クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

商品の価格はお客様が決める

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

商品の価格はお客様が決める

 

商品の価格はお客様が決める

 

今日は

商品の価格はお客様が決める

というテーマでお話します。

私のところに相談に来るコーチの中には、

「商品単価が高いから売れないんです」

という人がいます。

そもそも、
商品単価が高いので売れないと
思っていると
売れることはありません。

自分自身で
商品単価が高い商品を売ることの

「罪悪感」

を言い訳にしているからです。

商品単価が高い商品が売れてしまうと、

「相手に悪い」
「結果を出さないといけない」

という想いがあるので、

「売れないようにしているだけ」

なのです。

本当に、
お客さまを助ける気があれば、

値段が高かろうが、
嫌われようが、

なんとか契約してもらい、
絶対お客様の人生を変える

ぐらいの覚悟があるはずです。

しかし、
自分が、

「高い商品を売ってまで」
「結果を約束してまで」

商品を売りたくないからこそ、

「商品が高くて売れない」

という便利な理由をつけて
商品を売らないだけなのです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

商品は買ってみるまでわからない

 

コーチングやコンサルティング、
カウンセラーなどの

形のない商品は、

お客さまは、

「買ってみるまでわからない」

ということです。

なので、

商品が売れないのは、

お客さま自身が

「買って失敗したくない」

からです。

買うことによって、

損したくないとか
失敗したくないとか
結果が出ないんじゃないか

という不安があるので、

買うことをためらうわけです。

稼げるコーチが
体験セッションでやっていることは、

「理想の未来を見せること」

です。

お客さまが、

理想の未来に行けるイメージになれば、

行きたくなるので、

商品を買いたくなります。

しかし、
稼げないコーチは、

「いい商品ですよ」

という商品説明ばかりするので、

お客さまが、
理想の未来に行けるイメージを持てません。

だから
断られるわけです。

値段が高いという理由で断られるのは、
一番最後のはずです。

最終的に

「買いたくてもお金が払えない」

場合は、

「お金がない」

という理由で断られます。

しかし、
稼げないコーチのクロージングは、

理想の未来を見せていないので、

断り文句として、

「お金がない」

という理由が出てきます。

本当は欲しいけれど、

本当に

「お金がない」のか、

それとも

買う気がないから

「お金がない」と言っているのか

では、大きく違います。

あなたが断られるときの

「お金がない」

と言われるのは、
どちらでしょうか?

稼げないコーチは、
ほとんどの場合が、

断り文句の

「お金がない」

ほうです。

これが
欲しくて、欲しくて仕方ないのに

「どうしてもお金がない」

なら、
それこそ、仕方がありません。

しかし、
本当に欲しいのなら、

親やカードローンで
お金を借りてでもやるはずです。

別に、
理想の未来に行くために
借金したらだめということを
あなたが言う必要もありません。

お客様がそれぐらいしてでも
あなたの商品をほしいとおもうかどうか、

そして、
あなたが、お客さまを

理想の未来に本当に連れていきたいかどうか、

それだけの話しです。

あなたが本当に
目の前にいるお客さまを
助けてあげたいかどうか、

そして、
助けるためには

嫌われても、
怒鳴られても、
契約してもらう覚悟があるかどうかで
稼げるかどうかが決まります。

あなたの商品は
実際のところ
買ってみるまでわからないのです。

だったら、
一旦買ってもらってから
判断してもらうほうがいいわけです。

この覚悟ができるまでは
稼げるようにはなりません。

 

価格が安いか、それとも高いか

 

では、
あなたの商品は、実際のところ

高いでしょうか?

それとも

安いのでしょうか?

それを決めるのは、

「お客さま」

です。

コーチであるあなたは、

「希望小売価格」

を決めているだけです。

商品単価を決めて、
一度売ってみてください。

10人に売ってみて、

「いくらだったら買ってくれますか?」
「どういう内容なら買ってくれますか?」

とリサーチして、

買ってくれるまで商品作りをしてください。

売れる商品ができたら、

高い、安いは、

お客様が決めるだけの話しです。

売れる商品ができたら、

あなたの価値をしっかりと受け取ってくれるお客さまだけを
相手にすればいいです。

「値段が高いですね」

というお客さまにまで
相手にする必要はありません。

値段をどんどん下げるのは、
それまでに買ってくれたお客さまに対して

とても失礼なことです。

あなたの商品を
30万円で買ってくれた人がいたら
30万円以下で売ることをしてはいけません。

それがお世話になっている
お客さまに対しての

恩返しになります。

むしろ、

経験値やスキルが上がっている分、

値段を上げる方向にしていかなければ
なりません。

それが
ビジネスというものです。

ビジネスを始めた頃は
商品が売れるまでは初心者です。

初心者の頃は、

値段はお客さまに合わせればいいです。

しかし、
商品が売れるようになれば、

今度は、

あなたの提示した価格で買ってくれる人だけを
相手にしていかなければなりません。

「値段が高い」

という人まで相手にする必要はありません。

値段が高いという人は、

「あなたの価値をわかっていない人」

です。

ひょっとしたら

「あなたの価値を受け取れない人」

かもしれません。

あなたの価値を受け取れない人が
間違ってあなたの商品を買っても、

「結果が出ない」

わけです。

私の場合も、
私のスキルを受け取れない人は、
結果が出ないわけです。

例えば、算数でも
小学生のレベルしかわからない人に
微分積分を教えようとしても
無理ですよね。

それと同じで、
私のスキルを受け取ろうとしない人にまで
商品を売ることは
意味がありません。

もちろん、
お金儲けと割り切れば、
それでもいいでしょう。

しかし、
私は結果が出ない人にまで
商品を売ることはありません。

本気の人、
覚悟が足りない人は、

途中で挫折することが
わかっているからです。

そんな人にスキルや時間を提供するなら、
絶対成功したい人、
絶対コーチングで稼ぎたい人に

時間を使うほうが
私もやりがいがあるからです。

なので、
私は、

私の価値を理解して、
価値を受け取る人にしか
クロージングさえもしません。

お客さまが

「この商品安い」

と思ってもらえなければ、
意味がありません。

このように、

お客さまが

価格を決めているわけです。

私が、

この値段が

「高いかな、安いかな」

と思って決めているわけではありません。

私の価値を

「安い」

と思って買ってくれる人だけを

お客さまにしているわけです。

稼げないコーチは、
自分の商品を

自分の価値観で

値決めしています。

それだと、

売れなければ、

「高いかな」

と思ってしまうわけです。

そうではなくて、

値段はお客さまが決めているわけです。

お客さまが

「安い」

というまで商品力を高め、

売れる商品にする、

その後で、

高いというお客さまは
リリースしていけばいいのです。

この、
商品力を高めずに、
集客だけで商品を売ろうとすると

全く売れません。

私がいつも言っている
ゴミの商品を売っている状態です。

そんなゴミの商品を売り続けても
稼げるようにはなりません。

まずは、
お客さまに

「どんな商品が良いのか」

教えてもらうことです。

それが
ビジネスとしての
商品づくりです。

稼げないコーチが
自分自身でいくらいい商品を作っても
売れないでしょう。

それはなぜかというと

自分のできることを商品にするからです。

稼げないコーチができることを
商品にしても、
売れることはあまりありません。

そうではなくて、

お客さまにニーズを聞き取り、
お客さまのニーズを商品にするほうが
売れる可能性が高くなります。

その後で、
集客をしていかないと、
お客さまのニーズに
アプローチできません。

売れない商品を集客でなんとかしようとするのは
お金がある人のすることです。

大企業はそれでも大丈夫ですが、

ゼロイチの人や
稼げていないコーチがそれを真似しても
うまくいくことはありません。

売れる商品があっての
値段なのです。

このことを理解せずに
ビジネスをしている人が
とても多いです。

だから
コーチング業界は、
稼げないコーチで溢れているのです。

これからも
どんどん稼げないコーチが
量産されていきます。

せっかく私のメルマガを読んでいるのに、
稼げないコーチになってほしくありません。

今のうちに、
稼げるコーチになっていただいて、
たくさんの人を
助けてあげてくださいね。

いかがでしょうか?

商品の価格は
お客さまが決めることです。

コーチ自身が高い安いと言ったところで、
あまり意味がありません。

ビジネスというのは、

あなたの価値をしっかり理解してくれる人だけに
商品を売ることで成り立ちます。

値段が高いという人は、
商品の価値を理解していない、

もしくは
あなたの価値を理解していない

人です。

そんな人にまで
あなたの価値を提供する必要はありません。

あなたが今まで、積み上げたスキルを
安売りしないようにしてください。

そうすることで、
コーチングでも稼げるようになりますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP