クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

見込み客が本当に欲しいものを提供する

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

見込み客が本当に欲しいものを提供する

 

今日は、

「見込み客が本当に欲しいものを提供する」

というテーマでお話します。

あなたがコーチングをしていく上で、
「見込み客が本当に欲しいものはなにか」
理解していますか?

見込み客が本当の欲しいものでなければ、
見込み客はあなたに

「お願いします」

とはいいません。

稼げないコーチのほとんどが

「本当に欲しいもの」

を提供していないのが現実です。

見込み客が本当の欲しいものは、

「見込み客の引き出しの中」には

存在していません。

コーチングスクールで資格を取ると、

「ティーチングはだめ」
「価値観の押しつけはいけない」

と教えられるそうです。

私もクライアントからその事実を聞いて
びっくりしました。

私は、
マーケティングコーチ協会の
コーチの資格を取っていますが、
現在、ほとんどの協会やスクールは
そう教えるようですね。

見込み客の引き出しの中に
答えがないのに

引き出しの中のものを
引き出しても成長しない

のです。

この事実を知らずに、
コーチングスクールに通い、
コーチングの資格をとっても

コーチングの真似事はできても、
人生を変えるコーチングは
絶対にできません。

コーチングの資格をとって
稼げていない人を

私は、
「なんちゃってコーチング」
と呼んでいます。

そんなコーチングのまがい物を
手に入れたところで、
稼げるようにはならないからです。

別に、趣味でコーチングを学んで、
無料で人助けしたい人なら、
別に構いません。

しかし、
コーチングやNLPも含めた学問を学んで
「お金を稼ぎたい」というのであれば

なんちゃってコーチングでは
お金を稼ぐことができません。

人生を変えるコーチングと
引き出しから答えを導き出すコーチングでは、
まったく次元が違うものだからです。

そんな「なんちゃってコーチング」を
やりながらお金を稼ごうとしても、
一生稼ぐことができません。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

人生を変えるコーチングとは

 

まずは、
人生を変えるコーチングとは、
どんなものなのでしょうか?

人生を変えるコーチングは、

「見込み客の人生を
変えるコーチング」

のことです。

見込み客の人生を変えるには、
もちろん、
悩みの根本原因を
見込み客に気づかせる必要があります。

ここまでであれば、
なんちゃってコーチングでもできるでしょう。

では、
このあと、
悩みの根本原因を気づかせた先になる、
根本原因を解消することが、
なんちゃってコーチングではできません。

なぜなら、
根本原因を解消させることは
見込み客の引き出しの中に
答えはないからです。

例えば、

「お金がない」
という悩みを解決したいのに、

「お金の稼ぎ方」という内容は、
見込み客の引き出しの中には
答えがありません。

ビジネスでの悩みである、
ネット集客のスキルや
PPC広告のスキルがあるはずがないのです。

この根本的原因を解決するためには、

ほとんどの場合、
「見込み客の引き出しの中」にはなく
ティーチングが必要だからです。

このティーチングは
日本で教えられているほとんどの
コーチングスクールでは
タブーとされています。

コーチを目指すほとんどの人が、
日本でコーチングスクールを卒業し、
資格をとっている限り、
稼げることはありません。

それは、
コーチングスクールでは
「ティーチングがNG」だからです。

私のところに相談に来る人は
「ティーチングしてもいいんですか?」
と必ずいいます。

私は
「ティーチングだけやってますが・・・」

というと、
「それをやったら駄目だと思ってました」

と必ず言うわけです。

それが理由で稼げないのですが、

サポートでついているコーチも
全員そういうことをやっているので、

学んでいる側も
それが「当たり前」の価値観で
植え付けられていきます。

しかし、
私も含めて少数のコーチは
「稼ぐことができている」のが
現状です。

その違いは何かと言うと
「ティーチングをする」からです。

先程も書いたように
「ティーチングなし」では、
「見込み客の引き出しの中にあるもの」
しか解決できません。

それは、
本当の悩みではなく、
表面的な悩みでしか無いのです。

そんな表面的な悩みを解決したところで、
また、同じ悩みに突き当たります。

メンタルブロックを一時的に解消しても、
また同じ悩みになるのと同じで、

根本原因を解消し、
原因の元から解決しなければ、
また同じ状態に戻ります。

同じ状態に戻るということは、

見込み客は
「効果がなかった」
という感情になるわけです。

それだと、
継続契約に繋がることはありません。

人生を変えるコーチングとは、
「根本原因を解消し、
欲しい未来を手に入れること」です。

そうしなければ、
いつまでたっても、
悩みは解消できないのです。

稼げないコーチは、
それを「ティーチングなし」で
延々とやっているわけです。

そんなことをしていても
いつまでたっても稼げるようにはならないのです。

 

なぜ、セッション単価が1万円以下なのか?

 

そもそも、
セッション単価が
なぜ、1万円以下なのでしょうか?

コーチングスクールで
コーチングを教えている講師が
8000円や、1万円程度の単価で
コーチングをしていると聞きます。

そんな安価な値段でコーチングをして
人生を変えることができますか?

何度もお話していますが、

メルセデス・ベンツの新車が1万円とか
エルメスのバーキンの新品が1万円とか

そんなレベルの話と同じです。

ベンツやバーキンが1万円で売られているとしたら
あなたは喜んで買うでしょうか?

たぶん

「にせもの?」
「盗難品?」
「騙される」

と思うと思います。

セッション単価が1万円としたら、

「にせもの?」

と思うわけです。

他人の商品には、
そう思うのに、
自分の商品に対しては、
そう思わないのは、なぜでしょうか?

本当に人生を変えられるとしても、
そんな値段では見込み客の人生を
変えることができません。

本当に人生を変えられる商品は、
それなりの「価値を提供している」ものです。

その値段が1万円というのは
あまりにもおそまつです。

もし、
見込み客の人生を変えることが
できるのであれば、

覚悟を持って、
値段を設定する必要があります。

セッション単価が1万円以下で
他人の人生を変えることはできません。

セッション単価1万円の人は、
そのあたりをしっかりと見直してください。

 

セッション単価を上げる方法

 

では、
セッション単価を上げる方法は
どんな方法でしょうか?

セッション単価を上げる方法は、
「本当に欲しいものを提供する」ことです。

例えば、
ダイエットしたい人の本当の目的は
何だと思いますか?

本当の目的は、
やせたいのではなく、

「モテたい」
「スタイルを良くしたい」

といった願望です。

この願望を叶えるために、
「ダイエットをする」わけです。

この本当の欲しいものを提供できれば、
コーチングでお願いされるようになります。

私の場合は、
「コーチングで稼ぐ方法」を教えています。

先ほどから書いているように、
コーチングスクールを卒業しても
稼げない人がたくさんいます。

稼げないコーチを量産しているだけなのです。

そんなコーチングを世の中に広めても、
スクールや協会だけが儲かり、
コーチが生活できない状態にいきつきます。

いくらコーチングが世の中を変えると言っても、
コーチ自体が生活さえできないのであれば、
コーチングを続けていくことができません。

なので、
コーチは最低限生活できる費用は
稼げるようになるべきなのです。

その上で、
「豊かさを手に入れてもらえる」と
より多くの人を助けることができます。

私は、
コーチが本当の欲しいものを提供しています。

そのためには、
見込み客が抱えている悩みと願望を
叶えることが必要です。

見込み客が

どんなことを悩んでいて、
どうすれば理想の未来にたどり着けるのか?

それを真剣に考えて、
間違っているかどうかを見込み客に確認する

この作業を延々と繰り返す必要があります。

そうしなければ、

あなたが
「見込み客の悩み」
と思っても

見込み客は
「別のものが欲しい」
と思っているのです。

それが稼げない証拠でもあります。

本当に欲しいものと一致していれば、
「お願いします」といわれるはずです。

しかし、
いつまでたっても稼げない

ということは、
見込み客の欲しいものではない

という結果です。

見込み客が本当に欲しいものを探すことも
ビジネスではとても大事なことです。

本当に欲しいものを探し出すことで、
セッション単価を上げることができます。

厳密に言えば、
セッション単価を上げなければなりません。

そう考えていかないと
いつまでたっても
ビジネスに覚悟が生まれません。

覚悟がないビジネスは、
「売って終わり」のビジネスになります。

そうではなくて
見込み客から価値を受け取ったら、

覚悟を持って
見込み客を欲しい未来に連れて行くこと
が必要です。

これが、
セッション単価を上げる方法です。

ぜひ、
一度、商品を見直してみてください。

いかがでしょうか?

見込み客が本当に欲しいものであれば、
相手から「お願いされる」はずです。

しかし、
クロージングで

説得したり、売り込んだり
しなければならないとしたら、

それは本当に欲しいものではありません。

本当に見込み客が欲しいものは何なのか?

今一度考えてみてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP