クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

罪悪感があると稼げない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

罪悪感があると稼げない

 

罪悪感があると稼げない

 

今日は、

罪悪感があると稼げない

というテーマでお話します。

ビジネスでは、

「罪悪感」

があると稼げません。

なぜかと言うと、

お金を受け取ることを

「罪悪」

と思ってしまうからです。

コーチングセッションで、
相手を幸せにしているのに、

対価のお金を受け取ることが

「悪いことをしている」

ように感じてしまうと、

お金を受け取ることができません。

お金の額が大きくなればなるほど、

罪悪感が増していくわけです。

だから、
5000円、1万円といった
低額しか受け取れないコーチに
なってしまうわけです。

クライアントの人生を変えることは、
決して悪いことをしているわけではありません。

むしろ、
いいことをしているはずです。

しかし、
このいいことをしているにもかかわらず、
お金のブロックによって、

「お金を受け取れない」

という状態を作ってしまいます。

それが
多くのコーチが
稼げない原因です。

今日は、
そんな話をしてきます。

 

罪悪感の原因

 

では、まず、

なぜ、罪悪感を感じるのでしょうか?

稼げないコーチのほとんどがお金のことを

「特別なもの」

と思い込んでいます。

100万円のお金と
100万円の価値を比べたときに、

100万円のお金のほうが
上だと感じているわけです。

そうなると、
いくら自分が
100万円の価値を提供しても

「100万円をもらうことが悪いことだ」

と思ってしまいます。

それが、
罪悪感を感じる部分です。

しかし、
お金というのは、

ただの「物」です。

ビジネスというのは、
100万円のお金と
100万円の価値を
交換しているだけの話です。

上も下もありません。

等価交換だということを
理解しなければ、
ビジネスは始まらないわけです。

ほとんどの稼げないコーチは、
お金を特別なものと思っているので、

お金を受け取れなくなるわけです。

 

自分の価値を下げている

 

お寿司の価値は、
お寿司屋さんが決めています。

1貫100円のものもあれば、
1000円のものもあります。

労働者は、
損得勘定で物事を図るので、

100円だったら得というものを
食べるわけです。

1000円のものを食べようとすると

きっと

「勿体ない」

と感じるでしょう。

ここにも
稼げない原因があります。

なぜ、
勿体ないと思うのでしょうか?

100円の寿司と
1000円の寿司、

1000円の寿司を勿体ないと感じる感情は、
どこから来ていると思いますか?

1000円の寿司を勿体ないと感じるのは、

「自分は1000円の寿司を食べる価値がない」

と自分で感じているわけです。

つまり、
自分は1000円の寿司を食べるのに

「相応しくない」

と感じているのです。

自分の価値を高めるためには、
自分の価値にふさわしいものを
与える必要があります。

だから、
お金持ちは、
エルメスやビトンを持ち、
ベンツやレクサスに乗るわけです。

エルメスやビトン、
ベンツやレクサスが

「勿体ない」

と思っているうちは、

それらのハイブランドは
持てません。

それらの
ハイブランドが

「相応しい」

と思うからこそ、
金持ちが買うわけです。

お寿司の話に戻すと、

自分が食べるお寿司は
100円よりも
1000円のほうが相応しい

と思えるようにならなければ、

いつまでも、

「勿体ない」

という感情になるでしょう。

それができないから、

自分の価値を下げ、
お金も受け取れなくなるのです。

自分の価値がしっかりあり、
100万円の商品を提供できていると思えれば、

100万円で商品を売ることができます。

お寿司屋さんは、
シャリやネタを仕入れて、
利益を載せて売るから
儲かるわけです。

コーチングも同じです。

あなたが経験してきたことや
取った資格に、

利益を載せて
100万円で売っても
何も悪いことをしているわけではありません。

これを
100万円で売ることは悪いことと
罪悪感を感じてしまうと、

「お客さまが買いやすい値段」

で販売してしまいます。

お寿司屋さんで、

あなたが

「このトロを100円で売ってくれ」

なんて言わないですよね。

1000円で売っているものなら
1000円払うと思います。

それと同じで、
あなたの商品が100万円なら
100万円を払って貰う人にしか
提供する必要がないわけです。

それを
自分のことしか考えず、

「どうやったらお金がもらえるのか」

を考え出すと、

「お客さまが買いやすい値段」

をつけるわけです。

お寿司屋さんがやっていることを
すればいいのに、

なぜ自分のビジネスになると

値段を下げるのでしょうか?

それでは
ビジネスが回るわけはありません。

ビジネスをする限り、
利益を取らなければ、
ビジネスは回ることがないのです。

お寿司屋さんは、
100円寿司でも
利益を上げているから
続けていけるのです。

そのことを理解しないと、
100円寿司は、
ボランティアでやっているとでも
思っているのでしょうか?

そんなことはありません。

100円寿司でも
100均でも
利益が出るから
ビジネスが続いているのです。

そのことを理解しないと、
お客さまの言い値で
商売が成り立つことはありません。

そのことを
しっかり理解してください。

 

どうやって罪悪感を外すのか

 

では、
どうやったら罪悪感が外れるのでしょうか?

まずは、

お客さまのニーズに応えることです。

お客さまがして欲しいことなら、
お金をいただくことができます。

そして、
お客さまが

お金を出してでもして欲しいことを
ビジネスにすることです。

儲かるか儲からないかは
おいといて、
お客さまがして欲しいことは
すべてビジネスにできます。

あなたがパソコンが得意なら、

パソコンが苦手な人に、
パソコンを教えても
お金をもらえます。

ホームページが作れるなら、

ホームページが作れない人に対して
ホームページを作ってあげると
お金がもらえるわけです。

コーチングならどうでしょうか?

コーチングなら
相手の悩みを解決し、
理想の未来につれていければ
お金がもらえるはずです。

悩みが深ければ深いほど、
理想の未来が難しければ難しいほど、
もらえるお金が多くなるだけの話です。

しかし、
ここからが最も重要です。

あなたが簡単にできることでも、

「とても難しく感じているお客さまがいる」

ということです。

あなたは簡単にできることでも
できないお客さまにしてみれば、

「お金を出してでもやって欲しいこと」

があるわけです。

罪悪感があると
簡単にできることに対して
お金をもらうことが

「悪いことだ」

と感じてしまうかもしれません。

パソコンの修理で、
たった1分で直せるとしても、

直せない人にとっては
お金を出してでも
直してほしいわけです。

たった1分の作業でも、
10万円請求されても、
パソコンを買い換えるより早かったり、
とても大事なデータだとしたら
お客様にとっては、
とてつもない価値があるわけです。

それを
「1分で直せたから、無料でいいですよ」

と言ってしまうから
稼げないわけです。

たった1分の作業だとしても
その経験を手に入れるためには
何年も何十年もかかっていたりします。

そこに利益を載せても悪いことではありません。

私も
コーチングで稼がすことは
とても簡単です。

数分話せば、
直すべきところはすぐに分かります。

しかし、
稼げないコーチにとっては、
何をやっても稼げないとしたら、

100万円払ってでも
稼ぎたいという人は
たくさんいるわけです。

私は、
お金を払ってでも
稼ぎたいコーチだけを
相手にしています。

私にとっては、
数分、数十分話すことで、
どんどん稼げるようにすることができますが、

稼げない人には答えがわからないので、

「お願いします」

と相手から言われるだけの話です。

これが
罪悪感があり、

「数分話しだけで何十万円も受け取れない」

と感じていたら、
私は全く稼ぐことができないでしょう。

私には、
簡単なことでも、
稼げないコーチにとっては、
ものすごく価値があるわけです。

これが
お客さまのニーズになります。

お客さまのニーズに応えることで、
お金をいただくことができるのです。

そう考えていくと、
あなたが簡単にできることでも
お金をいただくことができます。

それが
ビジネスです。

ビジネスの仕組みさえ理解すれば、
誰でも稼げるようになります。

ただし、
答えを知っているか知らないかは
大きな差になります。

稼げないコーチは
答えを知らないだけなのです。

自分が悩んでいることが
解決しても稼げないことに
早く気がつくことです。

本当に解決しなければならないことは、
稼げないコーチは気がついていないのです。

稼げないコーチは
稼ぐために
集客やセールスを学びます。

しかし、
その先には
稼げるというゴールはありません。

稼げるというゴールがないのに、
集客やセールスをがんばります。

それだと
稼げないことをわかっている人は
極めて少ないです。

だから、
稼げないゴールに向かって
無駄な時間を使い、
必死になっているのです。

稼げるコーチになれば
今までやってきた努力は
とても無駄に感じるでしょう。

しかし、
無駄に感じることでも
経験しなければ
稼げるようにはなりません。

無駄なことでも
経験しなければ稼げるようにはならないのです。

高額塾に通っても
稼げるようにはなりませんが、

高額塾に通わないと、

「高額塾では稼げない」

という学びを得ることができないのです。

私のところに来る稼げないコーチは、
「高額塾では稼げない」
を経験してから来る人も多いです。

「高額塾では稼げない」
を経験するからこそ、

私のところで稼げるようになるのです。

それを無駄だと捉えるか、
経験が必要だと捉えるかは
自由ですが、

集客やセールスだけを学んでも
稼げるようにはなりません。

一日も早く、
その事に気がついて、
稼げるようになってくださいね。

いかがでしょうか?

罪悪感があると稼げない理由が
わかりましたか?

コーチングの商品に利益を乗せることは
悪いことではありません。

利益を載せて
しっかり稼ぐことで
次の契約までコーチングを続けることができるのです。

もし、
利益を載せずに
儲けることができなければ、
今と同じで、
稼ぐことができないでしょう。

ビジネスは、
始めるのは簡単です。

しかし、
続けることのほうが
とても難しいのです。

無料でビジネスは始められますが、
資金が回らないと
続けることができません。

だから
多くのコーチが
副業でしかコーチングができないのです。

あなたがもし、
本気でコーチングで稼ぎたいのなら

罪悪感を取り除き、
しっかりと利益を出すことに
専念してください。

それが、
稼ぐことに繋がるのです。

ぜひ、
あなたもしっかりと利益をとって
コーチングを本業にしてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP