クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客ノウハウを学んでも稼げないコーチへ

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客ノウハウを学んでも稼げないコーチへ

 

集客ノウハウを学んでも稼げないコーチへ

 

今日は

集客ノウハウを学んでも稼げないコーチへ

というテーマでお話します。

稼げないコーチの中には、

「集客のノウハウをいくら学んでも稼げません」

という人がいます。

なぜ、
集客のノウハウを学んでも
稼げるようにならないのかというと、

売れる商品がないからです。

実は売れる商品さえあれば、
集客はそれほど重要ではありません。

しかし、
稼げないコーチのほとんどが
集客さえできれば、
売れると勘違いしています。

稼げないコーチが
集客の悩みさえ解決できれば、
売れると勘違いしているので、

集客のスキルを売っている起業家が
儲かるわけです。

しかし、
実際はというと
いくら集客のノウハウを学んでも
コーチングの商品は売れません。

集客のノウハウを教えてくれる
起業家にお金を払って
結果が出ないということになります。

これは、
寿司屋で言う
まずい寿司を食った状態になるわけです。

今は、
新型コロナウイルスで、
副業ブームが起こっています。

今のまま、
働き続けることが不安なので
起業したり、副業したりしよう
と思っている人がたくさんいます。

そんな人は、
マーケティングに関しては
情報弱者なので、

集客のすごいノウハウを

「教えてもらったら稼げるぞ」

と勘違いして、

集客のノウハウを教えてくれる商品を
買ってしまうのです。

そもそもは

「集客の悩みを解決する商品」

を売っている起業家が、

集客できない人向けの
お客さまのニーズを叶える目的で
扱っている商品です。

つまり、

「集客できたら稼げる」

という勘違いをしているからこそ、

そんな商品に目が止まり、
買ってしまったけれど、
結果が出ない、

ということになります。

そもそもは、
「集客できたら稼げる」

ということ自体が間違っているのです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

いくら集客のノウハウを学んでも意味がない

 

そもそも
集客のノウハウを学んでも
意味がありません。

飛行機の部品で言う
羽根だけあっても飛ばないのと同じで、
集客だけでビジネスはうまくいきません。

ビジネスのというは、

まずは、
「売れる商品」があって、

その後で
売れる仕組みを作ります。

多くの稼げないコーチが勘違いしているのは、

ゴミであっても
集客さえできれば売れる、

と思っていることです。

普通に考えれば、
ゴミを売ろうとしても
買ってもらえませんよね。

自分の商品が
ゴミだとは誰も思っていないのです。

しかし、

集客ができるようになっても
売れないとしたら
それはただのゴミ同然の商品だ

ということです。

このことに気がつくと、
先に売れるような商品づくりが必要だ
ということがわかります。

売れる商品があるからこそ、
集客ができれば売れるのです。

それを
売れない商品を
集客でなんとかしようとしている時点で
ビジネスをなめているわけです。

ビジネスをなめているからこそ、
集客のノウハウに
高いお金を払ってしまって
騙された状態になるのです。

なぜ、
そういうことになるのかというと、

「集客ができれば売れる」

と勘違いしていることから
始まっています。

集客ができても売れないことを
知っていたら、

集客のノウハウなんて商品を
買うはずがないのです。

それでも、
そんな稼げない商品を買ってしまうこと自体が、
ビジネスの考え方が甘いのです。

まずは、
このことを理解することです。

 

本当に稼ぎたいのなら

 

では、
本当に稼ぎたいのなら
どうしたらいいと思いますか?

私がネットワークビジネスのメンターに
教えてもらった方法が
一番早く稼げる方法です。

それは何かというと、

「手当たりしだい、声をかける」

ということです。

例えば、

スターバックスのカウンターで隣りに座った人に
声をかける、

電車で隣りに座った人に
声をかける、

どんどん声を声をかける、

というふうに、
私のメンターには、

「10人のアポを取るまで帰るな」

と言われました。

つまり、
コーチングで言うと

「体験セッションのアポを
10人取るまで帰るな」

ということです。

もし、10人のアポが取れたら
いくらなんでも一人ぐらい契約が取れるはずです。

もし取れなくても
100人やったら取れるでしょう。

ということは
10日で1人の契約が取れるということになります。

しかし、ここまでして
コーチングの契約を取りたいという人は
まずいません。

だから稼げないわけです。

もし、

毎日10人のアポを取るまで、
帰ってくるな、
そうしないと給料は無い

という会社なら、
頑張るはずです。

しかし、
自分の商品となると
そこまで頑張らないのです。

やりたくないことは
やらないから稼げないだけなのです。

なぜ、
集客のノウハウの商品を買うかというと、

やれる範囲で稼げる方法を
探しているからです。

そんなことをしていても
いつもいっているように
自分のコンフォートゾーンの中なので、
なかなか稼ぐことが難しいわけです。

本気で稼ごうと思ったら、
自分ができないことや
やりたくないこと、
わからないことを
しなければなりません。

商品を選ぶときに、
自分が嫌なことをやらなければならないことを
知っていると、
そんな商品は欲しくないですよね。

嫌なことをやってまで
稼ぎたいとは思っていないのです。

それが
本当の稼げない理由です。

あなたが
集客のノウハウを教えてもらう商品を選ぶときに

嫌なことをする内容ばかり書いてあったら
買うでしょうか?

買わないと思います。

しかし、
本当は
嫌なことやできないことをするしか
稼げる方法はありません。

私も
スタバの隣りに座った人に
声をかけるなんてことはやりたくありません。

だから、
人一倍頑張って
ネットで集客できるスキルを身に付けたわけです。

それしか
稼ぐ方法がなかったらです。

それぐらい
切羽詰まらないと
成功できません。

ビジネスを甘く考えていると、

楽そうだし、
出勤もないし
稼げそうだし、

というような
妄想をすると思います。

しかし、
現実はそんなに甘くありません。

コーチングの業界でも
9割の人が
生活できていません。

つまり、
コーチングで稼げるようになり
生活できる人は
10人に1人ぐらいです。

残りの9人は、
副業の域を出ることができないのです。

そんな厳しい世界なので、
少々辛くても
会社員やパートの方が
確実にお金をもらうことができます。

決められた時間さえ
差し出すだけで
決められたお金がもらえるのです。

稼げるかどうかわからないコーチングビジネスよりも
よっぽど楽です。

そのことを理解しなければ、
なかなかコーチングビジネスで稼ぐことができません。

まずは、
ほとんどのコーチが
売れる商品を作ることができません。

売れる商品がないのに
集客でなんとかしようとしている時点で
ビジネスがおかしいのです。

ビジネスをちゃんと組み立てて、
どうやったら売上が安定するのか、
どうやったらお客さまが
商品を買ってくれるのかを
理解しなければ、
売上にはつながらないのです。

コーチングの商品が売れないのは
集客はほとんど関係ありません。

商品が売れないのは
自分がゴミを売っていると思うほうが早いです。

そのためには、
まずは、1つでいいので
誰かに商品を買ってもらうことです。

それこそ、
スターバックスで声をかけて
買ってもらってください。

買ってもらえたら
今度は集客のノウハウを学んでください。

買ってくれる人がいるということは
ゴミではないという証拠です。

ちゃんと売れる商品を作ってから
集客を学んでください。

それからでも
遅くありません。

ぜひ、
売れる商品を作って
稼げるようになってくださいね。

いかがでしょうか?

今は
新型コロナウイルスで
情報弱者向けの商品がたくさん出ています。

「集客ができたら稼げますよ」

という商品もたくさんありますが、
集客ができても売れることはありません。

このことを
しっかり理解して、
売れる商品から作り始めてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP