クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

契約が取れる人と取れない人の違い

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、

稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
YouTubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日は、
契約が取れる人と取れない人の違い
というテーマで話しします。

稼げないコーチは
契約が取れないと悩んでいると思います。

契約が取れるようになれば、
契約を取るのはそれほど難しくありませんが、

私も契約が取れない時は、

「なんで、100万円もする商品の契約が
簡単に取れるのだろうか」

と悩んでいました。

なぜなら、
いくら頑張っても、
高い商品がポンポン売れるイメージが
なかったからです。

今では、
なぜ、高額商品が売れるのかという理由も
契約が簡単に取れる理由も
理解しているから、
それをクライアントに教えることができます。

しかし、
稼げていない時は、
理由がわからなかったので、
とても苦労しました。

せっかく私の動画を
運良く見ることができている人には、
そんな苦労はできるだけ短い時間で
終わらせてほしいので、
今日はそんな話をしています。

ぜひ、参考にしてください。

契約が取れない理由は
大きく分けて2つあります。

まずは、
簡単なほうから行きます。

1つ目の理由は、

「難しく考えすぎているから」

です。

多くの稼げないコーチは、
高額商品の契約を取ることを

「難しい」

と感じているはずです。

難しいと感じているものは、
基本的に、難しい方法を選んでいます。

私は、今、
契約を取ることは

「とても簡単だ」

と思っているわけです。

だから、
契約は簡単に取れるし、
クライアントの数を制限するまでに
なっています。

契約を取ることが難しいと思ってしまうと
なかなか契約を取ることが難しくなります。

例えば、
私はマラソンを走ろうとも思いません。

なぜなら、
42キロも走れるとは
思っていないからです。

しかし、
実際は、普通の人でも
4時間ぐらいで走れたりしますよね。

このマラソンを走れる人は、
難しいとは思っていないはずです。

つまり、
自分が走れると思っているところから
スタートしているはずです。

同じように、
コーチングの契約も

「簡単に取れる」

と思うところからスタートするべきです。

そうしないと、
取れるものも難しく考えて、

最悪の場合、

「取れない」

と思った途端に、絶対に取れません。

マラソンが無理と思った途端に
走れなくなるのと同じです。

つまり、
契約が取れるか取れないかは、

自分自身が

「取れる」

と思わなければ、
始まらないのです。

多くの稼げないコーチは

契約が取れないと思っているから、
他のスキルを学ぼうとします。

そうではなくて、

「契約は取れる」

を前提に始めないと、
絶対に取れないのです。

このことを考えると、

「契約は取れない」

と思っているのに、

スキルを学んだり、
実績を作ろうとしたりします。

そうではなくて、
契約が取れるのは当たり前だと思うことから
スタートすることです。

これは、自分自身で、

契約が取れることにする

ということからスタートすればいいわけです。

1つ目は
自分で決めるだけなので、
簡単な方ですね。

2つ目は
上級です。

これは、
契約が取れる人は必ずやっていることです。

それは、

「理想の未来を見せる」

ということです。

契約する前に
お客さまの理想の未来を確認することは
当たり前のことです。

それはなぜかというと

言葉の定義が違うからです。

例えば、

「幸せになりたい」

という人がいたとします。

このときに、
この人の幸せの定義を
聞かなければ、
契約が決まることはありません。

この人の幸せが、

お金持ちになることなのか、
自由な時間を得ることなのか
パートナーが欲しいのか、

それによって理想の未来が変わるからです。

私の商品の場合は、

お金と時間は手に入りますが、
パートナーが欲しいとなると
少しゴールがずれてしまいます。

となると、
理想の未来につれていけなくなり、
商品を買ってもらえなくなります。

なので、
まずは、理想の未来を明確にすることです。

そして重要なのは、
理想の未来のさらに先の未来を
できるだけ見せてあげることです。

これをしないと、
ほとんどの場合、
契約には至りません。

例えば、
稼げないコーチは
テーマが小さい場合が多いです。

例えば、
自信をつけたい、
というようなテーマの場合、

答えとしては、
自信がないというのは
自信がある証拠であり、

自信をつけるためには
劣等感を捨てるセッションが一番簡単です。

しかし、
セルフイメージを自分自身で高められるようになれば、
自信をつけたいというような
小さなテーマにお金を払わないことに
気づくはずです。

そうではなくて、本当は

「何かをしたいから」

自信をつけたいわけです。

このしたい何かを
体験セッションで聞き出すことができれば、

自信をつけたいということは
通過点でしかないことに
気づかせることができます。

これができれば、
契約してもらったも同然なのです。

自信をつけて、さらに先に、
「何かをしたい」のであれば、

そこまで連れて行ってくれるのですから、
やらないほうがおかしいわけです。

やらないとしたら、

「何かをしたい」という
「何か」が本当の理由ではないはずです。

それがわかるだけでも
大きく成長できます。

契約が取れる人は
理想の未来の先まで
お客さまにイメージさせることができる人です。

これができるようになれば、
高い商品でもお客さまは安心して
契約してくれるはずです。

今回お話した、
この2つのことをしっかり理解して、
契約できるようになってくださいね。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP