クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

高額商品を売るためには見下すことをやめる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

高額商品を売るためには見下すことをやめる

 

高額商品を売るためには見下すことをやめる

 

今日は、

高額商品を売るためには見下すことをやめる

というテーマでお話します。

あなたは
コーチングで稼げていますか?

もし、
コーチングで稼げていないとしたら
高額商品を売ることができないからです。

商品単価30万円以上の商品を
毎月1つ以上売ることができれば、
そこそこ稼げているはずです。

しかし
ほとんどのコーチが
商品単価数万円の商品しか売ることが
できません。

それはなぜかというと
「お金のブロック」があるからです。

お金のブロックを外すことは
コーチングで稼ぐために重要ですが、
それ以上に重要なことが実はあります。

それは
コーチ自身の価値観です。

コーチ自身の間違った価値観に
気がついていないとしたら

たとえお金のブロックが外せても、
稼げるようにはなりません。

今日はそんな話をしていきます。

 

なぜ、高額商品が売れないのか?

 

では、

「なぜ、高額商品が売れないのでしょうか?」

まずは、
コーチ自身が売る気がないからです。

売るつもりがあっても

「こんなに高い商品買ってもらえない」
とか

「こんなにお金をもらえない」
とか

自分自身で思っていると
売れるはずがありません。

高額商品を作っても
クロージングさえしないかもしれません。

クロージング無しで売れることはないので
売る気がないに等しいです。

そもそも
本当にビジネスをしたいのであれば、

「売上を作る」
ことをしなければなりません。

会社に勤めているときは
営業が売上を作ってくれていました。

しかし、
自分でビジネスをするためには
自分自身で
売上を作っていかなければなりません。

もし、
コーチングで生活するのであれば、
生活費が30万円必要なら
毎月最低30万円の売上が必要です。

経費を考えると
もう少し必要かもしれません。

計算しやすいように
必要な生活費を30万円とします。

生活費が30万円必要なら
商品単価30万円の商品なら
月に一人のクライアントを
安定して獲得しなければ
なりません。

もっと単価が安い商品になると
もっと難しくなります。

商品単価15万円なら
2人に買ってもらわないといけいません。

10万円でも3人です。

5万円になると
6人になります。

稼げていない状態ということは
集客ができていないので、
たとえ5万円の商品でも
6人に買ってもらえるとなると
かなり難しいと思います。

稼げないコーチは
「単価を安くして買ってもらおう」
と考えるのでうまくいきません。

商品を買って貰える方法しか
考えないからです。

これは
自分のことしか考えていない

ということになります。

ビジネスを軌道に乗せるためには

「お客さまのために」

なにかをしなければなりません。

それが
高額商品が売れない理由です。

 

お客さまがしてほしいことはなにか?

 

売れる商品を作るには、

「お客さまがしてほしいこと」

を見つける必要があります。

お客さまも
あなたに対して
奉仕したいと思っているわけではないからです。

コーチが買って貰える方法を
探したからといって

お客さまが

「わかりました」

とお金を払ってくれるのかと言うと
払ってくれないでしょう。

それはなぜかというと

「お客さまが何をしてほしいのか?」

を理解していないからです。

お客さまは
何をしてほしいのでしょうか?

めんどくさいこと
つらいこと
くるしいこと
痛いこと

このような心の痛みを含めて
痛みをなくしてくれることに対しては
お金を払ってくれます。

ビジネスは
お客さまが

「買ってくれる方法」を見つけるのではなく

「してほしいこと」

を見つけなければなりません。

この中には
集客やセールスといった
スキルはありませんよね。

だから
集客やセールスを勉強しても
稼げるようにはならないのです。

私は、
コーチングで稼げる方法を知っています。

稼げる方法は簡単です。

簡単だから
私のクライアントは
6ヶ月という短期間で
成果を出すわけです。

これが難しいことなら
6ヶ月という短期間で
成果を出すことはできません。

コロンブスの卵と同じで、
答えがわかれば、
誰にでも出来ることです。

稼げる方法を知ってから
集客やセールスを学びます。

なぜかというと
「売上を伸ばすため」
です。

30万円稼げるようになれば、
次は100万円をめざします。

その時に
集客やセールスを知っていれば
どんどん売上が伸びます。

しかし、
稼げない人は、
稼ぐ方法も知らないのに、
集客やセールスを学ぼうとします。

売れる商品がないのに
集客やセールスを学んでも
売れないわけです。

この部分を早く理解しないと
いつまで経っても
集客コンサルやセールスコンサルに
せっせとお金を払うということになります。

しかし、
その先に
稼げるというゴールはありません。

だから
結果が出ないのです。

稼ぎ方を教えているコーチ、コンサルは

必ず「商品作り」を

「集客」や「セールス」の前にやります。

もちろん、
「マインドセット」は必要ですよ。

お金のブロックを最低限外さないと
商品を売ることができません。

その後で

私がポジショニングと呼んでいる
「商品作り」
をするわけです。

しかし、
稼げないコーチは

「稼げない理由」が
稼げる方法を知らないとは
思っていません。

集客が
セールスが
差別化が
USPが

と別のところに
答えを求めています。

それでは、
どこまでいっても
稼げるようにはなりません。

だから
ほとんどのコーチが
稼げるようにはならないのです。

私はたくさんの稼げないコーチから
相談されているので
よく分かります。

私自身も
稼げていないときは
「集客が必要だ」
と思って必死にネット集客を覚えました。

しかし、
集客を覚えても
稼げるようにはなりませんでした。

次は
クロージングだ

と思って
セールスを学びました。

しかし、
稼げるようにはなりませんでした。

では、
お客さまが結果が出せるようにと考えて
コーチングを学びました。

でも
稼げるようにはなりませんでした。

本当に稼げるようになったのは、

「良い商品を作ること」
ではなく

「お客さまがしてほしいことを
するだけだ」

とわかったからです。

それからは、
私が稼げるようになった方法を
そのままクライアントに教えることで

早くて1週間、遅くても
6ヶ月あれば結果が出るようになったわけです。

私がクライアントに結果を出させることが
できるのは、

「稼げなかったことがあるから」

です。

クライアントが
「どこでつまずいているのか」
が分かるからです。

つまずいているところを
直すだけで壁は突破できます。

また、
この先につまずきそう所があれば
先手を打って先に教えることができます。

そうしているうちに
結果が出るわけです。

私の場合は
「コーチングで稼げるようになること」

がお客さまがしてほしいことです。

稼げるようになるためには

マインドセットから始まり
ポジショニング
ビジネスモデル
マーケティング
セールス

とこの5つの要素が
必要です。

私はこの5つすべてを
クライアントに教えることができます。

ビジネスで稼ぐために必要な答えすべてを
知っているので、
教えることができます。

もちろん、
コーチングもできますので、
行動させることもできます。

ティーチングとコーチングができるから
結果が出るわけです。

私が何度も言っている通り、

コーチングだけでは
体験していないことを
成功させることはできません。

月収100万円稼いだことがない
コーチが

クライアントに100万円を稼がせることは
できないのです。

つまり、
コーチングスクールで言っている

「答えは引き出しの中にある」
「クライアントの心の中にある」

というのは、

コーチングスクールの都合のいい
「言い訳」であり、

それを信じている限り、
稼げるようにはならないということです。

クライアントが
コーチングスキルだけで結果が出るのであれば、

コーチ自体がセルフイメージを上げることで
結果が出るはずです。

しかし、
コーチングスキルがありながら
稼げるようにならないということは、
引き出しにないところに答えがある証拠です。

これが
コーチング業界が
自分で自分の首を絞めている
結果になっています。

コーチングで稼いでいる人は、

「引き出しの中に答えはない」

ということを認め、

さっさとティーチングを取り入れた人だけです。

コーチングだけで
何億も稼いでいる人は
ほぼいません。

必ずティーチングのスキルを
使っています。

これは
コーチングとティーチングを使うことで
月収100万円は簡単だということを
意味しています。

コーチングだけに執着しているから
なかなか稼げないのです。

さっさとコーチングだけで結果を出そうとせず、

ティーチングを使って
クライアントを成長させることで
売上は伸びるのです。

 

高額商品を売るためにすること

 

では、
高額商品を売るためには
何をすれば良いのでしょうか?

まずは、
売れる商品を作るということです。

売れる商品がなければ、
いくら高額商品を作っても
売れません。

しかし、
ここで勘違いをしてはいけないのが

値段の「高い」「安い」が
高額商品を作る意味ではありません。

稼げないコーチは
自分のお金の価値観で
商品の値段を決めます。

「これぐらいだったら買ってくれるんじゃないか」

という値段を決めているはずです。

しかし、
ビジネスの本質は

「商品の価値は相手が決まること」

です。

あなたがいくら高い値段をつけたとしても
相手にとっては

「安い」と思う値段かもしれないわけです。

しかし、
稼げないコーチは
お金を受け取ることができないので、

「あまり高い値段をつけても売れたら困る」
だったり、

「こんな値段は高すぎて買ってくれる人がいない」

と売れない理由を先に作ってしまいます。

自分自身が
「値段が高い」と思いこんでいるので、

たとえクロージングしても

「断られるように」

クロージングしていまいます。

見込み客が別のことで悩んでいるので
断られる恐怖から

「高いですよね」とか
「難しいですよね」と、

見込み客が断りやすいような
言葉をかけたりするわけです。

それでは
安くても商品が売れることはありません。

あなたは
本当に相手に対して

「コーチング使って助けてあげたい」

と思っていないのかもしれません。

本気で助けてあげたいのであれば、

商品を買ってもらう
契約してもらうことが

必ず必要です。

しかも、
コーチングはボランティアではありません。

コーチングはあなたにとって
ビジネスだとしたら

「利益を最大化する」

必要があります。

つまり、

相手が払ってくれる最大の金額を
受け取り、
相手を理想の未来に連れて行くこと

がビジネスには必要です。

この2つのどちらが
欠けてもビジネスは成り立たないのです。

稼げないコーチのほとんどが、

「利益を最大化すること」

を意識していません。

相手にとって

「安いほうが良い」と

勝手に決めています。

だから
高額商品が売れることがありません。

しかし、
稼げないコーチが
良かれと思ってやっていることが

相手にとってとても
「失礼なこと」
だということに気がついていません。

コーチングにとって
安売りは

「悪」

です。

それを知らず知らずに
堂々として安売りをしているから
稼げないのです。

 

相手を見下すことをやめる

 

では、
コーチングでの安売りが

なぜ、悪なのでしょうか?

それは相手に対して

「こんな金額払えないでしょ」

と見下しているからです。

「安いほうが良い」

と考えるのは、

相手に対して

「どうせ払えないでしょ」

と言っているのと同じです。

もし、相手に対して、

「高額でも払える」

と思っているなら

なにも安くする必要はありません。

安くすることは
相手を見下しているから
安くするわけです。

相手が商品を買うということは

「価値を受け取ること」

になります。

10万円の商品なら

「10万円の価値」

として受け取ります。

私が売っている100万円の商品なら

「100万円の価値」を
受け取れる人だけが

私の価値を受け取るわけです。

100万円の価値を受け取れるなら
100万円の価値を販売することができます。

もし、
私の商品が10万円だったとしても、

この価値を受け取った人が
10倍にして
100万円の価値として販売することは
できません。

価値に付加価値をつけて売ることができるなら
私以上に成功しているはずだからです。

私の商品を買う人は
必ず私以下のポジションにいる人だけです。

私以上のポジションの人は
私の商品に見向きもしないはずです。

ということは、
私の商品を100万円で買った人ならば
100万円で自分の商品を売ることが
できるようになるということです。

現時点で私の商品を受け取らない人は、
月収100万円を稼げるようにはなりません。

払う器と受け取る器の大きさが
同じだからです。

もし、
私の商品を買うことができて、
自分の商品を100万円として
売ることができないのなら、

お金のブロックが存在するはずです。

器の大きさが同じだからです。

このことに気が付かないと

「お金を支払う意味」を
理解していないということになります。

たまに

「今は、お金がないので、
将来、お金ができたらコーチングをお願いします」

という人がいますが、

ほとんどの場合、
将来お願いされることはありません。

なぜなら、
お金ができたなら、
稼げている証拠ですし、

稼げないなら、
私のクライアントになれないからです。

チャンスに
「たら、れば」

はありません。

お金ができたら

というのは
一生ないわけです。

今、決断するから
チャンスを掴めるわけです。

私も
すべての人を
クライアントにできるわけではないので、
チャンスを掴める人だけ
クライアントにしています。

本当にチャンスと思っているなら
借金してでもチャンスを掴みに来るはずです。

稼げるようになれば
借金なんてあっという間に返せるからです。

成功できない理由を

「お金がない」という
言い訳に変えているだけです。

チャンスを掴める人だけと
一緒にビジネスをするほうが
私も将来楽しいわけです。

私と出会ったことを
チャンスと思うのか、

それとも
自分のタイミングで
成功したいと考えるのかで、

私もこの先
ビジネスパートナーとして
一緒にビジネスを出来るのかを
判断しています。

私をチャンスとして
選んでくれないのであれば、
将来一緒にビジネスをすることは
ないでしょう。

それが
どれだけの損失になるかは
本人次第です。

そのために、
体験セッションを用意しているわけです。

私は
体験セッションに来る人に対して

「お金払えるかな?」

なんて思ったことはありません。

相手を見下していないからです。

ましてや
クライアントとして成功してもらうためには、

「さっさと決断して、すっと払えるだろう」

とさえ思っています。

だから、
体験セッションでは
ほとんどの人が契約を決めてくれるのです。

私が
「払えないかも」
なんて思っていると

成約率80%なんて
いくはずがありません。

「払えない」という引き寄せを起こしてしまうからです。

それではビジネスがうまくいきません。

相手も助けることができないでしょう。

それが、ビジネスの本質です。

すべての物事は

「自分のやりたい方向」
に進んでいます。

今はわからないかもしれませんが、
稼げるようになれば
わかります。

「成功したくない」
から
「高額商品が売れない」
だけのことです。

そのためには、
自分自身で
相手の懐具合を決めたりしないことです。

相手を見下している限り
高額商品は売れません。

私は
「見込み客は必ず成功できる」

と思っているから
商品を提案しますし、
高額商品でも買ってもらえます。

成功できない
支払いができない

と思ってしまうと
契約が決まりません。

それが
ビジネスの本質です。

しっかり理解して、
ビジネスが安定するように
がんばってくださいね。

いかがでしょうか?

高額商品が売れないのは

「売れる商品がないから」
かもしれませんが、

もし、
「売れる商品」があるのに
高額商品が売れないとしたら、

相手を見下している可能性が高いです。

値段が「高い」「安い」は
相手が決めることです。

相手がお金を払うことで
受け取る価値を決めています。

高い商品を買えば
高い価値を受け取ったと
相手が思うだけのことです。

なぜ、ベンツでなければならないのか?

なぜ、エルメスのバーキンでないとだめなのか?

それは
受け取る側が決めているわけです。

この原理原則を理解しなければ、
ビジネスはうまくいきません。

あなたが
しっかりと理解して
ビジネスが一日も早く
うまくいくことを祈っています。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP