クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客を手放せば、売上が上がる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客を手放せば、売上が上がる

 

集客を手放せば、売上が上がる

 

今日は

集客を手放せば、売上が上がる

というテーマでお話します。

あなたは
集客の悩みがありますか?

集客ツールを学んで集客するけど集まらない
どうやったら体験セッションに来るのかわからない
そもそも何をすれば良いのかわからない

といった悩みがありませんか?

実は、
売上を作るのは集客ではありません。

稼げないコーチのほとんどが、

「集客しないと売上が伸びない」

と勘違いしています。

この勘違いを正しい理解に変えないと
売上が伸びません。

もちろん、
これは低価格セッションでも同じことです。

あなたの価値をしっかり言語化できれば、
商品が高くても売れます。

売ったことがない人には
わからないかもしれませんが、

クライアントが
「何をしてくれるのか?」

そして
「どのような理想の未来を手に入れられるのか?」

をしっかりと言語化し
相手に伝えているかどうかなのです。

相手がどんなことをしてくれるか、
理想の未来にたどり着くのか

がわからないと
あなたにお願いすることはありません。

この部分をしっかり理解しておかないと
なかなか契約にはなりません。

今日はそんな話をしていきます。

 

売上を伸ばすにはゴールから逆算する

 

まずは、
売上を伸ばすには、

「ゴールから逆算する」

ということです。

もちろん、
ゴールから逆算してくれば
いずれ、集客が必要です。

しかし、
集客を頑張っても
売上につながらないのは、

集客する
セールスする
売上になる

と思っているからかもしれません。

ビジネスがうまくいかない人は、

「どうやったらうまくいくのか」

が分かりません。

なので、

集客して、セールスしたら
売上につながる

と思い込んでいる人も多いです。

しかし、
それは間違いです。

間違っているから
売上につながらないという事実を
受け入れることです。

では、
どのように考えるかと言うと、

あなたの存在を知ってもらう
あなたの商品に興味を持ってもらう
信頼関係を作る
体験セッションに来てもらう
商品説明をする
契約

本来は、こんな流れになります。

ビジネスの流れは
こんな流れで良いのですが、

売上を伸ばすには

「ゴールから考えること」

が基本です。

つまり、

契約してもらうにはどうしたらいいのか

ということです。

このときに
集客ではないですよね。

セールスに近いですが、
重要なのは

「成約率を上げる」

ということです。

いくら集客できて
あなたの商品に興味を持ってもらって
信頼関係ができても

成約率が0%なら
商品を買ってもらうことができません。

なので、
ビジネスを作る時は
ゴールから考えて
まずは成約率を上げることに
集中するということです。

成約率を上げるには

「売れる商品を作る」

ということになります。

売れない商品では
いくら成約率を上げようとしても
あがりません。

お客さまに
「必要ない商品」を売っても
売れないわけです。

なので、
お客さまが必要としている商品で
成約率を高めていくということになります。

これが
集客をいくら頑張っても
売上が伸びない理由です。

 

集客は最後で良い

 

このことが理解できると、
集客なんて売上にはあまり影響していないことが
わかります。

今、売上がない、もしくは伸びないのは、

成約率が低いからです。

体験セッションやセミナーで
あなたのバックエンドが売れる確率は
どれぐらいですか?

バックエンドとは
あなたの本当に売りたい商品のことです。

売上は

人数×商品単価×成約率

です。

成約率が0%なら
いくら人数を集めても
単価が高くても
売上はありません。

逆に
人数が同じで、単価も同じだけれど
成約率が倍になれば、売上も倍になります。

つまり、
成約率を上げることが
売上を伸ばすことになります。

しかし、
ビジネスをはじめても稼げていない人は、

集客ばかりがんばります。

人数を集めれば、
売上が伸びると勘違いしているからです。

なので、
集客の手法を教えるコーチ、コンサルが
多いわけです。

結果が出るかどうかは別にして、

この人達は、お客さまの悩みである
「集客」を教えることでお金をいただくという
ビジネスをしています。

お客さまのニーズに答えて
ビジネスをしているわけですから
売る側は正しいことをしています。

しかし、
集客の方法を買った人は、
「集客ができれば、売上が伸びる」
と勘違いしているので

このギャップが成果に繋がなかったり、
最悪クレームになるわけです。

そもそも
売れない商品を集客のテクニックで
売れるようにすることはできません。

そのへんのゴミをひらってきて
お金に変えられないのと同じです。

なので、
私のクライアントには

「成約率が上がる方法」

を教えているわけです。

私と一緒に
売れる商品をまず作り、
売ってみることを勧めています。

売ってみることで改善点が分かり、
だんだん売れる商品になっていきます。

その後で、
集客やセールスを
しっかりと教えていくわけです。

この順番でビジネスを積み上げると、
成果が出やすいことがわかっています。

なので
私がサポートする順番は、

マインドセット、
ポジショニング、
ビジネスモデル、
マーケティング、
セールス

という順番なのです。

マーケティングやセールスは
最後で十分です。

それよりも
お金のブロックや
ビジネスの考え方法が
よっぽど重要なのです。

ほとんどの人が稼げないのは
ビジネスの稼ぎ方を知らないからです。

集客がそれほど重要ではないのに、

集客ばかり頑張っている人がたくさんいます。

それでは、
売上が伸びません。

本来あなたがやるべきことは

コーチングであって集客ではありません。

コーチングの時間が
一番多くなければならないのに
稼げない人は集客に時間を使っています。

それではなかなか稼げるようにはならないでしょう。

ビジネスの考え方が
そもそも間違っているから
稼げないだけなのです。

 

成約率を上げること

 

では、
成約率を上げるにはどうしたらいいでしょうか?

まずは、

売れない理由を聞くということです。

見込み客に

「どうしたら買ってくれますか?」

と聞いてみることです。

お金の問題を除いて
買ってくれない理由がでてくれば
商品を改善する必要があります。

例えば、

セッション回数が少ない
セッション時間が短い
サポート内容が少ない

といった要望は

すべて応えることで
買ってくれる可能性が高くなります。

その人は買ってくれなくても
次の人は買ってくれるかもしれません。

つまり、
あなたが作った商品と
お客さまが欲しい商品の内容が
少しずれているからです。

このずれを修正しなければ、
なかなか売れる商品はできません。

なので、
まずは、フィードバックをもらいながら
売れる商品にしていきます。

最後にどうしても残るのが

「お金の問題」です。

お金の問題は
最初はできるだけお客さまに歩み寄ってあげます。

「半額ぐらいなら買うけれど」

というなら
半額まで下げてでも契約してもらいます。

定価の半額以下なら

「私も半額まで下げているので、
半額までは出してください」

と両方痛み分けにもっていきます。

それでも
払えない場合は
分割払いを提案してみます。

セッション回数以内で終わる分割払いに
することで、

相手も払いやすくなり
スタートラインにつくことができます。

そして
有料セッションを
経験することでスキルが上がるというわけです。

もう一つ重要なことが、

「実績を作る」

ということです。

お客さまの条件に合わせることで
1件の契約が取れると、
実績が出来上がります。

値引きをする条件として

「アンケートに答えてください」

と提案することで
値引きする理由もできます。

それを2,3人繰り返して
実績を作れば、

その実績を利用して、
今度は定価の商品を
売っていけば良いのです。

実績ができたということは
売れる商品ができた
という証でもあります。

売れる商品ができたら
成約率は0%ではなくなっているので、

今度は、集客の仕組みを作っていけば
いいわけです。

稼げない人は
売れるかどうかわからない状態で
集客の仕組みを作ろうとするから
なかなかビジネスが出来上がりません。

売れる商品かどうかのテストのほうが
集客の仕組みを作るようも
優先順位が高いのです。

そのことを
しっかり理解しないと
なかなか前に進みません。

 

集客に使っている時間はどれぐらいですか?

 

今、あなたが集客に使っている時間は
どれぐらいでしょうか?

集客の手法やツールを学び、

「今度こそ」と思いながら
ビジネスをしているかもしれません。

しかし、
その先にビジネスがうまくいく可能性はゼロです。

なぜなら、
売れる商品でない可能性が高いからです。

集客のスキルや仕組みづくりに全ての時間を使っても
ビジネスはうまくいかないのです。

そこに気が付かないと
いつまで経っても成功できません。

今はモチベーションが高くて
作業ができるかもしれませんが、
いずれ力尽きるということになります。

それであれば
集客に使う時間は置いておいて、

まずは、売れる商品を作ることに
全力で集中することがとても大事です。

世の中には
集客できれば商品が売れる

というようなコピーで溢れています。

これは
「集客できれば売上が伸びる」
という勘違いを利用したコピーです。

そのコピーにある意味騙されて
商品を買う人がたくさんいます。

その結果、
結果が出ないのは言うまでもありません。

それは
確かに自己責任です。

お寿司屋さんにいって
好みではない味だった経験はあるでしょう。

イタメシ屋さんにいって
思ってもみないパスタと味付けだったことも
あるでしょう。

これも自己責任です。

ビジネスは、
お客さまの感情を
動かすことができるかどうかなので、

勘違いしているお客さまが

「集客の商品を買ってしまう」

ということは、よくある話です。

しかも
ビジネスは利益を出さないといけないので、
高額であることもあります。

なので、
もし、あなたがここまで
この記事を読んでいたのなら
とてもラッキーです。

もう二度と
集客の商品を買うことは、ないでしょう。

それだけ無駄な投資をしなくても
いいわけです。

だから
今日からは集客に集中するのではなく
売れる商品づくりの集中してくださいね。

いかがでしょうか?

私のところに相談来る人の多くは

「集客ができないんです」

といいます。

しかし、
それは大した問題ではありません。

むしろ
なぜ売れない商品なのか、

売れない商品を売れる商品に改善できるのか

のほうが重要だからです。

売上を伸ばすには
ゴールから考えることです。

ゴールから改善しないと、
いざ、集客で見込み客が来た場合
商品を買ってくれない可能性が高いからです。

できれば、
集客した見込み客が
全員商品を買ってくれることが
望ましいのです。

だとしたら
成約率をできるだけ高くすることが
売上を伸ばすコツになります。

ぜひ、
あなたも
成約率に着目して
しっかりと改善していってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP