から2000万円ぐらいしますが、

メルセデス・ベンツの
通常500万円する車が
新車で10万円で売っていたとしたら、

もちろん、買う人もいますが、

ほとんどの場合は、

「盗難品?」
「なにか他に買わされる」
「詐欺?」

といった買わない理由が浮かびます。

何が言いたいかというと
ものを買うときに、

「高くて買えない」というのはありますが、
「低くて買えない」ということもある

ということを知っておいてほしいのです。

安物買いの銭失い

という言葉があります。

安い商品を買っても無駄だという意味ですが、

安すぎて買わない人もいる
ということを知ってほしいのです。

あなたの商品が安すぎる理由で
買わない人もいるわけです。

コーチングやコンサルティングは
いい例です。

コーチングで安い商品になると
人生が変えられるとは思いません。

安い商品に飛びつく人は、

「すっきりしたい」
「元気になりたい」
「話を聞いてほしい」

と言った人たちなので、
本来は相手にする必要はありません。

あなたは本来
「クライアントの人生を変える人」
です。

安い商品に飛びつく人まで
相手にしていると、

安い商品に興味がある人しか
あなたの前には来なくなります。

そうなると、
「私の商品は高いから売れない」
となってしまいがちです。

一方で、
高い商品が欲しいという人が来た場合、
「買わない」
ということになってしまいます。

あなた自身が日頃から
ものを買うときに
価格が「高い」「安い」で決めていると
相手もそう思うと思ってしまいます。

なので、
相手にとって「値段が安いほうがいい」
と思ってしまい、
安い値段をつけてしまうのです。

しかし、
商品の本当の価値は
値段ではありません。

まずは、あなた自身が
物の価値を価格で決めるのではなく、
価値で決めるようにしなければなりません。

価値があるものは
「価格が高くても当たり前」です。

それは、
形のないコーチングでも同じことです。

あなた自身の価値が高いという
マインドセットができていれば、

あなたが提供する商品も価値が高い
わけです。

それと、
お金に対する価値観で判断してしまうと、
「相手に買ってもらえる価格」を
つけがちです。

そうしているうちは、

自分の価値を下げ、
商品の値段も同時に下げる

ということになります。

まずは、
あなた自身が商品の価値を
価格で決めないようにしなければならないのです。

 

お金の価値観を変える

 

あなた自身が、
価格で物のを買う癖を変えるには、
お金の価値観を変える必要があります。

では、
お金の価値観を変える方法を
お話します。

稼げないコーチのほとんどが

「お金を使えばなくなる」

と思っています。

100万円あっても
100万円を好きなものを買って
使ってしまえばなくなる

これは当たり前です。

なので、
お金がなくなると思っている人は、
この100万円がなくならないように
生活しています。

100万円の人もいれば、
10万円の人もいるでしょう。

とにかく
なくならないように生活します。

なくなったら困るので、
なくならないようにしていることが
お金が入ってこない原因だとしたら
どう思いますか?

極論をいえば、
「お金が入ってくる方法は
どんな方法でもいい」
わけです。

今回の場合、
100万円を好きなものに使って
なくなってしまった。

とすれば、もっと稼ぐか、
それとも誰かにもらうか、

することで、
お金が入ってきます。

もっと稼ぐことは、

「自分は無理」と思いますし、

借金をするといえば

「そんな悪いこと」
「無理」
「誰も貸してくれない」

と思うかもしれません。

稼ぐ方の「無理」は、
自分でブレーキを踏んでいるだけです。

さっさと自分の商品を
「100万円です」

と言えばいいのに、

「相手に悪いから」
「スキルが無いから」
「結果を出すのが難しいから」
「断られるのが嫌だから」

といった理由で、
100万円と言えないだけです。

そのために、
自分は好きなものを買わずに
我慢しています。

しかし、その我慢が原因で、
お金が入ってこないだけです。

もらうという方も

「そんなことはしたくない」
「親に怒られる」
「返さないといけない」

といった自分が悪いと思っていることを
したくないから、
好きなものを買わずに我慢しているだけです。

この100万円がなくならないように、
というところから
これだけの我慢をしているわけです。

そりゃ、お金が入ってくることはないです。

お金が入ってこないのは、
自分が我慢しているせいです。

我慢せず、
親にお願いしてお金をもらえばいいわけです。

友達にお金をもらえばいいわけです。

このときに、
友達にお金を出してくれる人がいないとしたら

あなたが友達に
「何もしてこなかった」ということが
わかります。

もし、本当に親友なら
お金を出して助けてくれるしょう。

しかし、
あっさり断られたということは、
大したことを友達にしてこなかった証拠です。

逆の話をすると、
あなたがもし成功して
お金持ちになれば、

遠い親戚や遠い友達の人がやってきて
「お金貸して」と言われまくりますが、

あなたが本当に助けたい人には、
お金を出すでしょう。

つまり、
困ったときはお互い様なのです。

しかし、
ほとんどの人は、
我慢して生活しています。

我慢して生活することが
美徳だと思っています。

それが稼げない原因です。

重要なのは、
「お金はいつでも入ってくる」ということ。

お金は入ってくるのに

「自分が悪いことをしてまでお金はいらない」

と思っていることが
入ってこない理由です。

稼ぐことが悪いことと思っていると、
入ってきません。

100万円なくなると困ると思っていると、
逆に、100万円を手に入れると、
それ以上入ってこなくなります。

100万以上入ってくると
さっさと100万円になるまで使うでしょう。

つまり、
自分のお金の価値を
自分で決めているということです。

100万円あれば、安心、
100万円以下になると
不安なので、
100万円貯まるまで我慢する、
100万円以上になると、
100万円まで使う

こんな価値観で生活していると思います。

それでは、
いつまでたってお金の価値観は変わりません。

自分が我慢することをやめる、

これを理解しなければ
お金は入ってきません。

 

価格で決める人を相手にしないようにする

 

最後に
お金の価値観が変わると、

「価格で決める人を相手しない」

ということを

あなた自身が決めるだけです。

お金が「高いから」と言った人に対しては

「じゃあ、残念ですね」

でクロージングを終わらせればいいわけです。

重要なのは、

「あなたの商品を必要だと感じてくれる人」

だけに商品を販売するということです。

この部分を徹底しないと、

なかなかビジネスを続けていくことができません。

もちろん、最初は、

商品の悪いところもあるので、

値引きはOKです。

実績を作るまでは、

多少の価格の値引きは仕方ありません。

しかし、実績ができて、
お客さまがとれるようなると、

「商品に価値を感じてくれている人」にしか
販売してはいけません。

価格で判断している人ほど、

その人の価値観と商品がずれてくると

クレームを言います。

「せっかくこれだけのお金を払ったのに」

と言い出すわけです。

そんなことを言われるぐらいなら、
クロージングで契約しないほうが
あなたのためでもあります。

ぜひ、
売上にこだわらず、
あなたの商品に誇りを持って、
商品価値で勝負してくださいね。

いかがでしょうか?

価格で決める人は相手にしないようにしてください。

そうすることで、

あなたの商品に価値を感じてくれる人だけが
クライアントになります。

そうすると
結果が出やすくなるのは当然です。

結果が出るほうがいいのは、
当たり前の話です。

そのためには、
まずは自分自身が
価格で商品を判断しないことです。

あなたが価格で判断していると、
相手も価格で判断する人が
集まるからです。

そうならないためにも、

あなた自身が
ものの判断基準を
価格ではなく、

好きかどうか、価値を感じるかどうか、
という判断基準に
変えるということです。

一日も早く、
価格で判断しないように
なりましょうね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP