クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

【ビジネスモデル】稼げるビジネスモデルを手に入れる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 
 
 
 
今日は、
 
「稼げるビジネスモデルを手に入れる」
 
というテーマでお話します。
 
 
 
 
多くの稼げないコーチが
稼げない理由は、
 
「稼げるビジネスモデルを持っていないから」
 
です。
 
 
 
稼げるビジネスモデルとは、
 
毎月、最低生活費分は
売上を作れるビジネスモデルのことです。
 
 
 
セッション単価、3万円以下では、
毎月生活費分を稼げるビジネスモデルを
作ることができません。
 
 
 
たとえ、セッションが単価3万円だとしても
毎月、安定して10人を集めることは、
稼げないコーチにとって、
不可能だからです。
 
 
なので、
一番簡単なビジネスモデルとしては、
 
6ヶ月でセッション回数12回の商品を作り、
30万円で売る、
 
これを毎月一つは必ず売れる仕組みにすることが
最も簡単なビジネスモデルです。
 
 
 
この簡単なビジネスモデルがもし、
「難しい」と感じるなら、
ビジネスをやるべきではありません。
 
 
なぜなら、
コーチングを本業でやっていないコーチに
高額セッションを頼みたいというお客さまが
いないからです。
 
 
 
コーチングを頼むとしたら、
お客さまはどうしても
 
「結果がほしい」
 
わけです。
 
 
 
コーチングだけで生活できていないということは、
プロとして
 
「コーチングで食べて行けていない」
 
ということになります。
 
 
 
プロとしてコーチングをしていないコーチに
何十万も払う人はいないのです。
 
 
 
ということは、
できるだけ早く単価を上げて、
 
なんとしてでも契約を取るように
していかなければなりません。
 
 
 
それが
稼げないコーチが最初にやるべきことです。
 
 
 
この理屈がわかっていないと、
 
セッション単価1万円ぐらいで始めて、
いつか単価をあげられると
勘違いしてしまいます。
 
 
 
しかし、一度
セッション単価1万円で始めてしまうと
なかなか2万円にはできません。
 
 
1万円で受けている人にとっては、
倍のセッション単価を払うのかというと
難しいはずです。
 
 
この事に気が付かないと、
いつまでたっても
安いセッション単価でコーチングをすることになります。
 
 
そうなると、
なかなか稼ぐことができないのです。
 
 
 
このことをしっかり理解して、
稼げるようになってっくださいね。
 
最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。
 

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP